お問い合わせはお気軽にどうぞ Tel:03-5312-0377 月~木/11:00~19:00 金/11:00~16:00 開催日(会員専用)/10:30~13:00

厳選勝負鞍 ベストバウト

安定的中は当然!そのうえ『堅い配当の的中』ばかりではない!自他共に納得の的中実績

弊社はご利用になる皆様に『毎週の安定した的中』をお届けすることを主軸として予想提供しておりますが、決して『鉄板レース』と言われる『堅い3ケタ配当の的中』ばかり狙っているのではありません。会員の皆様を唸らせる予想を随所にお届けしております。
配当の高低だけでなく、弊社予想部が、そして会員の皆様が「これは会心の的中だった」と納得した記憶に残っている、自他共に認める過去の的中を紹介いたします。

2018年上半期ベストバウト

津軽海峡特別

2018年6月24日(日)1回函館4日目 函館12R

レース画像

セオリー通り、クラス編制直後の降級馬を狙い撃ち!?
対抗馬も初ダート馬の適性を見抜ぬいた好配当的中劇!

軸馬6番 サトノプライム(2番人気)
馬連6-146,890円的中

詳しくは

【提供内容】
 
馬連5点
6-12 3-6 4-6 6-7 6-14

準オープンで2着に力走した直後の降級戦となったサトノプライム。1000万での脚力上位は間違いないし、相手関係からもまず勝ち負けと判断して狙い撃ち。弊社の読み通り、レースでは自然体の発馬からマクる競馬で一旦は先頭に立つ強気な競馬。伏兵だったウェスタールンドの強襲に合うも安泰の2着。ここが休み明け+初ダートで6番人気に甘んじていたウェスタールンドをキッチリおさえていたことにより、6番→2番人気の組み合わせで法外の好配当的中をお届け。「人気馬から人気薄へ」の弊社らしい的中劇で、会員の皆様から高い評価を得た文句なしのNo.1だ。

4歳上500万下

2018年3月25日(日)2回中京6日目 中京6R

レース画像

これぞ弊社の真骨頂!
個体能力を把握している弊社らしい好配当的中劇!

軸馬13番 シャープシューター(1番人気)
馬連1-133,800円的中

詳しくは

【提供内容】
 
馬連5点
7-13 2-13 11-13 3-13 1-13

中央デビューで勝ち上がれず、地方から出戻りとなったシャープシューターだが、未勝利クラスとはいえダートではかなりの強敵相手に差のない競馬をしていたように軸馬の能力を見抜いた予想部の好プレー。地方からの出戻りは中央の流れに慣れるまでに時間を要す馬が多いなか、レースでは読み通り勝ち切る強い競馬。1番→6番人気の組み合わせ上位の決着でこの好配当的中。個体能力を把握している弊社だからこその旨味と内容のある一戦で配当以上に評価の高かった一戦だ。

4歳上500万下

2017年4月22日(日)2回京都2日目 京都8R

レース画像

決め手断然の人気馬を中心視しての勝負。
難解なスプリント路線の力関係を見抜いての好的中!

軸馬8番 スワーヴアーサー(1番人気)
馬連8-131,480円的中
3連複8-13-144,130円的中

詳しくは

【提供内容】
 
馬連5点
8-13 8-9 1-8 8-10 8-14
3連複4点
8-9-13 1-8-13 8-10-13 8-13-14

ダート戦を主戦場としている弊社においては珍しい芝1200m戦で勝負に出た鞍。ここは勝ち切れないまでも脚力&決め手は一枚も二枚も上と判断していたスワーヴアーサーを不動の中心馬に推しての的中劇。展開に左右される脚質なだけにこのレースでも2着に甘んじたが、不当に評価を落としていた6番人気のトウカイレーヌを対抗1点目に指名し、この馬が早め抜け出しから後続の追撃を完封。3連複とのダブル的中をお届けし、配当ではなくその「狙い」に高い評価を受けた的中劇である。

シルクロードステークス

2018年1月28日(日)2回京都2日目 京都11R

レース画像

前走凡走で評価を落とした実力馬を狙い撃ち?
調子を完全に把握している弊社だからこそできる勝負!

軸馬1番 ファインニードル(4番人気)
3連複1-4-754,280円的中

詳しくは

【提供内容】
 
3連複
フォーメーション18点

これも弊社らしい的中劇のひとつ。軸馬ファインニードルの前走はG1「スプリンターズS」。その前の「セントウルS」で初重賞制覇を成し遂げた直後で、正直「行きがけの駄賃」で出走した一戦。12着惨敗も悲観する結果ではなかった。そして休養を挟んで年明け初戦となった本レース。本来であればダントツの1番人気の推されても良い能力上位馬だけに4番人気ならば狙うのは当然。あり得ないくらいの人気下落。こういったレースをピンポイントで狙い撃ち、対抗にも15番人気のフミノムーンを抜擢しての特大万馬券をお届け。重賞は3連複で勝負している弊社だからこそのベストバウト入りだ。

