5回中山・5回阪神・4回中京5日6日目分

日曜日 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス 1600m 芝・右
2歳オープンG1

アドマイヤマーズ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬1600万のジュンスパーヒカルを1秒ほど後方から追走し、終い一杯に追い出されるとグイグイと伸びて半マイル52秒9ーラスト1F12秒6のタイムで大きく先着。力強い脚さばきはひと際目を引き、追えば追うだけ伸びる躍動感十分の動きを披露。前走から格段に上昇。

 

日曜日 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス 1600m 芝・右
2歳オープンG1

クリノガウディー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
藤岡祐ジョッキーで栗東坂路。単走で終い一杯に追われ、半マイルから51秒6-37秒7-12秒2の好ラップ。やれば時計は出るタイプだが全体時計は自己ベストだし、スピード感満点の動きで目下のデキは申し分ない。

 

日曜日 阪神11R 朝日杯フューチュリティステークス 1600m 芝・右
2歳オープンG1

ファンタジスト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。新馬のヒデノヴィーナスを追走し、終いビッシリ追われて半マイル52秒8ーラスト1F12秒1。馬場差はあれど一週前には坂路で49秒5の好時計をマーク。前走でも良く映ったがここにきて更にパワーアップ顕著で力強い動き。

 

土曜日 中山11R ターコイズステークス 1600m 芝・右
3歳上オープンG3

プリモシーン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
ビュイックジョッキーで美浦ウッドコース。古馬500万のローザフェリーチェと併せ、馬なりのまま余力十分に52秒9、上がり38秒1-12秒1。この中間も馬なり調整にとどめているが、相変わらず終いの伸びは抜群で今回も力を出せる仕上がり。

 

土曜日 中山11R ターコイズステークス 1600m 芝・右
3歳上オープンG3

フローレスマジック

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬500万のショーンガウアーと併せ、直線は一杯に追われ53秒5で併入。馬体の充実は目立ち追えばいくらでも伸びそうな手応え。

5回中山・5回阪神・4回中京3日4日目分

日曜日 阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ 1600m 芝・右
2歳オープンG1

ダノンファンタジー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
中内田調教師で栗東坂路。単走で最後まで馬なりのままスピード感十分の走りで半マイル53秒9-ラスト1F12秒4でフィニッシュ。馬なり調整にとどめたが、一週前は古馬相手にアオる抜群の動きを披露しており、最終追い切りはこれで十分。引き続きデキは申し分なし。

 

日曜日 阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ 1600m 芝・右
2歳オープンG1

ビーチサンバ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で馬なりのまま余力十分に半マイル56秒1―ラスト1F12秒4。一週前にはCウッドで併せ馬でビッシリ追われて好時計をマーク。素軽い動きは目立ち好気配。

 

日曜日 阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ 1600m 芝・右
2歳オープンG1

グレイシア

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
田辺ジョッキーで美浦ウッドコース。単走・馬なりで余力十分に、5F66秒8、上がり38秒3ー12秒7でフィニッシュ。抜群の手応えで回転の速いフットワークは目につき、状態面に問題はない。

 

日曜日 中山11R カペラステークス 1200m ダ・右
3歳上オープンG3

オールドベイリー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
中井ジョッキーで栗東Cウッドコース。単走ながら終い一杯に追われてラスト1F12秒8。個の中間もウッドでハードに追われており、力感十分の動きは目下の充実振りを示すもの。今回も好状態をキープ。

 

土曜日 中京11R 中日新聞杯 2000m 芝・左
3歳上オープンG3

ストロングタイタン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
水口ジョッキーで栗東坂路。単走で終い強めに追われると瞬時に反応し、半マイル51秒6-ラスト1F12秒2でフィニッシュ。比較的攻め駆けするタイプだが、素軽い脚さばきが目につき、余裕十分の脚色は久々を感じさせない。

