3回中山・2回阪神5日6日目・1回新潟1日2日目分

土曜日 中山10R 船橋ステークス 1200m 芝・右

4歳上3勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
昨年は馬連3桁配当で無難な決着だったが、近5年を見ると馬連50倍以上を3回数える波乱含みの一戦。上位人気に押されそうな馬も、時計不足、距離短縮、休み明け、久々の右回りなど、いずれかの不安要素があり、意外に比較は困難。また穴傾向も先行馬と明確だが、対象馬も多く拾い上げるのはかなり困難な作業。軸、相手とも確信が持てない以上は見送った方が無難と言えそうだ。

 

土曜日 新潟12R 平ヶ岳特別 1200m 芝・左
4歳上1勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
2013年を最後に今年復活。流石に裏開催の1200m戦らしく当時も馬連50倍以上と波乱の決着だった。今年も全体的なレベルは低く、大半が休み明け。必然的に現クラスで好走した馬からとなるが、相手は全く当てにならない馬ばかり。仮に手広く構えるにしても理由が付かない馬の激走も十分あり得る以上、的中は運に頼るところが多く手を出さない方が正解と言えるだろう。

 

日曜日 中山11R 春雷ステークス 1200m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去を見ても固い配当の決着は見当たらないが、意外なことに1番人気の連対は多く、この点は注意が必要。今年は実績からジャンダルムが人気の中心になりそうで、傾向に倣えばこの馬からの相手探しとも言えるが、ハンデ頭であることを踏まえると簡単に飛びつけない。また、ハンデやコース変わりを加味すると一変がありそうな馬もかなり存在し、正直どれが来てどれが飛んで不思議は無く馬券も見送りが正解と言えそうだ。

3回中山・2回阪神3日4日目分

土曜日 中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー 1600m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬単40倍以上が実に9回。内万馬券が5回と波乱が前提のレース。ただ、毎年フルゲートで行われているが、2桁人気で3着までの入着を見ると2回のみと少なく、無理筋な大穴狙いと言うよりは実績馬で評価を落としている馬に注意するべきレースと言えそうだ。今年も同様の該当馬が多く、またハンデも考慮すれば軸の選定は元より馬券になりそうな馬の取捨もかなり難しそうだ。となると例年通りどれが来てどれが飛んでも不思議は無く馬券は見送りが正解だろう。

 

日曜日 阪神10R 淀屋橋ステークス 1200m 芝・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年で馬連3桁配当は1度のみでまずまず波乱含みのハンデ戦。現クラス馬でも前走で馬券の対象になった馬が「下関S」の3着馬が最上位とかなりレベルに疑問符が付くメンバー構成。であれば軽ハンデも加味して昇級馬からとも言いたいが完全に抜けた能力があると言える馬が存在しないのも事実。過去の傾向から1番人気の連対率は比較的高いレースではあるものの、今年はそれも当てにできなさそうとなれば、手を出さない方が正解といえそうだ。

3回中山・2回阪神1日2日目・2回中京5日6日目分

土曜日 中京10R 恋路ヶ浜特別 2000m 芝・左

4歳上2勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
例年、出走頭数は少なく固い決着も目立っていたが、昨年は3連単37万の大波乱。今年は現クラスで2着あるレターオンサンド・まだ上が見込めるレザネフォールが人気を2分しそうだが、重箱の隅をつつくなら、前者は安定感?後者は久々と馬券外2戦は左回りと不安要素はある。ただ、これを嫌っても他で馬券候補の馬を見つけることは至難の業だし、そもそも頭数が少なく、固い決着の可能性を考慮すれば見に回るも正解だろう。

 

土曜日 中山10R 伏竜ステークス 1800m ダ・右
3歳オープン

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
近5年は硬い決着も目立つが、内3戦は出走馬が10頭以下。逆に10頭を超えると一転して波乱含みとなるレース。成長過程にある3歳馬で頭数が揃えば必然の結果とも言えるが、今年は例年に比べ頭数も多く能力差も少ないメンバー構成。馬券的に全く不要と言える馬を探す方が楽なくらいで、正直どれが来てどれが飛んでも不思議は無く馬券は見送りが正解。

 

