12/15 12/16 5回中山・5回阪神・4回中京5日6日目

G1・7連勝中の勢いそのままに、いざ大一番へ ~土曜中山8R・3歳上500万下〜

戦前はグランアレグリア1強ムードと謳われていた「朝日杯FS」だが、終わってみれば2番人気に推されたアドマイヤマーズが2馬身差圧勝。これでデビューから「新馬」→「オープン特別・中京2歳S」→「G2・デイリー杯2歳S」→「G1・朝日杯FS」と無傷の4連勝となった。しかも勝ちタイムもまずまずだったのだから、「傑出馬」どころか『スーパーホース出現』の論調があっても不思議のないところ。しかし、そんな声はひとつも聞こえてこない。過去、これまでもその手のタイプの一流馬はいたが、共通して言えるのは単に「勝ち方の問題」という答えに行きつく。平たく言えば「安定感はあっても派手さがない」ということ。現にこのレースでも異常なほどの断然の支持を集めたのは、牝馬の身でありながら牡馬相手のここにぶつけてきたグランアレグリアだ。デビューから2戦の勝ちっぷりを見れば並みの馬ではないのは誰の目にも明らか。実際に3着と崩れなかったことも立派だが、そこはまだ2歳の若駒。結果論ではなく、単勝1.5倍は明らかに過剰人気だったし、やはりレースはやってみなければわからないという良い教訓だろう。ちなみにこの「朝日杯FS」。言うまでもなく弊社はいとも容易く的中している。

それでは本題へ。今週斬るのは土曜中山8R「3歳上500万下」ダ1800m。このレース、軸馬として期待したのは1番人気に支持された15番ショーンガウアーだった。

『昇級に加えて、好メンバー相手でも大きく崩れず4着に力走したショーンガウアーが軸馬。その前走はブリンカーからチークピシーズに変更した影響もあったのかもしれないが、大きく溝をあけられた勝ち馬はともかく、2、3着馬とはそう差のない競馬だったように、能力の高さは存分に示したし、早々とクラスにメドを立てた一戦。ダートに起用されたからはまだ崩れていないし、今回は未勝利勝ちの中山1800mと条件も好転。今回も降級馬がいるように楽観視はできないが、全体的なメンバーレベルは明らかに前走より一枚落ち。この中間も絶好の動きを見せており、ブリンカーも再着用。前々で立ち回れる強みを活かせば、まず勝ち負けに持ち込めるだろう』という見立て。

まず内枠から積極的にハナを切ったのは2番トーセンゼロス。4番ラインアストリア、11番クリップスプリンガなども積極策を取るが、外枠から互角のスタートを切った軸馬15番ショーンガウアーが周りの出方を伺いながらも2番手をキープして流れに乗る。1000m通過64秒8ならミドルペースの範囲内だが、数字的にもスロー寄りで逃げ・先行馬には楽な展開となった。3コーナーを過ぎ、4コーナー手前に差しかかっても先頭で引っ張る2番トーセンゼロスの手応えは十分なまま。逆にこれを好位で追走していた4番ラインアストリア、11番クリップスプリンガあたりの先行勢は急激に失速。唯一、番手追走の軸馬15番ショーンガウアーが早めに追い出しを開始して2番トーセンゼロスに食い下がり、前と後ろの間隔も一気に詰まり直線へ。2番トーセンゼロスがしぶとく粘るところに、ジリジリと差を詰める軸馬15番ショーンガウアー。直線坂上でようやく2番トーセンゼロスを交わして先頭に立ち、そのまま突き放して最後は1馬身1/2差を付けて1着でゴール。2番トーセンゼロスが粘るところに道中、中団〜後方に待機していた差し・追い込み勢が殺到しての2着争いだが、最後は早めに押し上げた6番アルーフクライが良く伸びて2着確保。以下、3着に後方から追い込んだ12番ダウンザライン、4着2番トーセンゼロスの順で入線。この結果により、「馬連6-15、1,640円」の好配当的中。展開と流れを完璧に読み切った予想部のクリーンヒットと言えよう。

