お問い合わせはお気軽にどうぞ Tel:03-5312-0377 月〜木/11:00〜19:00 金/11:00〜16:00 開催日(会員専用)/10:30〜13:00

厳選勝負鞍 ベストバウト

安定的中は当然!そのうえ『堅い配当の的中』ばかりではない!自他共に納得の的中実績

弊社はご利用になる皆様に『毎週の安定した的中』をお届けすることを主軸として予想提供しておりますが、決して『鉄板レース』と言われる『堅い3ケタ配当の的中』ばかり狙っているのではありません。会員の皆様を唸らせる予想を随所にお届けしております。
配当の高低だけでなく、弊社予想部が、そして会員の皆様が「これは会心の的中だった」と納得した記憶に残っている、自他共に認める過去の的中を紹介いたします。

2012年下半期ベストバウト

若戸大橋特別

2012年9月2日(日)2回小倉12日目 小倉9R

レース画像

不当なほど人気落ちの実力馬に白羽の矢
仕上がり状態を完全に把握した会心の的中鞍

軸馬 13番 メロート(9番人気)
馬連2-138,590円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬13番
メロート(9番人気)
馬連5点
1-13 5-13 2-13 9-13 6-13

渾身の高配当的中。ベスト中のベストはこのひと鞍。3歳上500万下の芝1800m。最下級条件のフルゲートでいかにも波乱含み。そこで弊社が軸馬として白羽の矢を立てたのは9番人気のメロート。かつて一旦はこのクラスを勝ち上がっている同馬。1000万でも悪くない走りを続けていたが、勝ち星はなかった。今回が8カ月の休み明けとなる、いわゆる『降級馬』。休み明けが嫌われて人気を落としているが、弊社は乗り込み量から走れる仕上がりと判断した。
レースはフミノポールスターがハナを切り平均遅めの流れ、軸馬メロートは好位3・4番手を追走し、4コーナー手前からスパート。結局楽に逃げたフミノポールスターは捕まえそこねたが、3着ワタシマッテルワには2馬身半差をつける危なげのない2着確保。望外とも思える好配当的中となった。不当に人気を落としている実力馬に注目した会心の一撃。

3歳上500万下

2012年7月1日(日)2回函館2日目 函館7R

レース画像

実績を考えれば当然の軸馬指名
ブレない姿勢が思いもよらぬ好配当ダブル的中を呼ぶ

軸馬 7番 プリンセスキナウ(5番人気)
馬連5−7820円的中
3連複5−7−82,480円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬7番
プリンセスキナウ(5番人気)
馬連5点
5−7 6−7 4−7 7−8 3−7
3連複4点
5−6−7 4−5−7 5−7−8 3−5−7

牝馬限定の3歳上500万下・ダート1700mの平場戦。弊社が軸馬として期待したプリンセスキナウは1000万からの『降級馬』にもかかわらず9頭立て5番人気という低評価。これは休み明けで+28キロという馬体重が原因と思われるが、現地滞在の函館だけに実質的には+10キロ程度と判断。ならば、前々走の500万勝ちを素直に評価する手。
レースは逃げるラブリーアリュールにハッピーマリーン・ケリーダノビアといったあたりが次々に絡みペースアップ。軸馬プリンセスキナウは好位直後でジックリと脚をタメ、直線グイグイ伸びて1着ゴール。クビ差の2着にショウナンマオ。更に3馬身半差の3着にケリーダノビアが入線した。この結果により「馬連&3連複」の、弊社十八番のダブル的中。実績を素直に評価したことが逆に、思わぬ好配当的中を呼んだ。

UHB賞

2012年8月12日(日)1回札幌8日目 札幌11R

レース画像

セオリーに則った正当な軸馬選択
大本線一点目で満足の配当を仕留める

軸馬 2番 レオンビスティー(5番人気)
馬連2−81,370円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬2番
レオンビスティー(5番人気)
馬連5点
2−8 2−3 2−5 2−4 2−9 

3歳上オープンの「UHB賞」芝1200m。この時期&この距離のオープン特別としては珍しいハンデ戦で波乱度の高い一戦。弊社が軸馬として期待したのは5番人気の3歳馬レオンビスティー。古馬混合の近2走「函館スプリントS」9着→「アイビスSD」12着と敗れているが、「ファルコンS」2着の実績から考えてハンデ戦のオープン特別なら十分通用と判断した。
逃げるオーセロワのイン3番手という絶好位を占めたレオンビスティー。ほぼ同じ位置から追い出したシュプリームギフトとは2キロのハンデ差もあり遅れをとったものの、3着ケイアイアストンには1馬身差をつける危なげのない2着。『夏場ローカルの短距離戦は黙って3歳馬』というセオリーに則った正当な予想が、1番人気との組み合わせで悪くない配当の的中に結びついた。