日曜日 中山10R 春興ステークス 1600m 芝・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
施行された9年を見ると馬連3桁配当は昨年の1度のみ。ただ、中穴よりの決着が多く馬券的には組み合わせが難しいレース。ただ傾向はハッキリしており過去9年の勝ち馬は実に7頭が4歳馬。今年も中心視するべきだが、これが意外と難解で出走する4頭すべてに勢いがあり、この比較はかなり難解。配当の見返りがあれば4歳馬での馬連BOXくらいは手を出しても良いが、見返りが薄いようなら無理に手を出す必要ないと言えるだろう。

2回中山7日8日目・1回阪神11日12日目・2回中京3日4日目分

土曜日 中山11R フラワーカップ 1800m 芝・右

3歳オープン

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
近10年を見ると波乱は少ないレースだが、昨年12番人気が勝利し馬連3万円台が出たことは記憶に新しいレース。今年は素質・実績でも一枚上とも言えるユーバーレーベンが人気しそうではあるが、近5年の傾向としては明らかに先行有利。4角10番手以降の場合は3着も無いとなると乗り方次第では危うい可能性も。ただ、これを嫌っても2番手以降は横一線。当然、固い決着の可能性もあり、手広く構えられないなら先を見据えて見に回るも正解だろう。

 

日曜日 中山9R スピカステークス 1800m 芝・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
近年5年を見るとは固い決着も目立つがこれは10頭前後と少頭数の結果。今年は頭数が揃っている上に、馬券の対象になりそうな馬がかなり存在し一転波乱ムード。軸馬の選定にしても勢いある4歳馬だけの比較も難しい上に近走好走馬も加えるとかなり難解。更に3着まで考えればオミットできる馬の方が少ないとなれば無理に手を出す必要ないと言えるだろう。

 

日曜日 中京12R 豊橋特別 1400m 芝・左
4歳上2勝クラス

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
施行条件がコロコロ変わり今年は牝馬限定の1400m戦となったレース。出走馬もある程度の明暗はハッキリしているが、有力とされる馬が休み明けと言う点は気になる材料。また、直近惨敗も4歳馬に関してだけは見限れない馬も複数おり、意外な馬の台頭も十分にありそうな気配。過去のデータもない上に軸馬の選定にも不安を残す一戦となれば、今後の傾向を見定める意味も含めて見送った方が正解と言えそうだ。

2回中山5日6日目・1回阪神9日10日目・2回中京1日2日目分

土曜日 中京10R 昇竜ステークス 1400m ダ・左

3歳オープン

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
近5年を見ると馬単で40倍台が一番の安く後はほぼ万馬券と波乱が前提。ただ、例年を振り返ると1~3番人気は連対しており、要は10番人気以降の激走馬が食い込んでいるのが要因。勢いある昇級馬の比較は困難だし、上位の能力も拮抗しており軸馬の選定はかなり難解。今年も組み合わせが難解である事は明白で見に回った方が正解と言えそうだ。

 

土曜日 中山11R 中山牝馬ステークス 1800m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
牝馬のハンデ戦らしく簡単に決まらない難解な一戦。近年は昇級戦で人気薄の軽量馬が3着内に入り波乱を演出しているが、今年はそのタイプが人気になりそうで、該当馬は見当たらない。であれば実績通りの評価で良いかもしれないが、ハンデやローテを加味した場合これが意外と難解。加えて中山実績を考慮すると簡単にオミットできる馬も少ないとなれば、例年同様に馬券の組み立てはかなり難しく無理に手を出す必要は無いと言えそうだ。

 

日曜日 中山10R 東風ステークス 1600m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去5年で馬連3桁配当は無く内2回が万馬券と波乱が前提。今年は前走で馬券になった馬が2頭いるが、いずれも3着な上に連続して好走するかは疑問のつくタイプ。他に目をやってもレースレベルはともかく前走惨敗や休み明けばかりでは確信をもって軸馬選定することはかなり至難の業。一応、傾向からは内枠が断然有利で脚質もある程度ポジションの取れる差し馬が狙い目ではあるが、該当馬が多く決め手にはならない。例年同様にどれが来てどれが飛んでも不思議は無く見送りが正解と言えそうだ。

1回中山3日4日目・1回阪神・2回小倉7日8日目分

土曜日 小倉10R 芝桜賞 1200m 芝・右
3歳1勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
2011年、3連単39万円を最後に今年復活したレース。今年は外差し大前提のような小倉の短距離戦。前走「あざみ賞」の上位馬が人気になりそうだが、同週の未勝利戦の勝ち時計と比較しても抜けているとは言えず信頼度は?であれば、馬券的にも差し優先で組み立てるべきだが、3歳1勝馬では脚質に確信が持てるほどではなく、馬券の組み立ても困難なら見送りが正解と言えそうだ。

