2回福島・4回阪神・2回函館1日2日目分

日曜日 阪神11R CBC賞 1200m 芝・右
3歳上オープンG3

クリノガウディー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
森裕ジョッキーで栗東坂路。単走で終い重点に半マイル55秒8-ラスト1F11秒9をマーク。一週前にビッシリ追われて自己ベストをマークしており、最終追い切りはこれで十分。折り合いのついた道中から終い鋭く伸びて万全の仕上げ。

 

日曜日 阪神11R CBC賞 1200m 芝・右
3歳上オープンG3

ミッキースピリット

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
松若ジョッキーで栗東坂路。古馬オープンのサンライズノヴァと併せ、先行する形から軽快なラップで飛ばして半マイル51秒9-ラスト1F12秒9で最後まで抜かせなかった。一週前には多少重苦しさが感じたが、最終追い切りの動きを見る限り、仕上がりに不安はない。

 

日曜日 阪神11R CBC賞 1200m 芝・右
3歳上オープンG3

レッドアンシェル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。3歳未勝利のヒメノジャッカルと併せ、半マイル54秒4ーラスト1F12秒6を馬なりで計時。追走先着は当然だし、全体時計もそう強調できないが、この中間は順調に乗り込みを消化し、時計以上に繰り出すフットワークは力強く復調を感じさせる動き。

 

日曜日 福島11R ラジオNIKKEI賞 1800m 芝・右
3歳オープンG3

アルサトワ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東ウッドコース。古馬オープンのリュヌルージュを1秒ほど追走し、直線で馬体を併せ最後は0秒1差先着してフィニッシュ。前走同様に攻めの動きは目立ち、ひと皮剥けた印象。

 

日曜日 福島11R ラジオNIKKEI賞 1800m 芝・右
3歳オープンG3

グレイトオーサー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
レーンジョッキーで美浦ウッドコース。単走・馬なりで感触を確かめる程度の調整に留めたが、気合乗り十分の迫力のある動きでラスト1F12秒4でフィニッシュ。時計は自己ベストだし、重苦しさは皆無で絶好の気配。

3回東京・3回阪神7日8日目・1回函館5日6日目分

日曜日 阪神11R 宝塚記念 2200m 芝・右
3歳上オープンG1

キセキ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走ながらスピード感満点の気合い十分の動きで半マイル51秒1-ラスト1F12秒7でフィニッシュ。時計は自己ベストでこの中間もウッド併用で坂路で入念に乗り込まれ申し分なのない動き。

 

日曜日 阪神11R 宝塚記念 2200m 芝・右
3歳上オープンG1

ラッキーライラック

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走で前半ユッタリ入り、終い重点に強めに追い出されるとグイグイと伸び6F82秒8、上がり38秒3-11秒4を計時。一連同様、相変わらず攻めの動きは見栄えがする。

 

日曜日 阪神11R 宝塚記念 2200m 芝・右
3歳上オープンG1

ペルシアンナイト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
和田ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬オープンのトゥザクラウンと併せ、1秒ほど追走の形から終い強めに追われると相手に並ぶ間もなく交わし去って楽々先着。力感十分のフットワークで前走から明らかに上昇。

 

日曜日 函館11R 大沼ステークス 1700m ダ・右
3歳上オープン

ハイランドピーク

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で函館ダートコース。単走ながら軽快な素軽い脚捌きで抜群の行きっぷりを見せ、終いだけ仕掛けられて5F66秒3。タイム的には平凡だが力感十分の馬体と動きは見栄えがする。

 

日曜日 東京11R パラダイスステークス 1400m 芝・左
3歳上オープン

ストーミーシー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦坂路。古馬2勝クラスのオーケストラと併せ、追走の形から終い一杯に追われて半マイルから54秒0-39秒8-12秒0。予想以上に相手が動き遅れはしたものの、体を大きく見せて活気があり申し分のない状態。

3回東京・3回阪神5日6日目・1回函館3日4日目分

日曜日 東京11R ユニコーンステークス 1600m ダ・左
3歳オープンG3

サトノラファール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終いビッシリ追われて半マイル52秒6ーラスト1F12秒4。活気があるキビキビしたフットワークで引き続き好調子。

 

日曜日 東京11R ユニコーンステークス 1600m ダ・左
3歳オープンG3

レッチェバロック

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦坂路。単走で終始馬なりのままスピード感十分の走りで半マイルから51秒5ー37秒8ー12秒4を計時。この厩舎らしく中間も馬なりでの調整だが乗り込み量は豊富で最終追い切りの時計も自己ベスト。前走から上積み十分の仕上がり。

 