他にも土曜中京8R「3歳上500万下」ではサポートにてワイド的中を、そして日曜重賞「朝日杯FS」でも2番人気のアドマイヤマーズを軸馬に抜擢して難なく的中。先週の「朝日杯FS」を的中させたことで目下G1・7連勝中と、こと重賞に関して言えばこれはこれでOK。ただ、肝心要の勝負鞍での馬連的中は今回斬った土曜中山8Rのひと鞍のみと、先週末の結果は的中率・回収率ともにアスコット本来の姿とは程遠いもの。近2週はどのレースも非常に難解だったことは否めないが、その中でもキッチリと結果を残すのが弊社の努め。予想部には更に一段上の結果を熱望しておく。

いよいよ今週末はクライマックス「有馬記念」。3歳牝馬ながら現役最強の呼び声の高いアーモンドアイを筆頭に、昨年4着で出走してきたら確実に上位人気に支持されていたであろうスワーヴリチャード、さらに今年のダービー馬・ワグネリアンなど話題性のある馬たちがこぞって出走回避。障害重賞9連勝のオジュウチョウサンも狙い通りファン投票で出走資格を得て注目を集めているが、馬券的に言えば『レイデオロ一強ムード』でメディア間は早くも過熱気味。ただ、前記した3頭が出走せずとも、前記オジュウチョウサンを含め、G1ホースは半数の8頭を数えるグランプリに恥じないメンバー構成。それほど簡単な図式であるはずもない。弊社は他の動向にいささかもブレることなく、的中と言うたったひとつの真実を追求していく。そして「有馬記念」を筆頭とする全ての勝負鞍において結果を出し、会員の方々を『熱狂の渦』へと引き込む所存。楽しみにお待ちいただきたい。

12/8 12/9 5回中山・5回阪神・4回中京3日4日目

大本線での的中劇 ~土曜中山8R・3歳上1000万下〜

今年のJRA開催も残り5日間。今週末のG1は2歳チャンプ決定戦となる「朝日杯FS」。まず注目は「新馬」→「サウジアラビアRC」と文句のない内容で連勝中のグランアレグリア。牝馬ながら牡馬相手のここへぶつけてきたわけだが、前記2戦はいずれも牡馬相手に完勝。気にする必要はなさそうだ。血統的にも阪神マイルはプラスだろうし、当然、抜けた支持を集める事になるだろう。ただ、敢えて重箱の隅をつつくなら、輸送のある関西への遠征競馬がどう出るか。そのあたりに一抹の不安はあるが、それでも絶対能力の違いで克服する可能性の方が高いと言えそうだ。一方、アドマイヤマーズは1600mを3連勝とこちらも底を見せていない一頭。初の阪神マイルとなるが、デビューから2戦を中京で連勝してきたなら問題ないはず。内枠が引ければ十分勝気あり。他にも「小倉2歳S」→「京王杯2歳S」と重賞連勝中のファンタジスト。「新潟2歳S」覇者のケイデンスコール。スピード色が強いが「もみじS」の勝ち内容が強かった2戦2勝のニホンピロヘンソン。更にマイネルサーパス・ドゴール・ディープダイバー・エメラルファイトなど、素質馬揃いでなかなかの好カード。馬券的な妙味溢れるこの一戦も、言うまでもなく弊社にとっては勝負鞍候補のひとつ。大いなるご期待をお寄せいただきたい。

