1回東京・2回京都7日8日目・1回小倉3日4日目分

日曜日 東京11R フェブラリーステークス 1600m ダ・左
4歳上オープンG1

ゴールドドリーム

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
ルメールジョッキーで栗東坂路。単走・馬なりのまま、半マイル52秒1ーラスト1F12秒0でフィニッシュ。脚元の関係からプール併用で乗り込まれているが、1週前にはウッドでビッシリ追われて、最後までフォームがブレずにさすがの瞬発力。本調子の動きでデキは申し分ない。

 

日曜日 東京11R フェブラリーステークス 1600m ダ・左
4歳上オープンG1

ノンコノユメ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
内田博ジョッキーで美浦ウッドコース。単走で5Fから時計を出し、最後まで馬なりのまま余力十分に40秒1-13秒7。最終調整こそ手控えた形だが、1週前にビッシリ追われてほぼ態勢は整っており、馬体・動きともに申し分ないもの。

 

日曜日 小倉11R 小倉大賞典 1800m 芝・右
4歳上オープンG3

ナイトオブナイツ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走ながら終い一杯に追われると鋭く脚を伸ばして、6F79秒3、上がり11秒1でフィニッシュ。全体時計は自己ベストと遜色なく、終いの伸びも鋭く、ここにきてデキはグーンと上昇。

 

土曜日 東京11R ダイヤモンドステークス 3400m 芝・左
4歳上オープンG3

カフェブリッツ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
水口ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬500万のスマートレイブンと併せ、終始馬なりのまま直線では鋭く脚を伸ばしてラスト1F11秒5で優々先着。脚取り確かで動きも良く、ここにきて急上昇。

1回東京・2回京都5日6日目・1回小倉1日2日目分

日曜日 東京11R 共同通信杯 1800m 芝・左
3歳オープンG3

フォッサマグナ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
杉原ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬500万のフラットレー1秒ほど追走し、最後まで馬なりのまだ5F68秒0で併入。間隔があいた分、この中間は坂路とウッドで入念に負荷をかけられ気配・動きは申し分ない。

 

日曜日 東京11R 共同通信杯 1800m 芝・左
3歳オープンG3

アドマイヤマーズ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で道中はゆったりと流し、最後まで馬なりのまま半マイル54秒3-ラスト1F13秒0。時計面はともかく、先月中旬から順調に乗り込まれ、力感十分の動きで力を出せる仕上がり。

 

日曜日 京都11R 京都記念 2200m 芝・左
4歳上オープンG2

ステイフーリッシュ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
藤岡祐ジョッキーで栗東坂路。単走で終始馬なりのまま、半マイル53秒8-ラスト1F12秒3でフィニッシュ。ユッタリとした大きなフォームに加えて素軽さ満点の動きで駆け抜け、使われつつデキは確実に上昇。

 

日曜日 京都11R 京都記念 2200m 芝・左
4歳上オープンG2

マカヒキ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Pコース。単走で前半ゆったりと入り、直線も馬なりのままラスト1F12秒7でフィニッシュ。前走後も疲れがなかったようで、すぐに調教を開始してここまで順調に豊富な乗り込みを消化。かなり良い頃の状態に戻ってきた印象で確実に前走以上のデキ。

 

土曜日 東京11R クイーンカップ 1600m 芝・左
3歳オープンG3

カレンブーケドール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。3歳500万のボスジラと併せ、6F84秒8から徐々にラップを上げながら終い強めに追われてフィニッシュ。迫力がある馬体からの大きなフットワークは目立ち、申し分ない仕上がり。

1回東京・2回京都3日4日目・1回中京5日6日目分

日曜日 東京11R 東京新聞杯 1600m 芝・左
4歳上オープンG3

インディチャンプ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬1600万のレッドラウダと併せ、先行する形から終いビッシリ追われて半マイル50秒3-ラスト1F12秒5で先着。全体時計は自己ベストをマークし、ユッタリとした大きなフォームで駆け抜け、抜群のデキに映った前走時と遜色ない状態。

 

日曜日 東京11R 東京新聞杯 1600m 芝・左
4歳上オープンG3

ロジクライ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
松田ジョッキーで栗東坂路。終始馬なりのままだったが併せた古馬1600万のアディラートとの手応えの差は歴然で、半マイル53秒3-ラスト1F12秒3でフィニッシュ。この中間強めの調教はおこなっていないが、乗り込み量は豊富で1週前には坂路で半マイル50秒7を馬なりで計時。間隔はあいたが万全の出走態勢。

 