3歳500万下

2012年12月22日(土)5回中山7日目 中山7R

レース画像

冷静なプロの目による的確な軸馬&対抗馬選択
本線の好配当的中に結びついた

軸馬 7番 ナムラグーテン(1番人気)
馬連6−72,260円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬7番
ナムラグーテン(1番人気)
馬連5点
7−10 6−7 7−9 7−11 7−15

人3歳上500万下のダート1800m。弊社の軸馬は1番人気となったナムラグーテン。休み明けだった前走の東京戦を最後方から直線一気の追い込みで2着。能力上位はハッキリしていたが、中山に替わり脚質面が懸念されたためか1番人気ながら単勝オッズ4.0倍という微妙な評価。しかし弊社は『鞍上横山典なら大丈夫』という冷静な読み。当然の軸馬指名。
レースは最内から逃げたゴールドゲッターが引っ張る速い流れ。軸馬ナムラグーテンは置かれることなく中団を追走。このあたりは弊社の読み通り。直線に入ると2番人気のセンキが一旦先頭。それを目標にナムラグーテンが伸びる。ゴール前100mで完全に捕まえ、後は余裕の完勝。2着タケルハヤテとはクビ差だったが、内容的には着差以上の大楽勝と言える。8番人気と評価を落としていたタケルハヤテを『実力的に軽くは扱えない』として対抗馬に取り上げた好判断。大混戦を見事に制した。

福島記念

2012年11月18日(日)3回福島6日目 福島11R

レース画像

確信の軸馬が直線独走の完勝
2着争いの3頭全て対抗馬。安心の好配当的中

軸馬 6番 ダイワファルコン(1番人気)
馬連6−93,920円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬6番
ダイワファルコン(1番人気)
馬連7点
5−6 6−11 6−7 6−9 2−6 6−16 6−12

荒れて当然のローカルハンデG3。弊社軸馬は僅差ながら1番人気に推されたダイワファルコン。前走「天皇賞・秋」は10着と敗れているが、相手関係を考えれば納得のいくところ。積極的に好位を取りに行ったレース内容は好感が持てるし、結果0秒8差なら全く悲観するような敗戦ではない。得意の右回りに替わり、当然のことながら大幅なメンバー軽化。鞍上にローカルのエースを配してきたここは譲れない一戦。早め先頭から押し切るという見立て。
スタートからまず行きかけたのはケイアイドウソジン。これを1コーナーでインからキョウエイストームが交わしてハナに立つ。軸馬ダイワファルコンはその直後の定位置を確保。福島の勝負どころである3コーナー過ぎから進出開始。4コーナー手前では堂々と先頭に立つ。勢いそのままに直線は独走。熾烈な2着争いを繰り広げる後続を尻目に余裕の1着ゴール。2馬身差の完勝を収めた。2着〜4着はハナ・ハナの僅差でアドマイアヤタイシ、ダコール、ヒットザターゲットの順。この結果により「馬連6−9、3920円」というオイシイところを的中。『軸馬完勝→2着争いの3頭全て対抗馬』というパーフェクト的中。予想精度の高さを存分に見せつけた鮮やかなひと鞍。

京成杯オータムハンデ

2012年9月9日(日)4回中山2日目 中山11R

レース画像

アッと言う間にインから突き抜けた軸馬
馬場と流れを読み切った文句なしの的中劇

軸馬 3番 レオアクティブ(2番人気)
馬連1-34,960円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬3番
レオアクティブ(2番人気)
馬連6点
2−3 3−12 1−3 3−15 3−14 3−11

秋競馬の開幕を告げる恒例のハンデG3。弊社が軸馬として期待したのは、すでにレベルの高さを証明している3歳世代のキレ者レオアクティブ。折り合い面の難しさがあり本質は1200m〜1400mがベストだが、開幕週のこのG3はペースアップ&好タイム決着が定番。その流れなら掛かる心配も薄いと判断。また中山マイルの内枠なら前にカベを造ることも容易。その点も強く推した要因。
3歳の快速馬ゼロスがハイラップで逃げる展開。スペシャルハート、ガンダーラと続き、軸馬レオアクティブは後方の内ラチ沿いに張り付いた。直線に入り先頭に立ったのはハンデ頭のコスモセンサー。その刹那、インから凄まじい脚でレオアクティブが突き抜けた。2着にもイン突進のスマイルジャックが飛び込み「馬連1−3、4960円」の的中。馬の特性と展開&流れを読み切った文句のつけどころのない的中劇。弊社の秋競馬の快進撃を予感させるひと鞍となった。

師走ステークス

2012年12月23日(土)5回中山8日目 中山9R

レース画像

軸馬は単勝オッズ2倍を割る断然の1番人気
にもかかわらず好配当的中。絶妙な対抗馬選択がキモ

軸馬 8番 ツクバコガネオー(1番人気)
馬連2-32,720円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬8番
ツクバコガネオー(1番人気)
馬連5点
8−10 3−8 8−12 7−8 6−8