 

土曜日 小倉12R 大牟田特別 1200m 芝・右
4歳上1勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬単万馬券は実に7回と波乱が大前提のレース。馬場云々は今更いう事も無いが、意外とこのレースに限っては逃げ残りも見受けられ、それが必要以上に難しくさせている点だろう。今年は良くも悪くも力量差が少なく展開次第では過去の傾向通り一概に前後どちらが有利になるかの判断は非常に困難。例年同様にどれが来てどれが飛んでも不思議は無く見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 阪神11R 大阪城ステークス 1800m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
本来、固い決着が目立つハンデ戦も近5年はガラッと傾向一変し大波乱も目立つようになった。今年も絶妙なハンデ配分がされており、見た目以上に比較は難しそうだ。ただ、波乱の5年を見ると軽ハンデ馬の一発は無く、斤量面での割引は考えずに実績通りの評価をするべきだろう。となると、休み明けの実績馬か、近走好走ある馬のどちらを軸に選定するかは難しく、またオープン特別なら変わっても不思議ない馬も多く相手も簡単にオミットできない。傾向通り結果的に難しい選択を強いられることは明白で手を出さない方が無難と言えそうだ。

1回中山1日2日目・1回阪神・2回小倉5日6日目分

土曜日 阪神10R マーガレットステークス 1200m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
昨年は馬連4万円台の決着と大波乱。ただ、近年は固い決着もあり3歳戦らしく読みづらいレースと言えそうだ。今年は当地実績もあり小倉で快勝したマイネルジェロディやオープン実績あるフォドラが人気しそうだが、前目の競馬で結果を出してきた馬が多く、展開的に絶対視となると?無論、コース形態、開幕週を考えれば先行有利は動かないが、この中からどの馬を選択するかはかなり難解。頭数的にも配当に期待できないなら見送っても良いだろう。

 

土曜日 小倉11R 帆柱山特別 1200m 芝・右
4歳上2勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬単万馬券は実に6回と波乱前提のレース。今年は開幕週から差し・追い込みの傾向が強く出ていたが、流石に騎手の心理にも反映されており先週は前々で決着したレースも見受けられた。このレースの傾向も同様に先行馬の台頭あり、差し・追い込みと決めつけるのは危険。となると馬の能力云々よりも騎手の卸し方次第となれば事前の予想は難しい。やはり、例年同様にどれが来てどれが飛んでも不思議は無く見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 中山11R ブラッドストーンステークス 1200m ダ・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
一昨年の3連単500万は記憶に新しいがそれを除いても固い決着は少なく基本は波乱と見るべきレース。今年も現クラスで勝ち負けをしてきた馬がかなり揃い上位陣を比較しても簡単に優劣をつける事はできそうもない。また、コース形態は外枠有利で2着までみればその傾向はかなり強く出ているが、人気問わずとなると正直手は出しづらい。上位陣の能力を考えれば人気でアッサリの可能性もあり、難しい割に見返りが期待できないようなら見に回るのが正解と言えそうだ。

1回東京7日8日目・1回阪神・2回小倉3日4日目分

土曜日 小倉10R 八幡特別 1200m 芝・右
4歳上1勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
変わらず今の小倉1200m戦は未勝利・新馬を除けば差し・追い込み馬の天下状態。となると脚質、実績からディヴィナシオンが信頼できそう。だが、今年の傾向通りに人気薄の同脚質馬を押さえるとなると該当馬も多く絞り込みはかなり困難。軸が人気だけに馬券も配当と相談の上になるが、手広く構えることが出来ないなら敢えて手を出す必要もないと言えそうだ。

 