日曜日 東京11R 東京新聞杯 1600m 芝・左
4歳上オープンG3

ジャンダルム

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
武豊ジョッキーで栗東Cウッドコース。3歳オープンのダノンチェイサーと併せ、終始馬なりのままラスト1F11秒8。前走時より反応面が良化して馬体の充実も目立つ。デキに関して不安はない。

 

日曜日 京都11R きさらぎ賞 1800m 芝・右
3歳オープンG3

アガラス

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
戸崎ジョッキーで美浦ウッドコース。3歳未勝利のスカテナートと併せ、追走の形から終始馬なりのまま余力十分のまま併入に持ち込み5F68秒8、上がり40秒2-12秒6。力感ある馬体と動きは目を引く。

 

日曜日 京都11R きさらぎ賞 1800m 芝・右
3歳オープンG3

ヴァンドギャルド

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走・馬なりのままで半マイル53秒9-ラスト1F12秒4を計時。最終追い切りは調整程度にとどめたが、一週前には騎手騎乗でCウッドで馬なりのまま6F80秒6をマーク。集中力があり推進力の目立つフットワークで引き続き亙仕上がり。

1回東京・2回京都1日2日目・1回中京3日4日目分

日曜日 東京11R 根岸ステークス 1400m ダ・左
4歳上オープンG3

クインズサターン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
四位ジョッキーで栗東坂路。単走で終い重点に追われ、半マイル51秒7-ラスト1F12秒2を計時。元々、攻め馬ではあまり良く見せないタイプだが自己ベストをマークしたように、気合の乗った活気ある動きでデキは更に上昇。

 

日曜日 東京11R 根岸ステークス 1400m ダ・左
4歳上オープンG3

ケイアイノーテック

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
藤岡祐ジョッキーで栗東坂路。3歳未勝利のサンライズアカシアと併せ、追走の形から馬なりのまま余力十分に半マイル53秒4-ラスト1F12秒2。追走先着は当然としても馬体と動きには力強さが感じられ引き続き好調子。

 

日曜日 京都11R シルクロードステークス 1200m 芝・右
4歳上オープンG3

ダノンスマッシュ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーで栗東坂路。単走で半マイル53秒4ーラスト1F12秒6を馬なりで計時。調整程度の内容だったが、一週前には今回同様、騎手騎乗でビッシリ追われて49秒9の破格の時計をマーク。集中力のある回転の速いフットワークで駆け上がってきた気配は申し分なし。

 

日曜日 京都11R シルクロードステークス 1200m 芝・右
4歳上オープンG3

セイウンコウセイ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
池添ジョッキーで美浦ウッドコース。単走で5F674秒7、上がり37秒2-12秒7でフィニッシュ。終始馬なりだっただけに時計面はともかく、力感十分の動きは目に付き体調は良好。

 

土曜日 中京11R 愛知杯 2000m 芝・左
4歳上オープンG3

レッドジェノヴァ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦坂路。新馬のブラッドストーンと併せ、1秒ほど追走する形から終い強めに追われて半マイルから53秒4-39秒4-12秒6で先着。あまり攻め駆けするタイプではないだけに時計はこれで十分。見栄えのする馬体で推進力のある動きからデキは確実に前走以上。

1回中山・1回京都6日7日目・1回中京1日2日目分

日曜日 中山11R アメリカジョッキークラブカップ 2200m 芝・右
4歳上オープンG2

ステイインシアトル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
水口ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬1000万のトゥザクラウンと併せ、ラストは馬なりの手応えで相手を圧倒して先着。久々となるがこの中間はウッドと坂路で入念に乗り込みを消化し、走る気満々の気配で好仕上がり。

 

日曜日 中山11R アメリカジョッキークラブカップ 2200m 芝・右
4歳上オープンG2

ジェネラーレウーノ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
田辺ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬500万のアングレームと併せ、2秒近く追走の形から馬なりのまま上がり37秒4ー12秒8で併入。終い重点で時計面はさほどでもないが、迫力満点の動きで一週前同様、時計以上に良く映った。たくましさを増した馬体から繰り出すフットワークはダイナミックで見栄えがする。

 

日曜日 中京11R 東海ステークス 1800m ダ・左
4歳上オープンG2

インティ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い強めに追われて半マイル51秒9ーラスト1F412秒3でフィニッシュ。全体時計は自己ベストをマークし、相変わらずスピード感満点の動きを披露し、状態面での不安はない。

 