準オープン、フルゲートの中山1800mダート。弊社が軸馬として指名したのは1番人気となったツクバコガネオー。夏の札幌で500万→1000万と連勝。準オープン昇級後も4・2・2着と崩れを見せず完全本格化ムード。自在のレースができる馬で展開に左右されない点も強みという見立て。
五分のスタートを切った軸馬ツクバコガネオーだが、直後他馬に寄られる不利。そのため後方寄りからのレースを強いられる。クラシックセンスの逃げを9番人気タカオノボルが積極的に追い、4コーナーで早々と先頭に立つ。そこから引き離しにかかるタカオノボル。追ってきたのはただ一頭、ツクバコガネオーだけ。大外から豪快な伸びで並びかけたところがゴール。写真判定によりハナ差ツクバコガネオーが1着。この結果により「馬連6−8、2720円」の的中。近走成績にとらわれず、実績的に好走可能としてタカオノボルを対抗馬に取り上げた好判断。弊社にとっては必然の的中だった。

CBC賞

2012年7月1日(日)2回中京2日目 中京11R

レース画像

重ハンデ=実力上位を確信する軸馬指名
狙って獲った300倍弱の3連単

軸馬 16番 マジンプロスパー(2番人気)
3連単16→15→1227,660円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬16番
マジンプロスパー(2番人気)
3連単2頭軸流し
(マルチ)30点 

中京競馬お馴染みの短距離ハンデG3。弊社軸馬は同じ中京1200mのG1「高松宮記念」5着以来3カ月ぶりとなるマジンプロスパー。十分な乗り込み量で仕上がりは万全。ここでは『戦ってきた相手が違う』と指摘。57.5キロの重ハンデも難なく克服。前々の位置取りから力でねじ伏せるという見立て。
予想された取りエーシンダックマンが逃げる展開。軸馬マジンプロスパーはその直後の2番手を悠然と追走。直線の長さを気にかける素振りも見せず、残り400m地点で早々と先頭に躍り出る。そのまま脚いろを乱すことなく1着ゴール。2着に追い込んできたスプリングサンダーとは3/4馬身差だが、内容的には圧勝と言えるもの。3着にはトップハンデ59キロのダッシャーゴーゴーが入線。この結果により「3連単16→15→12、27660円」の的中。長く記憶に残る万馬券ゲットとなった。

3歳上500万下

2012年8月26日(日)3回新潟6日目 新潟12R

レース画像

自信に満ちた軸馬のレース内容
楽々の的中鞍で望外とも思える配当をゲット

軸馬 7番 セコンドピアット(1番人気)
馬連 7-111,880円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬7番
セコンドピアット(1番人気)
馬連5点
7−10 7−13 7−12 7−11 4−7

3歳上500万下、芝1800mの最終レース。弊社が軸馬としたのは1番人気となったセコンドピアット。5月の東京戦「カーネーションC」2着以来の一戦だが、気のいい牝馬で仕上がりは上々。「新馬」勝ちしているようにポン駆けも利くタイプと判断。500万で足踏みするような器ではないという見立て。
新潟外回り1800m定番のスローペース。絶好の2番手から残り400m地点でカレンデイムーンが先頭に立つ。しかし、新潟の外回りはここからが長い。外から一歩一歩セコンドピアットが追い詰め、最後並んだところがゴール。写真判定の末ハナ差セコンドピアットが先着。この結果により「馬連7−11、1880円」の的中。弊社にしてみれば望外ともいえる好配当だった。

3歳上500万下

2012年7月15日(日)2回中京6日目 中京12R

レース画像

この変身は見えていた
上位人気の組み合わせで思わぬ好配当

軸馬 1番 ドレッドノート(2番人気)
馬連1-42,080円的中

詳しくは

【提供内容】
 
軸馬1番
ドレッドノート(2番人気)
馬連5点
1−15 1−14 1−4 1−11 1−8

3歳上500万下の1400mダート。弊社が軸馬として期待したのは2番人気のドレッドノート。京都1400mダートで500万勝ち。その後1000万でも入着実績のある格上馬。降級となった休み明けからの2戦は芝で4・4着とひと息の結果だが、ダート替わりのここで見逃す手はないという見立て。平場戦で減量騎手起用の3キロ減54キロも大きなアドバンテージと判断した。
スタートを決めた軸馬ドレッドノートが躊躇なくハナに立つ。3コーナー手前からは後続を離しての一人旅。4コーナーから直線に入り再加速。『影をも踏ませぬ』という表現はまさにこのこと。そのまま独走ゴールを決め、2着アグンに6馬身差の大楽勝。この結果により「馬連1−4、2080円」の的中。2・3番人気の組み合わせで信じられないようなオイシイ配当となった。適鞍での変身を読み切った文句のない的中鞍。