土曜日 小倉12R 紫川特別 1200m 芝・右
4歳上2勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬連3桁配当は1回のみ。また馬単50倍以上は6回、内5回が万馬券と基本は波乱。馬場状態からの傾向は上でも述べた通りで、差し・追い込み馬を中心に考えたいが、波乱時の傾向としては真逆で先行馬でも馬券になっている点は注意したい。となると馬券的には能力も十分に加味した予想となるが、先行・差し・追い込みいずれも力のある馬が複数存在しており、軸の選定すら至難の業。例年同様にどれが来てどれが飛んでも不思議は無く見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 小倉11R 小倉大賞典 1800m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬連3桁配当は無く、難解なハンデ重賞戦。傾向としては前走「中山金杯」組の好走が目立ち今年も7頭が大挙出走。最先着馬が5着と着順こそ目立たないがこの7頭の時計差は0.5秒内の僅差と着順ほどの差は無い。となると、過去の傾向を見ればこの路線の惨敗馬が巻き返してきたように今回も全ての馬にマークが必要。これに加えて他路線とも比較するとなると今年も例年通りまともに決着する可能性はかなり低いと言えそうだ。

1回東京5日6日目・1回阪神・2回小倉1日2日目分

土曜日 小倉12R 大濠特別 1200m 芝・右
4歳上2勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
上位に押されそうな馬も当てにならなそうなメンバー構成。加えて変わらず今の小倉1200m戦は引き続き差し・追い込み馬の天下状態。一応、印が回りそうな馬で、中団・後方からの競馬をする馬も目立つが、軸として信頼度できるかは?現在優勢の追い込み馬をマークするにしても該当馬が多くすべてを拾い切るのはかなり至難の業と言え、馬券も見送りが正解。

 

日曜日 東京10R バレンタインステークス 1400m ダ・左
4歳上オープン

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
ダート1400m戦となって5年目。過去4年の馬連平均配当は6千円台と波乱。今年もオープン特別なら一変があっても驚けない馬も多く、また勢いある昇級馬が揃った難解な一戦。何より軸馬の選定が難しく、直近の好走実績を取るか東京の実績を重要視するかは相当難解な作業と言えそうだ。また馬券も券種を問わず一変を警戒したい馬も数えると必要以上に手広くなる上に拾い切れない可能性の方が高くなるとなれば見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 小倉12R 大宰府特別 1800m 芝・右
4歳上2勝クラス

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬連3桁配当は1回のみ。残りの9回は馬連でも20倍以上と波乱含みの一戦。今年は頭数も少なく、実績馬イズジョーノキセキが出走。まともなら軸としての信頼度は高そうだが、唯一の懸念を言えば、これまで馬券の対象となれたのは阪神コースのみ。脚質的には問題はなさそうでアッサリまであっても不思議ないがコース変わりで疑ってかかるのも一つの手。それでも頭数が少なく見返りを考えれば無理に捻ってまで狙うレースとも言えず見に回る方が正解と言えるだろう。

1回東京3日4日目・1回中京11日12日目・1回小倉7日8日目分

土曜日 小倉10R かささぎ賞 1200m 芝・右
3歳1勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
過去の傾向からすると先行馬の台頭もあり脚質に有利不利は見受けられない。ただ、今の小倉1200m戦は先々週から引き続き追い込み馬の天下状態。ここも印が回りそうな人気馬も多く取捨はかなり難しい。ただ、これだけ追い込み有利が定着すれば騎手の心理にも当然刷り込まれ一転ペースが落ち着いた場合は真逆の結果も想定する必要はある。脚質も定まっていない3歳1勝クラス馬ならどちら転ぶかを想定することは不可能と言え馬券は見送りが正解。

 

土曜日 東京11R 早春ステークス 2400m 芝・左
4歳上3勝クラス

混戦レベル :★

■□■ コメント ■□■
過去10年を振り返ると頭数が揃わないレースの割に馬連3桁配当は3回と意外と狙いにくいレース。今年は「新潟牝馬S」を格上挑戦で3着し、この鞍上込みで人気のパルティアーモだが、そもそも勝ち馬から8馬身差では安易な高評価は?また、この舞台を得意としている馬も多く軸馬の選定は意外と難解。今年は出走頭数も多く例年以上に組み合わせに一考が必要と言えるが、その割に配当的な妙味が高くないとなれば見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 東京11R 東京新聞杯 1600m 芝・左
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬単50倍以上が実に7回。内万馬券が4回を数える波乱が前提のレース。以前は主流だった「ニューイヤーS」組の不発とローテからの関係性はなく、現在の主流は結果を問わず前走G2以上を出走した馬の巻き返し。それと近年はやや4歳馬の台頭が目立つと言ったところか。今年のメンバーも直近の実績だけで優劣をつける事はかなり至難の業と言えそうだ。軸馬選定も含めオミットできる馬も少ない以上、手を出さない方が正解と言えそうだ。