5回中山・5回阪神・4回中京1日2日目分

日曜日 中京11R チャンピオンズカップ 1800m ダ・左
3歳上オープンG1

オメガパフューム

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。2歳未勝利のキングオブコージと併せ、馬任せで前半入り、終い強めに追われてラスト1F13秒3でフィニッシュ。遅れはしたものの、この中間はプール併用で坂路で入念に乗り込まれており、最終調整はこの程度でOK。力感十分な脚さばきで引き続き申し分ない動き。

 

日曜日 中京11R チャンピオンズカップ 1800m ダ・左
3歳上オープンG1

アンジュデジール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。古馬オープンのマイスタイルと併せ、終い一杯に追われて6F82秒7、上がり38秒3ー11秒9。道中の折り合いがつき、終い仕掛けられると鋭く伸びた動きは目立つ。

 

日曜日 中京11R チャンピオンズカップ 1800m ダ・左
3歳上オープンG1

サンライズノヴァ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬オープンのダンビュライトを追走の形から一杯に追われて、半マイル53秒5―ラスト1F12秒6で先着。併せた相手もバリバリのオープン馬だし、追われてからの終いの伸びは抜群でデキは確実に前走以上。

 

土曜日 中山11R ステイヤーズステークス 3600m 芝・右
3歳上オープンG2

アルバート

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。単走で終始馬なりのまま余力十分に半マイル53秒1。相変わらず見栄えのする馬体で終いの伸びも鋭く、力強い動きは目立つ。

 

土曜日 阪神11R チャレンジカップ 2000m 芝・右
3歳上オープンG3

ステイフーリッシュ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
藤岡祐ジョッキーで栗東坂路。古馬1000万のマイウェイアムールと併せ、終い強めに追われて半マイル52秒3―ラスト1F12秒4を計時。時計は自己ベストタイだし、この中間も坂路で乗り込み入念。久々でも出走態勢万全。

5回東京・5回京都7日8日目分

日曜日 東京11R ジャパンカップ 2400m 芝・左
3歳上オープンG1

アーモンドアイ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
ルメールジョッキーで美浦ウッドコース。0秒4ほど追走した古馬1600万のウォリアーズクロスを並ぶ間もなく交わして6F83秒9。力感十分の躍動感のある大きなフォームは時計以上に良く見せ、仕上がり万全。

 

日曜日 東京11R ジャパンカップ 2400m 芝・左
3歳上オープンG1

キセキ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い重点に追われ、上がり387秒7ー12秒0。時計面はともかく、この中間も坂路で丹念に乗り込まれ、活気あるフットワークはいつも通り。相変わらず攻めの動きは絶好で引き続き好状態をキープ。

 

日曜日 京都12R 京阪杯 1200m 芝・右
3歳上オープンG3

アンヴァル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬500万のメンターモードとビッシリ併せ、半マイル52秒6ーラスト1F12秒1で大きく先着。重心の低いフットワークは力強く引き続き好調子。

 

日曜日 京都12R 京阪杯 1200m 芝・右
3歳上オープンG3

グレイトチャーター

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
福永ジョッキーで栗東坂路。単走で折り合いスムーズに終い強めに追われると瞬時に加速して半マイル51秒1ーラスト1F12秒6。騎手騎乗とはいえ時計は自己ベストをマークしたように、目下の充実振り顕著でピークの仕上がり。

 

土曜日 京都11R 京都2歳ステークス 2000m 芝・右
2歳オープンG3

ショウリュウイクゾ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
浜中ジョッキーで栗東坂路。古馬オープンのウェスタールンドと併せ、半マイル53秒2ーラスト1F12秒7を計時。全体時計はさほどでもないが、格上馬相手に終いビッシリ追われて先着した動きは目を引いた。

5回東京・5回京都・3回福島5日6日目分

日曜日 京都11R マイルチャンピオンシップ 1600m 芝・右
3歳上オープンG1

アルアイン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
川田ジョッキーで栗東坂路。古馬1000万のシロニイと併せ、半マイル52秒5-ラスト1F12秒4を馬なりで計時。時計面はともかく動きは上々だし、上々格下相手とはいえ0秒6ほど追走して余力十分に馬なりのままキッチリ先着したように今回もデキに関しては申し分ない。