日曜日 東京11R ユニコーンステークス 1600m ダ・左
3歳オープンG3

フルフラット

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い強めに追われて半マイル49秒9ーラスト1F12秒2の好時計をマーク。時計は自己ベストだし、大きなフォームから確かな脚取りは目につき、海外遠征帰りも出走態勢は万全。

 

日曜日 函館11R 函館スプリントステークス 1200m 芝・右
3歳上オープンG3

エイティーンガール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
坂井瑠ジョッキーで函館ウッドコース。栗東坂路で順調に乗り込まれての一週前入厩で直前も馬なりに終始したが、スピード感が増した動きから繰り出すフットワークは軽快そのもの。

 

日曜日 函館11R 函館スプリントステークス 1200m 芝・右
3歳上オープンG3

ライトオンキュー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
古川吉ジョッキーで函館芝コース。古馬2勝クラスのモンテヴェルデと併せ、追走の形から馬なりのままラスト1F11秒4と鋭く脚を伸ばしてフィニッシュ。休養明けとなるが、この中間は栗東坂路で入念に乗り込まれ、気配の良さ抜群。

3回東京・3回阪神3日4日目・1回函館1日2日目分

日曜日 東京11R エプソムカップ 1800m 芝・左
3歳上オープンG3

ギベオン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬2勝クラスのサトノシリウス併せ、2秒近く追走の形から一杯に追う相手を馬なりのまま楽に追いつき5F66秒9。道中は集中力を欠く気の悪さを見せていたが、それでも切れのある動きを見せており、デキに関して不安はない。

 

日曜日 東京11R エプソムカップ 1800m 芝・左
3歳上オープンG3

サラキア

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走・馬なりのまま、半マイル52秒3-ラスト1F12秒2を計時。この中間はウッド併用で順調に乗り込まれ、先週はコースでしっかり追われて好時計をマークし、前走以上に動ける仕上がり。

 

日曜日 東京11R エプソムカップ 1800m 芝・左
3歳上オープンG3

レイエンダ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦坂路。ここ出走のゴーフォザサミットと併せ、先行する形から無理せず相手に合わせて抜群の手応えのまま併入。この厩舎らしく速い時計は出していないが乗り込み豊富で、順調な仕上がり。

 

日曜日 阪神11R マーメイドステークス 2000m 芝・右
3歳上オープンG3

サラス

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。3歳未勝利のグリムスボンドと併せ、半マイル53秒7-ラスト1F12秒4でラクに先着。相手を考えれば追走先着は当然としても久々を使われた上積みが見込める動きで上々の気配。

 

日曜日 阪神11R マーメイドステークス 2000m 芝・右
3歳上オープンG3

レッドアネモス

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬オープンのワグネリアンと併せ、6F81秒8から徐々にピッチを上げて、直線一杯に追われて差を詰める相手を最後まで抜かせることなく上がり38秒1-11秒6。元々攻め駆けするタイプだが動きは申し分なく依然好調。

3回東京・3回阪神1日2日目分

日曜日 東京11R 安田記念 1600m 芝・左
3歳上オープンG1

インディチャンプ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬オープンのアメリカズカップと併せ、終い一杯に追われて半マイル51秒6ーラスト1F12秒7を計時。全体時計はともかく、躍動感のあるダイナミックなフットワークは目につき、今季一番のデキ。

 

日曜日 東京11R 安田記念 1600m 芝・左
3歳上オープンG1

ペルシアンナイト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
水口ジョッキーで栗東Cウッドコース。「鳴尾記念」出走のサトノルークスと併せ、6Fから時計を出して、先行する形から実戦並みの併せ馬でビッシリ追われて最後まで抜かせることなく先着。間隔はあいたが乗り込み量は豊富で全身を良く使ったフットワークも目立ち気配は申し分ない。

 

日曜日 東京11R 安田記念 1600m 芝・左
3歳上オープンG1

ダノンキングリー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
戸崎ジョッキーで美浦ウッドコース。単走で最後まで馬なりのまま6F81秒3、上がり37秒4ー12秒2の好タイム。素軽さ満点の活気ある動きで相変わらず攻めは良く見せる。

 

土曜日 阪神11R 鳴尾記念 2000m 芝・右
3歳上オープンG3

アドマイヤジャスタ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
西村淳ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬3勝クラスのカリボールを追走する形から、直線の追い比べで先着し上がり36秒8ー11秒9。このところ実戦では良いところなしだが馬体&動きは絶好。

 

土曜日 阪神11R 鳴尾記念 2000m 芝・右
3歳上オープンG3

ラヴズオンリーユー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走で5Fから時計を出し前半ゆったりと入り、道中徐々にペースアップして、馬なりのままラスト1F11秒台の切れを披露。乗り込み量こそ少ないが、ひと叩きされた上積みが見込める仕上がり。

