1回東京・2回京都7日8日目・1回小倉11日12日目分

日曜日 東京11R フェブラリーステークス 1600m ダ・左
4歳上オープンG1

ワンダーリーデル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
藤井ジョッキーで栗東坂路。古馬2勝クラスのキングオブコージと併せ、追走の形から終い強めに追われると瞬時に反応し、半マイル50秒0-ラスト1F12秒6。全体時計は自己ベストをマークし、この中間も順調そのもので状態面に不安はなく上積み十分の仕上がり。

 

日曜日 東京11R フェブラリーステークス 1600m ダ・左
4歳上オープンG1

ワイドファラオ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。6Fから16-15と徐々にピッチを上げ、直線で仕掛けられ強めに追われて鋭く脚を伸ばしてフィニッシュ。力感のある馬体と切れのあるフットワークで引き続き好調子。

 

日曜日 小倉11R 小倉大賞典 1800m 芝・右
4歳上オープンG3

エメラルファイト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
石川裕ジョッキーで小倉ダートコース。単走で終始馬なりのまま5F71秒1-ラスト1F12秒8。速い時計こそ出していないものの、この中間は美浦ウッドで順調に乗り込まれ、早めに小倉入り。輸送の影響もなく体調面の良さが伺える仕上がり。

 

土曜日 東京11R ダイヤモンドステークス 3400m 芝・左
4歳上オープンG3

タイセイトレイル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
中谷ジョッキーで栗東坂路。古馬2勝クラスのモズエロイコと併せ、追走の形から終いビッシリ追われて半マイル52秒6-ラスト1F12秒4。元々がそう攻め駆けするタイプではなく、馬場状態などを踏まえると動いている部類。状態に不安はない。

 

土曜日 京都11R 京都牝馬ステークス 1400m 芝・右
4歳上オープンG3

ドナウデルタ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーで栗東坂路。単走で終始馬なりのまま半マイル51秒4-ラスト1F12秒1。騎手騎乗とはいえ、全体時計は自己ベストだし、最後までシッカリと駆け抜けた動きは目立ち、引き続き絶好の仕上がり。

1回東京・2回京都5日6日目・1回小倉9日10日目分

日曜日 東京11R 共同通信杯 1800m 芝・左
3歳オープンG3

ダーリントンホール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
ルメールジョッキーで美浦ウッドコース。古馬3勝クラスのフレッチアと併せ、スムーズな道中なら馬なりで5F67秒1、上がり38秒2ー12秒0。見た目以上に終いの時計も速く、ひと息後を叩かれてグンと良化。

 

日曜日 東京11R 共同通信杯 1800m 芝・左
3歳オープンG3

マイラプソティ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い強めに追われて半マイル50秒6-ラスト1F12秒9の好時計をマーク。全体時計を大幅に更新しての自己ベストだが、決して行きたがる感じの追走でもなく、終いまでしっかり脚を伸ばして仕上がりに不安はない。

 

日曜日 京都11R 京都記念 2200m 芝・右
4歳上オープンG2

クロノジェネシス

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬3勝クラスのサマーセントと併せ、1秒以上追走の形から5F68秒0で馬なりのまま併入。大きくユッタリとしたフットワークは見栄えがし馬体もさらに充実。

 

土曜日 東京11R クイーンカップ 1600m 芝・左
3歳オープンG3

ホウオウピースフル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬3勝クラスのエリティエールと併せ、先行する形から直線は相手に併せる形で余裕の併入。再度間隔のあいた臨戦となるがこのレース目標に上々の仕上げ。

 

土曜日 東京11R クイーンカップ 1600m 芝・左
3歳オープンG3

マジックキャッスル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。3歳1勝クラスのヒラボククイーンを追走の形から、直線馬なりのまま並ぶ間もなく交わし去り、0秒4先着でフィニッシュ。この中間はプール併用で丹念に乗り込まれ、動きは相変わらず目立つ。

1回東京・2回京都3日4日目・1回小倉7日8日目分

日曜日 東京11R 東京新聞杯 1600m 芝・左
4歳上オープンG3

レッドヴェイロン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い一杯に追われ半マイル50秒6-ラスト1F12秒7。全体時計は自己ベストをマークし、最後まで集中力のあるフットワークで鋭く伸び申し分のない気配。

 

日曜日 東京11R 東京新聞杯 1600m 芝・左
4歳上オープンG3

シャドウディーヴァ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬2勝クラスのサンクロワと併せ、5F過ぎから終始馬なりのままで67秒3、上がり38秒7-12秒7。柔軟な身のこなしからスピード感十分に駆け抜け前走同様、好調キープ。