 

日曜日 京都11R マイルチャンピオンシップ 1600m 芝・右
3歳上オープンG1

モズアスコット

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
ルメールジョッキーで栗東坂路。古馬1000万のオールドクラシックと併せ、一杯に追われる相手を尻目に馬なりのまま半マイル50秒9-ラスト1F12秒2で優々先着。時計は自己ベストだし、重心の低いフットワークは力強く型通り、ひと叩きでグンと上昇。

 

日曜日 京都11R マイルチャンピオンシップ 1600m 芝・右
3歳上オープンG1

アエロリット

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教師で美浦坂路。単走で終始馬なりのままだったが、半マイル50秒9ーラスト1F12秒8。時計の出る美浦坂路なだけに時計面での強調材料こそないが、軽快なフットワークはひと際目立ち、久々の前走を使われてグーンと上昇。

 

土曜日 東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス 1800m 芝・左
2歳オープンG3

ルヴォルグ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
杉原ジョッキーで美浦ウッドコース。2歳未勝利のオスカーホールを追走の形から、馬なりのまま併入してフィニッシュ。中2週の臨戦で本数こそ少ないが、気合乗り抜群の動きで上積み十分の仕上がり。

 

土曜日 東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス 1800m 芝・左
2歳オープンG3

ヴェロックス

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。古馬500万のアイネバーフェイルと併せ、馬なりのまま鋭く伸びて上がり38秒0-11秒5でクビ差先着。相変わらず攻めの動きは絶好。

5回東京・5回京都・3回福島3日4日目分

日曜日 京都11R エリザベス女王杯 2200m 芝・右
3歳上オープンG1

モズカッチャン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。2歳未勝利のタガノディアマンテと併せ、折り合いを重視した道中から終い強めに追われると一気に加速し、半マイル54秒4ーラスト1F12秒5でフィニッシュ。一週前は格下相手にも今ひとつだったが、この中間は坂路で豊富な乗り込みを消化しており、最終追い切りの動きからも仕上がりに問題はなさそう。充実した馬体は目立ち力感十分の走り。

 

日曜日 京都11R エリザベス女王杯 2200m 芝・右
3歳上オープンG1

レッドジェノヴァ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走ながら終いビッシリ追われて6F82秒6、上がり37秒6ー12秒1。前走から引き続きの栗東滞在。よほど栗東の水が合うのか、重心が沈み込むスムーズなフォームは目を引き、前走同様、デキは高いレベルをキープ。

 

日曜日 福島11R 福島記念 2000m 芝・右
3歳上オープンG3

エアアンセム

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。道中は馬の行く気に任せてユッタリと流し、最後まで余力十分に馬なりのまま半マイル54秒7-ラスト1F12秒7を計時。元々攻め駆けするタイプではないだけに時計は気にする必要なし。中間も坂路で入念に乗り込まれ順調そのもの。デキに陰りは見られない。

 

土曜日 東京11R 武蔵野ステークス 1600m ダ・左
3歳上オープンG3

サンライズノヴァ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。同厩の古馬オープン・ブラックスピネルと併せ、追走の形から終い一杯に追われ半マイル51秒7-ラスト1F13秒1で先着。上がりはかかったが、最後きっちりと交わしたように力強いフットワークは目立つ。ひと叩きされた上積み十分の仕上がり。

 

土曜日 東京11R 武蔵野ステークス 1600m ダ・左
3歳上オープンG3

ユラノト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
福永ジョッキーで栗東坂路。古馬1000万のディキディキを追走し終い強めに追われて、半マイルから53秒2-39秒3-12秒8で先着。時計面はさほどでもないが、バランスの取れた馬体と俊敏な動きは相変わらず。久々も入念に乗り込まれ好仕上がり。

5回東京・5回京都・3回福島1日2日目分

日曜日 東京11R アルゼンチン共和国杯 2500m 芝・左
3歳上オープンG2

エンジニア

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村宏ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬500万のココロストライクを1秒近く追走する形から直線は一杯に追う相手を馬なりのまま楽に圧倒し6F79秒3。格下相手に先着は当然としても、久々でも馬体の充実が目立ち、追えばいくらでも伸びそうな手応えでデキは申し分なし。