日曜日 中京11R 東海ステークス 1800m ダ・左
4歳上オープンG2

アンジュデジール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
西谷ジョッキーで栗東坂路。3歳未勝利のイーサンパンサーと併せ、終始馬なりのまま半マイル53秒2ーラスト1F12秒1。昨年秋から一定のローテーションで使われているがデキ落ちもなく、状態は高値で安定。今回も前走同様、好状態をキープ。

 

日曜日 中京11R 東海ステークス 1800m ダ・左
4歳上オープンG2

モルトベーネ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
藤懸ジョッキーで栗東Cウッドコース。6Fから馬なりのまま加速して上がり3F39秒2-11秒8でフィニッシュ。時計面はさほどでもないが、中間からひと追いごとに馬が良化してきており、動きは好調時と遜色なく復調気配。

1回中山・1回京都3日4日5日目分

日曜日 京都11R 日経新春杯 2400m 芝・右
4歳上オープンG2

ムイトオブリガード

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。古馬500万のタガノアニードと併せ、終い一杯に追われて力感十分の伸び脚で圧倒して優々先着。追走先着は当然としても時計も自己ベストで、走る気満々の気配で好調キープ。

 

日曜日 京都11R 日経新春杯 2400m 芝・右
4歳上オープンG2

ウインテンダネス

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走で終い一杯に追われて6F85秒6、上がり39秒9ー12秒1を計時。短期放牧から帰厩しての追い切り本数は少ないが時計以上に仕上がりは良く映る。

 

月曜日 中山11R 京成杯 2000m 芝・右
3歳オープンG3

シークレットラン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬500万のエピックスターと併せ、直線強めに追われるて併入。間隔の詰まった臨戦だが久々でレコード好走の反動もなく、力感十分の動きで今回も仕上がりに不安はない。

 

月曜日 中山11R 京成杯 2000m 芝・右
3歳オープンG3

ラストドラフト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教師で美浦Pコース。古馬500万のダンスメーカーと併せ、馬なりのまま余力十分に5F66秒5、上がりが38秒2-12秒7。このコースで終始馬なりだっただけにタイムこそ平凡だが、ウッドでは終い脚が上がる馬が最後までシッカリと伸び切った動きは目立った。

 

土曜日 中山11R フェアリーステークス 1600m 芝・右
3歳オープンG3

アクアミラビリス

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終始馬なりのまま余力十分に駆け上がり、半マイル55秒2-ラスト1F12秒5を計時。最終調整は感触を確かめる程度にとどめたが、一週前はウッドでビッシリ追われて格下相手とはいえ鋭く脚を伸ばして大きく先着。キャリアの浅さはあれど、馬体、動き共に申し分ない気配。

1回中山・1回京都1日2日目分

土曜日 中山11R 中山金杯 2000m 芝・右
4歳上オープンG3

コズミックフォース

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
石橋脩ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬500万のサトノディードを追走し、ゴール前仕掛けられると鋭く脚を伸ばして楽に先着。全体時計も自己ベストをマークし、中間も丹念に乗り込まれ仕上がりは文句なし。

 

土曜日 中山11R 中山金杯 2000m 芝・右
4歳上オープンG3

ウインブライト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
松岡ジョッキーで美浦ウッドコース。単走で終始馬なりのまま、6F85秒7、上がり39秒9ー12秒8でフィニッシュ。中間も速い時計は出していないが、活気ある動きは目に付き、ここにきて良い頃の状態に戻ってきた印象。

 

土曜日 京都11R 京都金杯 1600m 芝・右
4歳上オープンG3

グァンチャーレ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走・馬なりのまま、直前は軽く流す感じで半マイル52秒7-ラスト1F12秒3。やれば時計の出る攻め駆けするタイプでセーブ気味の最終調整にとどめたが、キビキビとしたフットワークから前走同様、好状態をキープ。仕上がりに不安はない。

 

土曜日 京都11R 京都金杯 1600m 芝・右
4歳上オープンG3

サラキア

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。3歳未勝利のリメドックと併せ、終始馬なりのまま余裕十分にラスト1F11秒7をマーク。大差先着は当然としても、前走時と同様に動きの良さは目立つ。

 

日曜日 京都11R シンザン記念 1600m 芝・右
3歳オープンG3

ドナウデルタ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬500万のシンハラージャと併せ、追走の形から終い一杯に追われて半マイル52秒0-ラスト1F12秒2を計時。時計は自己ベストだし、動きに活気があり前走から更に上昇ムード。

5回中山・5回阪神9日目分

日曜日 中山11R ホープフルステークス 2000m 芝・右
2歳オープンG1

ニシノデイジー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
勝浦ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬1600万のアナザートゥルースと併せ、1秒近く追走の形から、最後まで馬なりのまま5F70秒3で併入。古馬相手に煽る抜群の手応えで柔軟で伸びのあるフォームは目立ち申し分のない状態。