 

日曜日 東京11R 東京新聞杯 1600m 芝・左
4歳上オープンG3

サトノアーサー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。いつも通り単走で半マイル52秒1-ラスト1F12秒5を計時。この中間は1月中旬から坂路入念に乗り込みを消化。重苦しさのない素軽さ満点の動きを見せており、今回もこの馬らしいキビキビした攻め内容。

 

日曜日 京都11R きさらぎ賞 1800m 芝・右
3歳オープンG3

アルジャンナ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
川田ジョッキーで栗東坂路。前走から間隔のあいたローテーションだが半マイル53秒9-ラスト1F12秒4を馬なりのままマーク。時計は自己ベストだし、重心の低い気合の入った動きは時計以上に良く見せた。

 

日曜日 京都11R きさらぎ賞 1800m 芝・右
3歳オープンG3

サトノゴールド

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
幸ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬オープンのスワーヴアラミスと併せ、ラストはビッシリ追う意欲的な内容で6F83秒7。体を大きく使った余裕のあるフォームで久々を感じさせず好気配。

1回東京・2回京都1日2日目・1回小倉5日6日目分

日曜日 東京11R 根岸ステークス 1400m ダ・左
4歳上オープンG3

コパノキッキング

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走・馬なりながら重たい馬場を苦にすることなく6F81秒2、上がり36秒9-12秒2でフィニッシュ。前走からひと息入ったが相変わらず力感満点の走る気満々の気配で好調キープ。

 

日曜日 東京11R 根岸ステークス 1400m ダ・左
4歳上オープンG3

ワイドファラオ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬3勝クラスのマグナレガーロを追走する形から、終い強めに追われて半マイル53秒0ーラスト1F12秒1で併入。元々そう攻め駆けするタイプではないが、しっかりした脚どりでデキは高いレベルで安定。

 

日曜日 東京11R 根岸ステークス 1400m ダ・左
4歳上オープンG3

ミッキーワイルド

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走ながら終い一杯に追われて半マイル56秒3ーラスト1F12秒2。輸送を考慮してか、上がり重点の最終調整にとどめたが、リズミカルでスムーズな動きは時計以上に良く見せた。

 

日曜日 京都11R シルクロードステークス 1200m 芝・右
4歳上オープンG3

レッドアンシェル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い強めに追われて、半マイル53秒3ーラスト1F12秒0を計時。脚元の関係で久々となるが、この中間は坂路で入念な乗り込みを消化し、充実した馬体と力強い動きは目立ち久々を感じさせず、力を出せる仕上がり。

 

日曜日 京都11R シルクロードステークス 1200m 芝・右
4歳上オープンG3

モズスーパーフレア

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
松若ジョッキーで栗東坂路。単走・馬なりのまま半マイル50秒3ーラスト1F12秒4。相変わらず攻め馬でもスピード感満点の動きを披露し、重たい馬場を考慮すれば全体時計、上がり共に破格。久々でもほぼ万全の仕上がり。

1回中山・1回京都8日9日目・1回小倉3日4日目分

日曜日 中山11R アメリカジョッキークラブカップ 2200m 芝・右
4歳上オープンG2

ニシノデイジー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で美浦ウッドコース。古馬オープンのマイネルクラースと併せ、追走の形から馬なりのままグングン差を詰めて5F66秒0で楽々先着。たくましさを増した体から最後まで集中力のある走りで久々でも絶好の仕上がり。

 

日曜日 中山11R アメリカジョッキークラブカップ 2200m 芝・右
4歳上オープンG2

ラストドラフト

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教師で美浦ウッドコース。単走・馬なりのまま5F66秒2、上がり38秒2-11秒8を計時。体の使いが良い滑らかなフットワークは目立ち引き続き好調子。

 

日曜日 中山11R アメリカジョッキークラブカップ 2200m 芝・右
4歳上オープンG2

サトノクロニクル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬2勝クラスのプランドラーと併せ、終いビッシリ追われて半マイル52秒4-ラスト1F12秒1を計時。この中間は坂路で入念に乗り込まれ、最終追い切りでもダイナミックなフォームから力強い伸びを見せ、長期休養明けを感じさせない仕上がり。

 