京都新聞杯

2018年5月5日(土)3回京都5日目 京都11R

レース画像

難解な3歳若駒重賞を読み切り、好配当GET!
適性を見抜いた予想部のファインプレー。

軸馬15番 シャルドネゴールド(4番人気)
3連複8-13-1542,640円的中

詳しくは

【提供内容】
 
3連複
フォーメーション21点

前走「毎日杯」7着からの臨戦となったがシャルドネゴールドだが、3歳若駒らしからぬレースセンスの高さを示していただけにこのレースでは軸馬に抜擢。かなり混戦の力関係に加え、前走着順で不当に評価を落としていただけに4番人気に甘んじていたが、鞍上ボウマンの好騎乗もあって3着に力走。7番人気ステイフーリッシュを対抗上位に指名し、さらに11番人気アドマイヤアルバも対抗馬に加えたことで4万馬券をゲット。狙いもそうだが購入方法のファインプレーが高評価に繋がった理由だろう。

4歳上500万下

2018年4月1日(日)3回中山4日目 中山7R

レース画像

能力比較が万全だからこその狙い!
「人気落ちの能力上位馬」をピンポイントで狙い撃ち!

軸馬5番 サイドチェンジ(3番人気)
馬連5-72,400円的中

詳しくは

【提供内容】
 
馬連5点
2-5 5-9 3-5 5-7 5-13

弊社が最も得意とする「ダート平場戦」。前走こそ9着と人気を裏切る結果だったサイドチェンジだが、現級では再三勝ち負けを演じていた地力上位馬。弊社では以前から「能力的にこのクラスは勝ち上がれる」とその地力を買っていた馬。前走凡走から3番人気だったここで狙い撃った。4番→3番人気でこの配当は少々物足りないが、配当面だけでなく、弊社を象徴する的中劇のひとつといえよう。

フェブラリーステークス

2018年2月18日(日)1回東京8日目 東京11R

レース画像

年度初G1戦を本命&対抗本線でズバリ!
3連覇達成で会員の皆様が歓喜に湧いた的中劇。

軸馬14番 ゴールドドリーム(1番人気)
3連複6-12-146,540円的中

詳しくは

【提供内容】
 
3連複
フォーメーション18点

弊社の想像を遥かに上回る反響をいただいた的中がこの一戦。重賞は3連馬券勝負が主となる弊社において、この程度の的中配当はそう珍しくもないが、やはりそこはG1戦。さらに「得意のダート」と公言しており3連覇がかかっていただけに弊社スタッフ以上に会員の皆様から高い評価を得たひと鞍だった。

アメリカジョッキークラブカップ

2018年1月21日(日)1回中山7日目 中山11R

レース画像

この組み合わせでこの配当は法外!?
見ていて安心安全の的中劇でベストバウト入り!

軸馬3番 ミッキースワロー(1番人気)
3連複3-7-96,440円的中

詳しくは

【提供内容】
 
3連複
フォーメーション18点

「菊花賞」以来、年明け初戦となったこのレースでのミッキースワローは「セントライト記念」勝ちを評価されて1番人気。結果、デムーロ騎乗のダンビュライトに早めに抜け出されて2着だったとはいえ、ハナを切って粘っていたマイネルミラノ(3着)もきっちり対抗馬指名しており、着差以上に安心して見ていられた内容。厳寒期のこの時期の重賞は比較的地味ではあるが、11頭立てで3連複6,000円超えはかなりオイシイ馬券だった。

東京新聞杯

2018年2月4日(日)1回東京4日目 東京11R

レース画像

大混戦だった東京マイル重賞で勝負!
デキの良さを見抜き、見事3連複好配当的中をゲット!

軸馬15番 ダイワキャグニー(2番人気)
3連複3-8-154,630円的中

詳しくは

【提供内容】
 
3連複
フォーメーション18点

例年通り、かなり力量拮抗のメンバー構成となった重賞。コース傾向で言えば当然差し・追い込み有利が定説の東京馬場。ここはコース実績に加え、距離短縮で更に良さが出ると判断し、前走「中山記念」で5着だったダイワキャグニーを狙い撃ち。レースでは好スタートから楽に流れに乗って競馬ができたが、セオリー通り、決め手上位の馬たちが最後の最後で殺到。ただ、それでも3着はキッチリとキープしたように、おおかた弊社の読み通りの決着となり3連複好配当をゲット。上位ランクした重賞はいずれも同様のことが言えるが、これも例に漏れず、安定的中だけではないアスコットをお見せした一戦と言えよう。

3歳500万下

2018年3月31日(土)3回中山3日目 中山6R

レース画像

注目度の低い平場戦こそ馬券の宝庫!?
軸馬の能力&距離適性を見抜いたの的中劇!

軸馬1番 クレヴァーパッチ(1番人気)
馬連1-132,410円的中

詳しくは

【提供内容】
 
馬連5点
1-6 1-8 1-14 1-16 1-13

このレースの出走メンバーでは安定感が一枚抜けていたクレヴァーパッチ。さらに新馬勝ちの条件となる距離1200mに戻してきただけに、人気でもこれを見逃す弊社ではない。メンバーの脚質から前有利と判断して対抗には8番人気と人気薄のシスルを指名。結果、弊社の予想通り、終始前々で競馬をした2頭の決着に。配当的にはいくらでもある的中だが、展開を読切って人気薄の先行馬を対抗に加えた弊社予想部のファインプレーだ。