それでは本題へ。今週斬るのは土曜中山8R「3歳上1000万下」ダ1800m。このレース、軸馬として期待したのは1番人気に支持された3番レッドアトゥだった。

『レッドアトゥの前走は休養明けだったが、馬体重も+10キロと回復し、休ませて立て直された効果がアリアリ。レースでも前半はじっくり脚を溜め、途中から動いて一頭だけ違う脚色で突き抜けたように、500万では地力の違いを示す勝ちっぷりだった。今回は1000万への再昇級となるが、元々このクラスでも骨っぽい相手に勝ち負けしていたように、昇級は不問。前走後はこのレースと前週の「姫路特別」との両睨みだったようだが、相手関係を考慮して平場のここへ参戦。勝ちを意識した見え見えの関東遠征。決して追い込み一手ではなく、前走のように道中早めに動く脚もある馬なだけに、中山へのコース替わりも何ら不安はない。順当にデキを上げ、相手も手頃なこの組み合わせならまず勝ち負けに持ち込めるだろう』という見立て。

レースは大外から13番グッドラックサマーの逃げ。2番手は8番クリノライメイ、続いて最内1番マサキノテソーロ、11番イレイションも出して行って好位追走。全馬1コーナーをスムーズにクリアし、軸馬3番レッドアトゥは互角のスタートを決めて、周りの出方を伺いながら馬群の中の好位5、6番手で流れに乗る。特に競り合うこともなくすんなり隊列が決まり、13番グッドラックサマーの逃げは1000m通過64秒9のスローペース。3コーナーすぎから徐々にペースアップし、馬群が一気に凝縮して、4コーナーから直線へ。上手く息を入れて逃げた13番グッドラックサマーがしぶとく粘り込みを図るが、終始これを見る形の2番手で追走していた8番クリノライメイが馬体を併せて追い比べに持ち込み、2頭が後続を突き放す。一旦は2頭のマッチレースになるかと思われたが、反応悪く4コーナーではモタついていた軸馬3番レッドアトゥが直線に向いてエンジンがかかり、一頭だけ違う脚色で前を行く2頭を強襲。最後は8番クリノライメイが競り合いを制して抜け出したところにクビ差まで詰め寄ったところでゴール。1着8番クリノライメイ、2着に軸馬3番レッドアトゥ、さらに1/2差の3着に逃げた13番グッドラックサマーが入線。この結果により、「馬連3-8、890円」の的中。5番人気→1番人気の馬連でこの配当は少々物足りないが、それでも5番人気のクリノライメイを対抗1点目の大本線に指名したあたりは予想部の好プレー。週最初の勝負鞍を危なげのない的中で飾った。

ただし、『好事魔多し』とはまさにこのこと。好配当連打で大幅な黒字を計上した開催開幕週。その後を受けた開催2週目となる先週末。他にも重賞「阪神JF」はもちろんのこと、日曜中山7Rなど、随所に的中はお届けできたものの、軸馬凡走や対抗ヌケでの取りこぼしもあり、肝心要の勝負鞍においては今回斬った土曜中山8Rの1鞍のみと精彩を欠く結果となってしまった。本年度も残りあとわずか。今週末も興味深い勝負鞍候補が少なくないだけに、予想部には残り5日間、気を引き締めて作業にあたるよう苦言を呈しておく。いずれにしても、まずは反転攻勢をかける今週末にご期待をお寄せいただきたい。

12/1 12/2 5回中山・5回阪神・4回中京1日2日目

大幅プラス収支計上の的中鞍 ~土曜中京8R・3歳上500万下〜

今週は阪神で2歳牝馬の女王を決める「阪神ジュベナイルフィリーズ」(G1、芝1600m)が行われる。牡馬相手の重賞を大楽勝し、現状2歳女王に最も近いと目されていたグランアレグリアが翌週の「朝日杯FS」に出走するため、少々話題性に欠けるが、新馬戦でそのグランアレグリアの2着に力走し、負けず劣らず高い評価を得ているダノンファンタジーを筆頭に、「アルテミスS」勝ちのシェーングランツ、同レース2着のビーチサンバ、「新馬」→「アイビーS」と連勝を決めて土付かずで底を見せていないクロノジェネシスなど、なかなか粒ぞろいのメンバー構成。グランアレグリアが不在とはいえ、全体レベルは決して低くない。うら若き少女たちの熱い戦いに注目したい。海の向こう目をやると、香港国際競走が12月9日(日)、シャティン競馬場で行われる。今年も多数の日本馬が参戦予定となっており、日本でも馬券を買うことが可能になっただけに、そちらの方も目を離せない一戦と言えそうだ。