日曜日 京都11R 東海ステークス 1800m ダ・右
4歳上オープンG2

インティ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い一杯に追われ、半マイル51秒8-ラスト1F12秒9でフィニッシュ。時計は自己ベストだし、気合の乗った活気ある動きで引き続き好仕上がり。

 

土曜日 小倉11R 愛知杯 2000m 芝・右
4歳上オープンG3

キングズガード

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
秋山ジョッキーで栗東Cウッドコース。古馬2勝クラスのディバインフォースと併せ、追走の形から直線一杯に追われ6F82秒3を計時。こちらも時計は自己ベストをマークし、最後まで集中力を保った走り。馬体・動きは一連同様に好状態をキープ。

1回中山・1回京都6日7日目・1回小倉1日2日目分

日曜日 京都11R 日経新春杯 2400m 芝・右
4歳上オープンG2

アフリカンゴールド

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走で終いビッシリ追われて6F80秒9-ラスト1F12秒1でフィニッシュ。前走時と遜色ない活気十分の動きを見せたように、一連同様にデキに関しては文句なし。

 

日曜日 京都11R 日経新春杯 2400m 芝・右
4歳上オープンG2

モズベッロ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走ながら終い一杯に追われて半マイル53秒9-ラスト1F12秒3を計時。この中間はプール併用で丹念に乗り込まれ、最終追い切りでもダイナミックなフォームから力強い伸びを披露。臨戦過程に不安はない。

 

日曜日 中山11R 京成杯 2000m 芝・右
3歳オープンG3

ヒュッゲ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
和田ジョッキーで栗東坂路。単走で半マイル53秒4-ラスト1F12秒4を馬なりで計時。最終追い切りこそ調整程度にとどめたが、1週前にウッドでビッシリ追われて脚力十分の動きを披露。力感は目立っており絶好の仕上がり。

 

日曜日 中山11R 京成杯 2000m 芝・右
3歳オープンG3

ゼノヴァース

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
五十嵐ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬オープンのファストアプローチと併せ、馬なりのままF70秒1、上がり36秒4-12秒2。この厩舎らしく馬なり主体で丹念に乗り込まれており、前走時と同様に体の使いが目立つスムーズなフォームで気配は申し分ない。

 

土曜日 小倉11R 愛知杯 2000m 芝・右
4歳上オープンG3

センテリュオ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い重点にビッシリと追われ半マイル53秒2-ラスト1F12秒1。2週連続ハードに追われており、馬体と動きには力強さが感じられ、久々でも力を出せる仕上がり。

1回中山・1回京都3日4日5日目分

日曜日 京都11R シンザン記念 1600m 芝・右
3歳オープンG3

タガノビューティー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬1勝クラスのタケルライジングと併せ、終い一杯に追われて半マイル53秒7-ラスト1F12秒8を計時。クビ使いの良い大きなフットワークを見せて引き続き好気配。

 

日曜日 京都11R シンザン記念 1600m 芝・右
3歳オープンG3

オーマイダーリン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
岡田祥ジョッキーで栗東Cウッドコース。3歳未勝利のホウショウエポックと併せ、終始馬なりで先行する形から併入。格下相手にアタマ差遅れたが、年末に速い時計を出しており、この中間は攻め量も豊富。時計面はともかくパワフルな動きは目立ち、前走から更に上昇。

 

月曜日 中山11R フェアリーステークス 1600m 芝・右
3歳オープンG3

ダイワクンナナ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村宏ジョッキーで美浦坂路。3歳未勝利のフェデネージュと併せ、半マイルから51秒3-38秒2-13秒3を馬なりでマーク。美浦坂路で時計面はそう強調するほどではないが、まだ動きが緩慢だったデビュー戦の前走と比較しても格段に良化。

 

月曜日 中山11R フェアリーステークス 1600m 芝・右
3歳オープンG3

チェーンオブラブ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
石橋脩ジョッキーで美浦ウッドコース。古馬2勝クラスのコロンバスデイとの併せ馬。クビ使いの良い柔軟なフォームで6F82秒6、上がり39秒3-12秒8でフィニッシュ。一杯に追われる相手にゴール前仕掛けられる程度で優々先着しており、動き・気配共に申し分なし。

1回中山・1回京都1日2日目分

日曜日 中山11R 中山金杯 2000m 芝・右
4歳上オープンG3

ギベオン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
北村友ジョッキーで栗東坂路。古馬2勝クラスのグレートウォリアーと併せ、追走の形から馬なりで半マイル52秒6-ラスト1F12秒0。そう目立つ時計ではないが、全体時計は自己ベストをマークしているように、この馬自身の動き・気配面は上々。

