※ 記載しております内容は、レース前日までの中間報告であり、一般の方に公開できるほんの一部に過ぎません。 通常、会員の皆様に提供している予想や情報とは一切異なりますので予めご了承ください。

1回中山・1回京都3日4日5日目分

土曜日 中山11R フェアリーステークス 1600m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
現在の施行条件になって10年。これまでの傾向を見てもまず固く決まる事のない波乱前提のレース。とにかく昨年に重賞、オープンで実績を積んだ馬が当てにならないことが要因。おぼろげに見えてくるのは内枠有利と言う程度では到底馬券は組み立てられない。波乱前提で手を広げるにしても拾い切れない可能性の方が断然に高いとなれば見送りが正解だろう。

 

日曜日 中山10R サンライズステークス 1200m 芝・右
4歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年は14番人気が勝利し3連単32万の大波乱。出走馬も前走で掲示板を確保した馬がほんの一握りで前走を凡走した馬が大半。実績上位馬もいるが休み明け、連続好走しないタイプでは信頼度は?また馬連はともかく3連馬券となるとどれが絡むか見当もつかない。過去の傾向も本来は外枠有利の中山1200m戦ではあるが、内枠の活躍が目立っている点も悩ませる。当然、馬券も券種を問わず難解で見送った方が正解。

 

月曜日 京都10R 紅梅ステークス 1400m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
単純に京都1400m戦で好走しているタイプが多く、一変がありそうな馬も多く波乱の余地は十分。それでも上位は「阪神JF」組が妥当な判断だが、それ以外は出走数が多い馬よりも未勝利、新馬勝ちと戦績が少ない馬のマークが必要。ここから出世する馬も多く注目したい一戦ではあるが、手広くなる割に固い決着も考慮すると先を見据えて見に回るのが視界だろう。

1回中山・1回京都1日2日目分

土曜日 中山10R カーバンクルステークス 1200m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
主力となりそうなのは前走「ラピスラズリS」からの転戦馬。ここから6頭が出走するが最先着から上位5頭までは0.3秒差と差はなく、条件は変わらないが中山1200m戦と言うことを踏まえれば十分に逆転はあり得る内容。また、それ以外でも重賞で上位実績がある馬も複数おり上位はかなり混戦と見るべきだろう。ここは配当との相談になるが、馬券を購入するなら軸馬を決めるよりも馬連BOXで手広く構えるくらいが正解だろう。

 

日曜日 中山9R 迎春ステークス 2200m 芝・右
4歳上1600万下

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
頭数も少なく結果的に固い決着も考えられるが、上位は能力拮抗しており馬券的には意外と難解そうな一戦。全馬が前走から距離短縮もしくは延長と適正が問われそうではあるが、明確な判断材料もなく比較は難解。また前走「グレイトフルS」からの転戦馬が主力となるが条件変わりで上位陣でもまだ逆転の目もありそうな気配。更に他路線の馬も考慮すると馬券も絞り込むのはかなり困難と言えそうだ。馬券的には頭数も少なく固い決着も考慮すると手広く構えることはできないなら見送りが賢明と言えそうだ。