それでは本題へ。今週斬るのは土曜中京8R「3歳上500万下」ダ1800m。このレース、軸馬として期待したのは直前まで人気が入れ替わる上位拮抗のなか、最終的に2番人気に支持された2番ダノンスパークだった。

『依然として発馬に課題を残すダノンスパークだが、芝、ダート問わず、現級では再三勝ち負けに加わっているように、脚力自体は上位の存在。前走にしても発馬で後手を踏み、途中から捲っていく強引な競馬。さすがに最後は脚があがったが4着に粘ったのが地力上位の証。およそ1年半以上もの長期休養明けがあっただけに時間を要したが、前走に復調の気配がアリアリ。ここはローカルの平場で手薄な組み合わせ。このメンバーに入れば明らかに脚力は一枚上。未勝利勝ちの舞台で条件好転の今回は軸馬に推す』という見立て。

レースは外から13番メイショウダブルが抜群のスタートを決めて馬なりのままハナを切るが、同様に内枠からスタートを決めた軸馬2番ダノンスパークも負けじと押して出して行き、枠順の差で軸馬2番ダノンスパークがハナを切る展開。無理に主張せず13番メイショウダブルは番手におさまり、その後ろに9番メイショウゴテツ、4番ニコール、さらに1番テイエムマンカイ、12番ショウナンマシェリ、7番コウセイマユヒメ、5番シゲルマツタケとこのあたりまでが一団で先行集団を形成。向正面に入っても極端にペースを落とさず淡々と逃げた軸馬2番ダノンスパークが作った流れは、36.7-49.7-62.3~上がり51.2-38.1。スロー寄りの絶妙なミドルペース。隊列変わらずやや縦長のまま3コーナーへ差し掛かるが、ここから後続各馬も一気に前との差を詰めにかかり、馬群が凝縮して4コーナーから直線へ。道中、絡まれることなく終始マイペースの逃げを打てた軸馬2番ダノンスパークが直線に入って追い出されると、二の脚を使って後続との差を広げにかかる。これに追いすがるのは先行勢の中から抜け出してきた12番ショウナンマシェリと5番シゲルマツタケ。さらに外から7番コウセイマユヒメも脚を伸ばしてくるが、直線半ばの段階で3馬身、4馬身とさらに差を広げた軸馬2番ダノンスパークは完全にセーフティーリード。そのまま押し切って1着でゴール。早めに仕掛けて2番手で粘っていた12番ショウナンマシェリが後続の追撃を凌いでそのまま2着を死守。3着には1馬身差で5番シゲルマツタケが入線。この結果により、「馬連2-12、5,010円」の的中。唯一、懸念材料だった発馬が決まったことで、軸馬に関しては終始安心して見ていられたし、「デキ良く先行できれば粘り込み可能」と読み切って8番人気と低評価に甘んじていた12番ショウナンマルシェを対抗馬指名した予想部の好プレーだった。

今回斬ったこのひと鞍だけでも大幅なプラス収支を計上したが、他にも土曜中山11R「ステイヤーズS」はもちろんのこと、「チャンピオンズC」で同レース3連覇を達成。さらに勝負鞍においても日曜中京12R「鳴海特別」で馬連好配当的中をお届けするなど、連日的中を量産し、本年度最終となる中山・阪神・中京開催開幕週で抜群のスタートダッシュを決めた弊社アスコットシステムズ。今週からの残り3週は週を重ねるごとにさらに的中鞍を増やし、年末の大勝負に繋げていく所存。引き続き、今週末にアツいご期待をお寄せいただきたい。