 

日曜日 中山11R 中山金杯 2000m 芝・右
4歳上オープンG3

ブラックスピネル

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬3勝クラスのブリッツアウェイと併せ、終いビッシリ追われる意欲的な内容で半マイル51秒7ーラスト1F12秒9で先着。元々やれば時計の出るタイプだが、この中間も坂路で熱心に乗り込まれ、前向きで力強いフットワークは目立つ。

 

日曜日 京都11R 京都金杯 1600m 芝・右
4歳上オープンG3

ソーグリッタリング

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走で上がり重点に強めに追われ半マイル52秒3、上がり38秒6-12秒1。中間も入念に乗り込まれ時計以上に良く見せる動きでデキに不安はない。

 

日曜日 京都11R 京都金杯 1600m 芝・右
4歳上オープンG3

ストロングタイタン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。単走で終い一杯に追われて半マイル55秒7-ラスト1F12秒0を計時。全体時計こそ遅いものの、追い出されてからの動きは申し分なく更に上昇ムード。

5回中山・5回阪神9日目分

土曜日 中山11R ホープフルステークス 2000m 芝・右
2歳オープンG1

ガロアクリーク

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
野中ジョッキーで美浦坂路。2歳未勝利のトーセンシュバリエと併せ、終い強めに追われて半マイルから54秒7-40秒1-12秒4を計時。時計は平凡だがこの馬なりにグンと馬体が引き締まり、素軽い脚捌きでスムーズに伸びきり前走からの上積み十分の好仕上がり。

 

土曜日 中山11R ホープフルステークス 2000m 芝・右
2歳オープンG1

ブラックホール

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
石川裕ジョッキーで美浦ウッドコース。終いだけ強めに追われて0秒6ほど追走した古馬3勝クラスのレノーアにしぶとく追いすがり5F66秒0。追走遅れとなったものの、体を大きく使ったフットワークは迫力十分でこのひと追いでグンと上昇。

 

土曜日 中山11R ホープフルステークス 2000m 芝・右
2歳オープンG1

ヴェルトライゼンテ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
水口ジョッキーで栗東坂路。2歳未勝利のアステロイドベルトと併せ、終い強めに追われて半マイル54秒1-ラスト1F12秒0。一週前にウッドでビッシリ追われて最終調整はこの程度で十分。力感十分のフットワークで気配は申し分ない。

5回中山・5回阪神7日8日目分

日曜日 中山11R 有馬記念 2500m 芝・右
3歳上オープンG1

リスグラシュー

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬3勝クラスのユニコーンライオンと併せ、追走する形から終い強めに追われて半マイル51秒3ーラスト1F12秒3で併入。海外遠征帰りでひと息入ったが、引き続き気配は絶好。状態も順調そのもので力を出せる仕上がり。

 

日曜日 中山11R 有馬記念 2500m 芝・右
3歳上オープンG1

キセキ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走で終い重点に強めに追われて上がり38秒0ー11秒9。相変わらずアタマの高い走法ではあるが、折り合いのついたスムーズな動き。この中間も入念過ぎるほど坂路で乗り込みを消化しており海外遠征帰りでも仕上がりに不安はない。

 

日曜日 中山11R 有馬記念 2500m 芝・右
3歳上オープンG1

ヴェロックス

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東Cウッドコース。単走で6Fから時計を出し、終いビッシリ追われてラスト1F11秒3の伸び。攻め馬を強化してきたことは好感が持てるし、追い切りだけなら今回が一番目立っておりピークを思わせるデキ。

 

土曜日 阪神11R 阪神カップ 1400m 芝・右/span>
3歳上オープンG2

ノーワン

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
調教助手で栗東坂路。古馬2勝クラスのメッサリーニと併せ、終始馬なりのまま半マイル54秒1ーラスト1F11秒9で優々先着。全体時計はともかく、終い鋭く脚を伸ばして軽快に駆け上がってきた動きは申し分ない。

 

土曜日 阪神11R 阪神カップ 1400m 芝・右/span>
3歳上オープンG2

シヴァージ

上昇度 : 

■□■ 短評 ■□■
吉田隼ジョッキーで栗東坂路。単走で終い一杯に追われて半マイル51秒0-ラスト11秒0を計時。騎手騎乗とはいえ、全体時計は自己ベストだし終いの伸びも十分。気合の入った道中からスムーズに伸びきり、引き続き好調子。