4回中山・2回中京3日4日5日目分

土曜日 中山11R レインボーステークス 1800m 芝・右
3歳上3勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬連3桁配当が1回のみと基本波乱含みの一戦。さて今年の組み合わせだが、唯一3歳馬がいない分、救われた感はあるが休み明け、現クラスで不安定、昇級馬など不確定な要素が多く比較は難解。加えてハンデも加味すると更に難しくなることは明白。コース形態も先行できる内枠有利のはずだが、過去10年をみると先行有利はそのままも、枠は外が目に付くことだろう。馬券も券種を問わず組み合わせは難解で手を出さない方が無難と言えそうだ。

 

日曜日 中京10R 納屋橋ステークス 1600m 芝・左
3歳上3勝クラス

混戦レベル :★

■□■ コメント ■□■
主軸は連勝中のナスノシンフォニーか。左回りで良績が集中し使われながら更なる良化も目立つ。加えて鉄砲も苦にせずこの鞍上なら信頼度は高そうだ。だが、2番手以降の話は別。現クラスで好走しても安定感の欠けるタイプが多いし、昇級で勢い認めても休み明けが不安と選定はかなり難解。馬券的には軸を信頼して馬連が妥当と言えそうだが、相手は手広くなるし、軸馬が人気なだけに配当と相談の上、見送りを選択することも考慮した方がいいだろう。

 

月曜日 中山10R テイエムオペラオーカップ 2000m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
ここは頭数こそ少ないが良くも悪くも能力差の少ない馬が揃った構成。要は勝ち味に遅い馬ばかりで頭までの信頼度となるとはっきり言ってどの馬も該当しないと言えること。勝ち負けも多少恵まれた馬が上位に来そうな雰囲気では軸馬を選択することは至難の業。相手も簡単にオミットできる馬が少なく、頭数的に見返りもないなら馬券も見送った方が正解と言えそうだ。

4回中山・2回中京1日2日目分

土曜日 中山10R セプテンバーステークス 1200m 芝・右
3歳上3勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬連3桁配当が1回のみと基本波乱含みの一戦。ただ、傾向かなり顕著に出ており開幕週と言う事からも圧倒的に先行馬が有利な点。特に近5年に関しては一旦でも先頭、または逃げた馬が連対しておりこの点は頭に入れておきたい。また、同じく近5年を見ると、1,2着馬はすべて牝馬が占めている点。この傾向からも先行する牝馬が狙い目だが、人気問わずこのタイプを拾い上げた上に実績馬の評価をするとなると該当馬が多く絞り込みは不可能。馬券的には妙味があればワイドで手広く構えて見返りがあればいいが、それ以外は組み合わせが難解で手を出さない方が無難と言えそうだ。

 

日曜日 中京10R ムーンライトハンデ 2200m 芝・左
3歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
今年は中京競馬場での開催となり、過去の傾向云々は該当しない為、出走馬の能力比較を重視して判断したい。まず、人気になりそうなショウリュウイクゾだが、安定した戦績は認めるが、左回りが初。また3歳馬アドマイヤビルゴは距離を伸ばした前走で初めて負けており、距離不安もある。加えて両馬とも休み明けを加味すると信頼度は?いずれも重箱の隅をつつくような話ではあるが、人気になるだけにリスクと天秤にかけると買うほどのメリットは?ただ、上記2頭の不安が的中した場合に次位の馬となると、いずれも軸としての信頼度は?当然、固い決着もあるだけに手広く構えることも出来ず、難しい割に妙にが無いなら見に回るのが正解と言えそうだ。

3回新潟・2回小倉・2回札幌7日8日目分

土曜日 札幌10R 札幌スポニチ賞 1200m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
このレースは6年連続で馬単50倍以上、内万馬券が4回と波乱が大前提。今年も昇級3歳馬が人気になりそうだが、波乱の6年間で3歳馬の勝利数はゼロ。いずれも鞍上込みで過剰に人気になりそうで、不安がある割に信頼度は?展開面の読みも難しく、これと言った強調材料がどの馬にも無いとなれば、どれが来てどれが飛んでも不思議はなく馬券は見送りが正解。

 