 

日曜日 中山11R ホープフルステークス 2000m 芝・右
2歳オープンG1

サートゥルナーリア

上昇度 : ↑↑

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い強めに追われ半マイル52秒8、上がり37秒6ー11秒9をマーク。上がり重点で全体時計はともかく、抜群の行きっぷりでスピード感十分。一週前に古馬相手に抜群の気配を見せており、上積み十分の仕上がりで絶好。

 

日曜日 中山11R ホープフルステークス 2000m 芝・右
2歳オープンG1

コスモカレンドゥラ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬1600万のエジステンツァを追走し、直線は追われる相手を馬なりで交し去り半マイル54秒6。タイム以上に気配・動きの良さは目を引く。

5回中山・5回阪神7日8日目分

日曜日 中山11R 有馬記念 2500m 芝・右
3歳上オープンG1

キセキ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走・馬なりだが余力十分に5F68秒9ーラスト1F11秒9の伸び。この中間は坂路で入念に乗り込まれ、レコード決着の激走後とは思えない活気十分の動き。追い切りだけなら今回も一番目立つ。

 

日曜日 中山11R 有馬記念 2500m 芝・右
3歳上オープンG1

シュヴァルグラン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
ボウマンジョッキーで栗東坂路。古馬500万のネプチュナイトを追走の形から終いはビッシリ追われ、半マイル53秒8ーラスト1F12秒5でフィニッシュ。追走先着は当然だがそれほど攻め駆けするタイプでもなく前走から上積み十分。

 

日曜日 中山11R 有馬記念 2500m 芝・右
3歳上オープンG1

ブラストワンピース

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
池添ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬オープンのカルヴァリオを追走の形から、ゴール前仕掛けられて上がり37秒4ー12秒8。折り合いのついたスムーズな動きでデキは申し分ない。

 

土曜日 阪神11R 阪神カップ 1400m 芝・右
3歳上オープンG2

ジュールポレール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い一杯に追われて半マイル52秒1ーラスト1F12秒3。この中間は坂路で順調に乗り込まれ、最終追い切りでも軽快に駆け上がってきた動きは申し分ないもの。

 

土曜日 阪神11R 阪神カップ 1400m 芝・右
3歳上オープンG2

ケイアイノーテック

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
藤岡祐ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬1000万のカレンジラソーレと併せ、1秒ほど追走の形から終いビッシリ追われ6F82秒2、上がり39秒5ー12秒5で優々先着。キビキビとした活気ある動きで仕上がりに不安はない。

5回中山・5回阪神・4回中京5日6日目分

日曜日 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス 1600m 芝・右
2歳オープンG1

アドマイヤマーズ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬1600万のジュンスパーヒカルを1秒ほど後方から追走し、終い一杯に追い出されるとグイグイと伸びて半マイル52秒9ーラスト1F12秒6のタイムで大きく先着。力強い脚さばきはひと際目を引き、追えば追うだけ伸びる躍動感十分の動きを披露。前走から格段に上昇。

 

日曜日 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス 1600m 芝・右
2歳オープンG1

クリノガウディー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
藤岡祐ジョッキーで栗東坂路。単走で終い一杯に追われ、半マイルから51秒6-37秒7-12秒2の好ラップ。やれば時計は出るタイプだが全体時計は自己ベストだし、スピード感満点の動きで目下のデキは申し分ない。

 

日曜日 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス 1600m 芝・右
2歳オープンG1

ファンタジスト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。新馬のヒデノヴィーナスを追走し、終いビッシリ追われて半マイル52秒8ーラスト1F12秒1。馬場差はあれど一週前には坂路で49秒5の好時計をマーク。前走でも良く映ったがここにきて更にパワーアップ顕著で力強い動き。

 

土曜日 中山11R ターコイズステークス 1600m 芝・右
3歳上オープンG3

プリモシーン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
ビュイックジョッキーで美浦ウッドコース。古馬500万のローザフェリーチェと併せ、馬なりのまま余力十分に52秒9、上がり38秒1-12秒1。この中間も馬なり調整にとどめているが、相変わらず終いの伸びは抜群で今回も力を出せる仕上がり。

 

土曜日 中山11R ターコイズステークス 1600m 芝・右
3歳上オープンG3

フローレスマジック

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬500万のショーンガウアーと併せ、直線は一杯に追われ53秒5で併入。馬体の充実は目立ち追えばいくらでも伸びそうな手応え。