 

日曜日 東京11R アルゼンチン共和国杯 2500m 芝・左
3歳上オープンG2

パフォーマプロミス

上昇度 : ↑↑

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーでで栗東Cウッドコース。単走で終い一杯に追われて6F78秒9の好時計をマーク。久々だがこの中間はウッドと坂路で入念に乗り込みを消化し仕上がりに不足なく、出走態勢は万全。

 

日曜日 京都11R JBCクラシック 1900m ダ・右
3歳上オープンJ・G1

ノンコノユメ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬500万のディサーニングと併せ、0秒5ほど先行する形から終い強めに追われて5F69秒3で先着。攻め馬で時計の出るタイプでもなく、一週前に騎手騎乗でビッシリ追われており、最終調整はこの程度で十分。躍動感のある大きなフォームは時計以上に良く見せる。

 

日曜日 京都11R JBCクラシック 1900m ダ・右
3歳上オープンJ・G1

ケイティブレイブ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
福永ジョッキーで栗東坂路。単走で終始馬なりのまま余力十分に半マイル52秒7ーラスト1F13秒3でフィニッシュ。時計面はともかく、馬体の充実振り顕著で活気あるフットワークはいつも通りで、ひと叩きされた上積み十分。

 

日曜日 京都12R JBCレディスクラシック 1200m ダ・右
3歳上オープンJ・G1

プリンシアコメータ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。単走で馬なりのまま終い重点の調整で上がり3F38秒1ー12秒9。前走でも相当良く映ったが、動きに躍動感がありデキは更に上昇。

4回東京・4回京都8日9日目・3回新潟5日6日目分

日曜日 東京11R 天皇賞(秋) 2000m 芝・左
3歳上オープンG1

スワーヴリチャード

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
デムーロジョッキーで栗東Cウッドコース。7F98秒3から道中は15-15でユッタリと進み、終始馬なりのまま上がり38秒4-ラスト1F11秒9でフィニッシュ。緩めの調整にとどめたが、一週前にしっかり負荷をかけられており、最終追い切りはこの程度で十分。春季と同様に相変わらず攻めの動きは申し分ない。

 

日曜日 東京11R 天皇賞(秋) 2000m 芝・左
3歳上オープンG1

アルアイン

上昇度 : ↑↑

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーで栗東坂路。古馬オープンのサトノノブレスと併せ、軽快な行きっぷりの道中から最後まで馬なりのまま半マイル51秒5-ラスト1F12秒1。馬なりで自己ベストをマークしており、久々を叩いた上積み十分。仕上がりに不安はない。

 

日曜日 東京11R 天皇賞(秋) 2000m 芝・左
3歳上オープンG1

レイデオロ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
ルメールジョッキーで美浦ウッドコース。障害未勝利のドラゴンストームと併せ馬。6Fから道中はユッタリと流し、最後まで馬なりのままラスト1F13秒0で先着。この厩舎らしく終始馬なりでの調整だが、海外遠征帰りで放牧明けだった前走時とは一変した体の使いで上昇急。

 

土曜日 東京11R アルテミスステークス 1600m 芝・左
3歳オープンG3

シェーングランツ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村宏ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬1000万のシンボリバーグと併せ、最後まで馬なりのまま、余裕の手応えから圧倒する圧倒する動き。豊富すぎるほど十分に乗り込まれ、一段とたくましさを増した馬体から繰り出すフットワークは力感十分。

 

土曜日 京都11R スワンステークス 1400m 芝・右
3歳上オープンG2

モズアスコット

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬500万のモートゥスと併せ、終い一杯に追われると瞬時に加速し、相手を一気に突き放し半マイル51秒7-ラスト1F12秒0。追われてからの瞬発力はさすがで久々でも仕上がりに不安はない。