土曜日 小倉11R テレQ杯/strong> 1200m 芝・右
3歳上3勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
今年から芝1200m戦に施行条件が変わったレース。ここは前走「佐世保S」からの臨戦馬が主力となりそうな組み合わせ。上位の3頭が時計的に頭一つ抜けた存在だが、当時が定量戦であったことを踏まえると話は別。ハンデ戦に変わり斤量差が詰まるし、当時が休み明けで一変してくる馬も存在するはず。ただでさえ、上記3頭の比較も難しいし、更に上昇しそうな馬も考慮すると軸馬選定は至難の業。ハンデを加味すれば見当もつかない馬が食い込んでくる可能性も高いとなれば馬券も見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 新潟9R 飯豊特別/strong> 1200m 芝・左
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年を振り返ると馬連3桁配当は無く、また一昨年は馬連で3万円台を演出した波乱含みのレース。今年は頭数こそ落ち着いたが安定感のある馬が少ないことに加えて、前走この距離で勝ち負けした馬はおろか、掲示板に載った馬すら一頭もいないという極めて難解な組み合わせ。傾向的にはペース問わず後方一気は不利で、ある程度は前目で競馬が出来るタイプが有利と言うことくらいか。ただ、それだけで馬券を組み立てることはできないだろうし、とにかく当てになる軸馬が選定できないとなれば馬券は見送りが正解と言えそうだ。

3回新潟・2回小倉・2回札幌5日6日目分

土曜日 小倉10R 西海賞 2000m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
近4年は1番人気が連対し固い決着だが、今年は直近で連対した馬が少なく波乱もありそうな組み合わせ。3歳馬ボンオムトゥックが久々も仕上がり良好で尚且つ軽い芝も問題なく信頼が出来そうだが、重箱をつつけば初の2000mと小回りコースくらいか。ただ、これを嫌っても2番手以降は難解で軸を信頼できたとしても馬券の組み合わせは難しそうだ。馬券的には馬連で手広く構えて見返りがありそうなら良いが、妙味が無いなら見送りが正解。

 

日曜日 札幌9R 小樽特別 1200m 芝・右
3歳上1勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
近5年で馬単50倍以上が4回。内3回が万馬券と波乱が前提のレース。ただ、配当ばかりに目が行くが実際は馬単でも1.2番人気はどちらかが連対しており上位に支持されればそれなりに信用をしていいという傾向も頭に入れておきたい。また逆に穴馬の傾向は後方からの直線一気と単純に展開がハマった馬が来ている点。近5年以前もこのタイプが穴を開ける傾向が顕著なレースではあるが、該当馬を探し出すことは至難の業。馬券的にも穴狙いで手広く構えても取りこぼす公算の方が高いとなれば見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 札幌12R 支笏湖特別 1800m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
例年、落ち着いた頭数で行われるが、近5年を振り返ると昨年こそ馬連3桁配当だったが、それ以前は馬単万馬券を2回数える波乱含みのレース。何より近5年で3着まで広げても1番人気は1回、2番人気は2回と当てにならい点。頭数が少なく上位陣に目が行きがちなレースなだけにこの点は注意が必要。今年のメンバーも比較的に好調馬が多く、馬券の組み合わせは難しい判断を強いられそうだ。固い決着も考慮すると手広く構えることも出来ないとなれば無理に手を出す事も無いと言えそうだ。

3回新潟・2回小倉・2回札幌3日4日目分

土曜日 小倉9R 都井岬特別 2000m 芝・右
3歳上1勝クラス

混戦レベル :★

■□■ コメント ■□■
近5年を見ると一昨年のみ固い決着だったが、それ以外は馬単50倍以上が3回、内万馬券が1回と波乱傾向。今年は昇級初戦でいきなり2着と高い能力を示したアステロイドベルトが人気。これまで3着を外していない堅実さからも当然と言えるが、過去に連対を外した2戦はいずれも小回りの小倉・福島と額面通りの信頼度は?ただ、これを嫌っても他に同様の不安や休み明けなど課題のある馬ばかりで軸としての信頼できる馬は見当たらない。頭数も少なく配当面での期待が薄れた分、手を出しても妙味は無く見送りが正解。

 

土曜日 札幌12R 千歳特別 1200m 芝・右
3歳上1勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
基本は固い決着のレースではあるが、近5年で1.2番人気の決着はなく馬券の組み合わせは一考を要するレース。今年の主力は「礼文特別」と翌週の1勝クラスとなるが、時計は1分9秒0前後と差はなく混戦。更に未勝利を1分8秒6で勝ち上がった馬など、かなり比較が難しい。単純に軸の選定は難解な上に相手も意外と手広くなりそうな気配。ただ、馬券的には固い決着の可能性も考慮すると手広く構えるのも難しく無理に攻めることは無いと言えそうだ

 