2回東京・3回京都11日12日目分

日曜日 東京11R 日本ダービー 2400m 芝・左
3歳オープンG1

ダーリントンホール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬3勝クラスのモンテグロッソと併せ、追走の形から終い仕掛けた程度で5F67秒1-ラスト1F11秒3と抜群の伸び。体もフックラと見せ気配面はグーンと上昇。

 

日曜日 東京11R 日本ダービー 2400m 芝・左
3歳オープンG1

コントレイル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終始馬なりのまま余力十分に、半マイル52秒6-ラスト1F12秒4。先週は福永ジョッキー騎乗でウッドで長目から強めに追われており、最終調整はこれで十分。引き続き力を出せる仕上がり。

 

日曜日 東京11R 日本ダービー 2400m 芝・左
3歳オープンG1

ワーケア

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
嶋田ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬2勝クラスのニシノコトダマと併せ、5Fから入り終い一杯に追われて上がり38秒4ー12秒2。弥生賞からの直行は予定通りで、この中間はウッドと坂路で順調に乗り込みを消化しており、久々でも不安はない仕上がり。

 

日曜日 東京12R 目黒記念 2500m 芝・左
4歳上オープンG2

ノーブルマーズ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
高倉ジョッキーで栗東Cウッドコース。6Fから16ー15と徐々にピッチを上げ、終いだけ強めに追われ上がり36秒8ー11秒7。見た目以上に速く相変わらず攻めは動く。

 

日曜日 東京12R 目黒記念 2500m 芝・左
4歳上オープンG2

オセアグレイト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
野中ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬3勝クラスのベイビーステップを1秒以上追走の形から、最後まで馬なりのまま楽々と先着。相手が動かなかったこともあるが、自ら走る気力十分な活気ある動きで文句なし。

2回東京・3回京都9日10日目・1回新潟5日6日目分

日曜日 東京11R オークス 2400m 芝・左
3歳オープンG1

スマイルカナ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
柴田大ジョッキーで美浦ウッドコース。最終追い切りは単走・馬なりとなったが、軽快な脚捌きは目につき、ラスト1F11秒6と抜群の伸び。体もフックラと見せ気配面は更に上昇。

 

日曜日 東京11R オークス 2400m 芝・左
3歳オープンG1

デゼル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走・馬なりのまま半マイル54秒2-ラスト1F12秒6を計時。時計面はさほどでもないが、一週前にはウッドで3歳オープンのヒュッゲを全く問題にせず圧倒しており、最終調整はこの程度で十分。良い意味で変わりなく申し分ない内容。

 

日曜日 東京11R オークス 2400m 芝・左
3歳オープンG1

ウインマリリン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
横山武ジョッキーで美浦ウッドコース。同レース出走のインターミッションと併せ、先行する形から強めに追われると、力感十分の動きで切れのある走りを見せて最後まで差を詰められることなく先着。一連の好状態をキープしており仕上がりに不安はない。

 

土曜日 京都11R 平安ステークス 1900m ダ・右
4歳上オープンG3

ロードレガリス

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
小崎ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬3勝クラスのドゥーガと併せ、追走の形から徐々にラップを上げていき、終い強めに追われるとラスト1F12秒1でフィニッシュ。併せた相手に遅れはしたものの、無理もせず大きなフォームは見栄えがして好調子。

 

土曜日 京都11R 平安ステークス 1900m ダ・右
4歳上オープンG3

オメガパフューム

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬2勝クラスのジャストアジゴロと併せ、1秒以上追走の形から終い強めに追われると瞬時に反応し、ラスト1F11秒8と抜群の伸び。昨年末以来の久々となるが攻めの動きは申し分ない。

2回東京・3回京都7日8日目・1回新潟3日4日目分

日曜日 東京11R ヴィクトリアマイル 1600m 芝・左
4歳上オープンG1

アーモンドアイ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
三浦ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬オープンのハヤヤッコを追走の形から、直線は強めに追われる相手を内から馬なりで交わし去って終始余力十分の動き。海外遠征が頓挫した影響もなく、自身の力は出せる仕上がり。

 

日曜日 東京11R ヴィクトリアマイル 1600m 芝・左
4歳上オープンG1

サウンドキアラ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
松山ジョッキーで栗東坂路。単走で終始馬なりのまま半マイル51秒6-ラスト1F12秒3。大幅な変わり身は感じないが、キビキビとした動きでデキ落ちは一切なく、引き続き好仕上がり。

 

日曜日 東京11R ヴィクトリアマイル 1600m 芝・左
4歳上オープンG1

スカーレットカラー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。最後まで馬任せの調整で5F66秒0。前走後は2週間ほど時計を出していないが、その後順調に乗り込まれ、先週ビッシリ追われて6F79秒台の意欲的な追い切りを消化。最終追い切りは息を整える程度で十分。順調そのもの。

 