4回東京・4回京都6日7日目・3回新潟3日4日目分

日曜日 京都11R 菊花賞 3000m 芝・右
3歳オープンG1

タイムフライヤー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
和田ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬1000万のサトノファンタシーを2秒以上追走の形から馬なりのままグイグイ差を詰め、上がり37秒6ー11秒9で併せた相手に優々先着。元々攻め駆けするタイプではあるが春よりも馬体が充実しており瞬発力は相変わらず目立つ。

 

日曜日 京都11R 菊花賞 3000m 芝・右
3歳オープンG1

シャルドネゴールド

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
藤岡康ジョッキーで栗東坂路。古馬500万のスマートレイブンと併せ、最後まで馬なりのまま半マイル54秒1-ラスト1F12秒0でグイッと伸び先着。前走時と比べ反応面の良化は明らかに上昇。

 

日曜日 京都11R 菊花賞 3000m 芝・右
3歳オープンG1

コズミックフォース

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
浜中ジョッキーで栗東Cウッドコース。同レース出走のオウケンムーンと併せ、長目から入り終始馬なりのままラスト1F12秒2。栗東滞在の効果か、全身を良く使った体を大きく見せるフットワークで前走から急上昇。

 

土曜日 東京11R 富士ステークス 1600m 芝・左
3歳上オープンG3

エアスピネル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走でビッシリ追われ半マイル51秒7-ラスト1F12秒2の好タイムを計時。春の「マイラーズC」以来の久々となるが、この中間はウッドと坂路で入念に乗り込みを消化して動きは好調時と遜色なし。出走態勢は万全。

 

土曜日 東京11R 富士ステークス 1600m 芝・左
3歳上オープンG3

レッドアヴァンセ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーで栗東坂路。古馬500万のワールドフォーラブとビッシリ併せ、半マイル51秒4-ラスト1F11秒9を計時。やれば時計は出るタイプだが、全体時計はもちろん上がりもキッチリまとめてデキは文句なし。

4回東京・4回京都4日5日目・3回新潟1日2日目分

日曜日 京都11R 秋華賞 2000m 芝・右
3歳オープンG1

ミッキーチャーム

上昇度 : ↑↑

■□■ 短評 ■□■
川田ジョッキーで栗東Cウッドコース。単走で終いビッシリ追われて6F82秒6、上がり37秒4-11秒4。馬体重以上に力感十分の動きで跳びが大きくダイナミック。加えて柔軟な身のこなしが目立ち時計はもちろん、見た目にも良く見せた。

 

日曜日 京都11R 秋華賞 2000m 芝・右
3歳オープンG1

ラッキーライラック

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。古馬1000万のナンヨープルートーを追走する形から、馬任せの内容で6F82秒2、上がり38秒5-11秒9でフィニッシュ。先週長目から併せでビッシリやっており直前は控えたが、柔軟な身のこなしが目立ち時計以上に気配は抜群。

 

日曜日 京都11R 秋華賞 2000m 芝・右
3歳オープンG1

アーモンドアイ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
ルメールジョッキーで美浦坂路。古馬500万のミッキークロスを1秒以上追走し、半マイルから49秒7-37秒0-12秒5でキッチリ併入に持ち込んだ。バランスの取れた馬体と俊敏な動きは相変わらずで仕上がりに不安はない。

 

土曜日 東京11R 府中牝馬ステークス 1800m 芝・左
3歳上オープンG2

ミスパンテール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
西谷ジョッキーで栗東坂路。単走馬なりのまま半マイル55秒1-ラスト1F12秒2。前2週にウッドでビッシリ追われた攻め馬を消化して直前は控えたが、落ち着きのある気配と充実した馬体から仕上がりに不安はない。

 

土曜日 東京11R 府中牝馬ステークス 1800m 芝・左
3歳上オープンG2

リスグラシュー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
デムーロジョッキーで栗東坂路。単走ながらラストは目一杯に追われ半マイル52秒5-ラスト1F12秒2。以前よりズブくなってきている印象だが、乗り込み量は豊富でこの時計でも動きに活気があり状態に不安はない。