日曜日 小倉11R 北九州記念 1200m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
サマースプリントシリーズの第4戦。過去10年を見てわかる通り、上位陣の信頼度が極端に低いレース。今年はG1「高松宮記念」の勝ち馬が出走と本来なら軸は安泰?なはずだが、休み明け、重ハンデ、逃げ馬不振と3重苦となると信頼度は?また、傾向から一つ言えば過去10年での3着内を見ると小倉芝で勝利のある馬が86%と高打率。人気は無くともこのタイプは押さえた方いいだろう。無論この条件を汲み取った上に、実績馬までフォローすると絞り込んでの購入は不可能だし、手広く構えても取りこぼす可能性が高いとなれば見送りが正解と言えそうだ。

3回新潟・2回小倉・2回札幌1日2日目分

土曜日 新潟10R 新発田城特別 1400m 芝・左
3歳上2勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
近5年を見ると一昨年は1,2番人気で固く収まったが、それ以外は馬単50倍以上が3回、内万馬券が2回と波乱傾向。基本は先行力のある馬が有利のコース形態ではあるが、過去10年の3着馬までを見てもやや目立つ程度。要はペース次第でどちらに転ぶか見当が使いない事が厄介の要因。ある程度の上位陣は前目で競馬する馬が目立ち、結果、差し競馬になるようであれば、正直どれが来てどれが飛んでも不思議はなく見に回る方が正解と言えそうだ。

 

日曜日 小倉9R 筑紫特別 1200m 芝・右
3歳上1勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
近2年は頭数も少なく固い決着だが、頭数に比例して波乱要素が強くなる一戦。さて、今年だが、フルゲートになり難解な年に該当しそうだ。また、出走馬も大半が休み明けで、逆に6月からの始動馬は凡走ばかり。となると流れ的にも長期明けでも現級に目途を立てている馬となるが、仕上がり具合を含め信頼度となると?いずれにせよ軸馬選定も困難な上に相手も絞り切れないとなれば手を出さない方が賢明だろう。

 

日曜日 新潟11R 関屋記念 1600m 芝・左
3歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
サマーマイルシリーズの第3戦。過去10年を見ると馬連3桁配当は無く波乱含みの一戦。ステップ的には前走「中京記念」からの馬が目立ち、今年も6頭が参戦。ただ、その他になると決まった臨戦は無くその点は注意したい。また、今年は例年に比べメンバーが揃っている印象もあり、軸馬の選定はかなり困難。加えて能力的にも簡単にオミットできる馬の方が少ないと言える状況。馬券的にも確信の出来る軸馬が不在の上に、手広く構えても取りこぼす可能性が高いとなれば見送った方が正解と言えそうだ。

2回新潟・1回札幌5日6日目分

土曜日 札幌10R 桑園特別 1700m ダ・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
この条件で施行されて3年。初年度こそ馬連も3桁配当であったが、近2年は馬連2千円台の中波乱傾向。レース傾向として顕著なのは差し馬の不発が目立ち4角5番手以内でないと3着すら無いということ。要は極端な脚質はそれだけで割引になるが、今年は明らかに先行激化の様相で一概に傾向を鵜呑みにすると危険の可能性も。また、能力的に抜けた馬もおらず、直近好走も安定感は?で人気になっても信頼できるかは疑問。ハンデ云々よりも結果的に展開がすべてのカギを握っているようでは予想も困難。的中には運も必要となるだろう。

 

日曜日 新潟11R レパードステークス 1800m 芝・左
3歳オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
数少ない3歳馬のダート重賞戦。2009年から施行されて16年まで大波乱とは無縁のレースではあったが、近3年は傾向ががらりと変わり古い順に3連単80万、67万、27万の大波乱。傾向からは大井「ジャパンダート」からの臨戦であれば惨敗でも十分に巻き返している点と、波乱とは言え1番人気を3着までみれば近10年で圏外は2年前の1回のみと堅実な点のみ。仮に1番人気を信頼するとしても全体的に好調な馬がかなり多く、簡単にオミットできる馬が少ない。馬券も券種を問わずかなり手広く構えても拾い切れない可能性は大となれば見に回るのが正解と言えそうだ。

2回新潟・1回札幌3日4日目分

土曜日 新潟11R 新潟日報賞 1400m 芝・左
3歳上3勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
近5年を振り返っても馬単で90倍以上が4回、内万馬券が2回と波乱前提と考えるべきだが、注目すべきはこの5年で1番人気は2着が3回とそれなりの実績があること。ただ、今年のメンバーをみると仮に1番人気になっても仕方なく押し出された馬が該当しそうで、信頼度となると?また傾向的に連対した馬の近5年をみると4角5番手以内が8割と断然に先行有利となっており、人気薄のこのタイプが波乱を呼んでいる事は明白。無論、これだけでは馬券を組み立てる要素としては確信が持てる訳もなく見に回る方が正解と言えそうだ。