土曜日 東京11R 京王杯スプリングカップ 1400m 芝・左
4歳上オープンG2

セイウンコウセイ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。単走・馬なりのまま5F64秒9を計時。スピード感に加えて躍動感のあるフォームは目立ち、年齢を一切感じさせずデキに関しては今季一番と思える仕上がり。

 

土曜日 東京11R 京王杯スプリングカップ 1400m 芝・左
4歳上オープンG2

ダノンスマッシュ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終始馬なりのまま半マイル53秒5-ラスト1F12秒3。この中間は坂路で順調に乗り込みを消化しており、動きを見る限りデキ落ちもなく仕上がりに不安はない。

2回東京・3回京都5日6日目・1回新潟1日2日目分

日曜日 東京11R NHKマイルカップ 1600m 芝・左
3歳オープンG1

プリンスリターン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
原田和ジョッキーで栗東Cウッドコース。3歳オープンのカリオストロと併せ馬。長目から入り軽快なフットワークで先行して6F83秒3で相手を寄せ付けることなく先着。終い重点に脚を伸ばしてラスト1F12秒1でまとめ、数字以上に大きく見せる体で、落ち着きもあり気配面は上々。

 

日曜日 東京11R NHKマイルカップ 1600m 芝・左
3歳オープンG1

ギルデッドミラー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走・馬なりで半マイル53秒3-ラスト1F12秒1の弾ける伸びでフィニッシュ。年明け4戦目なだけにもう馬は出来上がっている印象で、調教はこの程度で十分。デキ落ちなく引き続き好仕上がり。

 

日曜日 新潟11R 新潟大賞典 2000m 芝・左
4歳上オープンG3

インビジブルレイズ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
吉田隼ジョッキーで栗東坂路。古馬2勝クラスのスズカモナミと併せ、半マイル53秒5-ラスト1F11秒9を馬なりで計時。格下相手で追走先着は当然としても、集中力のあるキビキビとしたフットワークで好仕上がり。

 

日曜日 新潟11R 新潟大賞典 2000m 芝・左
4歳上オープンG3

エアウインザー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬オープンのマグナレガーロと併せ、半マイル52秒8-ラスト1F12秒5。4月上旬から時計を出し始め、坂路とウッドで毎週のように併せ馬を消化して入念な攻め過程。馬なり主体で時計面はともかく、重苦しさはなく動きは目立つ。

 

土曜日 京都11R 京都新聞杯 2200m 芝・右
3歳オープンG2

ディープボンド

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
和田竜ジョッキーで栗東Cウッドコース。単走で終いビッシリ追われて、6F81秒5、ラスト1F11秒8でフィニッシュ。前走「皐月賞」から中2週の臨戦で本数は少ないが一杯に追われたようにデキ落ちもなく、終いの伸びの良さは目立つ。

2回東京・3回京都3日4日目・1回福島7日8日目分

日曜日 京都11R 天皇賞(春) 3200m 芝・右
4歳上オープンG1

キセキ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。5Fから15-13と徐々にピッチを上げ、直線も馬なりのままスムーズに加速して38秒3-12秒1。この中間は坂路主体で入念に乗り込まれ、デキ落ちもなく前走時と同様に動きは申し分ない。

 

日曜日 京都11R 天皇賞(春) 3200m 芝・右
4歳上オープンG1

ダンビュライト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
松若ジョッキーで栗東坂路。古馬2勝クラスのミッキーマインドと併せ、終始馬なりのまま半マイル51秒6-ラスト1F12秒8で楽々先着。一週前にはインディチャンプと併せてビッシリ追われ、最終調整は軽めだがダイナミックなフットワークは力感十分。

 

日曜日 京都11R 天皇賞(春) 3200m 芝・右
4歳上オープンG1

フィエールマン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬2勝クラスのニシノコトダマと併せて、1秒以上追走の形から馬なりでグングン差を詰め、ゴール前仕掛けられると瞬時に反応しラスト1F12秒1で先着。スムーズで大きなフットワークは見栄えがし、久々を感じさせない動きで申し分ない仕上がり。

 

日曜日 東京11R 青葉賞 2400m 芝・左
3歳オープンG2

フライライクバード

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。3歳1勝クラスのデゼルと併せ、終いビッシリ追われて半マイル54秒2-ラスト1F12秒5で競り勝った。攻め掛けしないタイプで時計は平凡も自己ベストを更新してきたし、体調の良さが伺える動きで好仕上がり。

 

日曜日 東京11R 青葉賞 2400m 芝・左
3歳オープンG2

オーソリティ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬3勝クラスのレッドフレイと併せ、1秒近く先行する僚馬を目標に一杯に追われて併入。4月中旬から時計を出し始め、本数以上に中身の濃い攻め馬を消化しており、仕上がりに不安はない。