 

日曜日 札幌12R 札幌道新スポーツ賞 1500m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年まで道新スポーツ賞として施行。今年から条件は変わらず名称だけ変更されたレース。札幌1500mという特異な条件で、スタートからすぐ2コーナーに入る分、ペースが落ち着きやすい傾向。当然、前受けできる馬が圧倒的に有利で後方一気はまず決まらない。今年は素質高い3歳馬が人気になりそうで、脚質的にも大きなマイナス要素は無いが、序盤からの激しいポジション争いに太刀打ちできるかどうかがポイント。加えてハンデ戦も加味すれば、先行激化の可能性も高く、正直どれが来てどれが飛んでも不思議はなく馬券は見送りが正解と言えそうだ。

2回新潟・1回札幌1日2日目分

土曜日 札幌11R しらかばステークス 1200m 芝・右
3歳上3勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
2012年までオープンのダート1700m戦として施行されていたが、条件が変わっての開催。「UHB杯」「Tvh杯」を使ってきた馬が大挙してきたが、最先着馬の比較をすると「UHB杯」は1分7秒8。「Tvh杯」は1分9秒0。ハンデ戦、定量戦と条件が違うものの、共に良馬場発表ではあるが、時計で1秒以上の差がある。これを紐解く上で「UHB杯」の前日同条件の2勝クラスが勝ち時計が1分7秒9。時計面を鵜呑みにして予想するのはかなり危険。更に別路線との比較も考えると波乱を前提で考えるべきレース。当然、的中も運の要素が強くなりそうで馬券は見送った方が正解と言えそうだ。

 

日曜日 札幌10R 知床特別 1200m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年はやや出走頭数が目減りしている傾向だが、それでも内3回は馬単が万馬券と波乱。さて今年も同様の出走頭数に落ち着いたが、現クラス馬を冷静に見ると地力はあるが近走不発と言う馬が多くいつ変わってきても不思議はない。また、これなら昇級馬と言いたいところだが、いずれも勢いは認めても軸としての信頼度となると?要するにここは、軸馬の選定が困難だし、一変を警戒するとなると簡単にオミットできる馬の方が少ない。正直どれが来てどれが飛んでも不思議はなく馬券は見送りが正解と言えそうだ。

2回福島・4回阪神・2回函館5日6日目分

土曜日 福島9R いわき特別 2000m 芝・右
3歳上1勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
ほぼ4歳対3歳勢の構図となった一戦。まず人気サイドの4歳勢は安定感もそうだが、決め手に欠けるタイプで主軸とするには不安があるし、また3歳勢も成長度を加味するとどれが変わってくるかの判断はかなり難解。要は比較できる材料が少なく馬券的に自信をもってオミットできる馬が少ないという事。頭数は少ないが単純に考えても半数以上が馬券の対象となるようでは、的中も運の要素が強く見送った方が正解と言えそうだ。

 

土曜日 福島10R 鶴ヶ城特別 1200m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
近5年を振り返るとほぼフルゲートの一戦ではあるが意外と3桁配当は目立たず波乱の要素は少ない。ただ、今年は前走「さくらんぼ特別」から4頭の出走も0.5秒差内に収まっている事と、馬場差を考慮しても時計面での評価が微妙であることは否めない。となると他路線からと言いたいが、勢い認めても絶対視となると?荒れない割に1番人気の信頼度は低いだし、今年は上位でも混戦と言える雰囲気があり手を出さない方が賢明と言えそうだ。

 

日曜日 函館11R 函館記念 2000m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
サマーシリーズの第2戦で先週の「七夕賞」同様に難解なハンデ重賞。近10年で1、2番人気が連対したのは僅か4頭だし、逆に2桁人気の台頭も目立つ。結果、過去10年で馬単50倍以上が9回、内、万馬券が実に6回と波乱前提で考えるべきだろう。何より前走「巴賞」をステップに参戦する馬が多いが、好走して人気になっても不発と言うパターンが多いことが要因。近走不振でも地力があればアッサリ巻き返してくる馬をケアするとなると軸馬選定すら困難で正直、どれが来てどれが飛んでも不思議はなく馬券は見送った方が正解と言えそうだ。