1回東京・2回京都5日6日目・1回小倉9日10日目分

土曜日 小倉11R 紫川特別 1200m 芝・右
4歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去の傾向を見ると18,19年は混合戦で行われた時期もあったが、それを抜きに見ても馬単万馬券が頻発する波乱前提のレース。コース形態の基本は先行馬中心となり、前走「巌流島特別」を先行して馬券になった馬が人気を集める可能性は高い。ただ、開催9日目ともなれば馬場が荒れてくることは必然。特に近年は差し・追い込み決着が顕著の表れており、同様に考えるべきだろう。ただ、脚質傾向が読めても人気は関係無く来ている事から軸馬の選択も含め相手もかなり難解。手広く構えても拾い切れない可能性が高いとなれば見送りが正解。

 

土曜日 京都11R 洛陽ステークス 1600m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近年は頭数が揃わず手頃な一戦にも見えるが、今年は好走・凡走のムラが多いタイプが揃い難解な一戦。ここは素質から人気に押し出される馬もいるが信頼度としては?更に今の力がいる京都の馬場なら変わってくる可能性の馬も複数いるとなると、軸馬の選定は意外と難解。無論、固い決着の可能性もあり配当と天秤にかけてもリスクの方が高いとなれば見送った方が無難と言えそうだ。

 

日曜日 小倉11R 北九州短距離ステークス 1200m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
単純に馬柱を見ても難解な印象を強く感じるレース。これなら立て直した地力上位のアンヴァルが人気になりそうではあるが今回は久々の分、不安があることも事実。ただ、これを嫌っても2番手、3番手で軸馬を選択することもかなり難解。また、近走で凡走が目立つ馬が多く例年通り2,3着は人気薄の台頭も十分にあり得る気配。当然、穴馬に見ちな法則もなく狙って取れる可能性は低いとなれば馬券も見送りが正解だろう。

1回東京・2回京都3日4日目・1回小倉7日8日目分

土曜日 小倉12R 大牟田特別 1200m 芝・右
4歳上1勝クラス

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬単万馬券が実に半数と波乱が前提の一戦。近5年の傾向としては人気薄の逃げ馬の台頭が目立つことと10年で1番人気が勝てていない事が波乱の要因。ただ、2,3着も前か?というと後方からの差し・追い込みでも馬券になっていることから展開面から馬券を絞り込むことも困難。要するに馬券的にも運の要素がかなり強く見送りが正解。

 

日曜日 京都10R 山城ステークス 1200m 芝・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昇級でいきなり2着したプリディカメント。上り32秒6とインパクトのある末脚を披露して、ここも人気しそう。ただ、傾向としては顕著に前が有利で、脚質、定量戦と条件が厳しくなる事からも全幅の信頼は?また、前有利といっても有力どころが揃いそこから軸馬を選定するのは困難と言えそう。基本的に波乱が前提なだけに意外な組み合わせでも配当的に大きく跳ねることは無く、難しい割に妙味が薄いとなれば見送った方が無難と言えそうだ。

 

日曜日 小倉11R 関門橋ステークス 2000m 芝・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年は馬連万馬券と大きく荒れたが、固く収まるケースもあり傾向的に難解なレース。今年は前走で掲示板を確保した好調な馬も多い上に「菊花賞」からの出走馬もおり、力関係の比較はかなり難解。馬券的に確信をもって切れる馬の方が少なく手広く構えたいところではあるが、スムーズ人気サイドの決着だとリスクの割に旨みは無く無理に攻める必要はないと言えるだろう。

1回東京・2回京都1日2日目・1回小倉5日6日目分

土曜日 京都9R 梅花賞 2400m 芝・右
3歳1勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
例年頭数が揃わず、比較的に固い決着が目立つ一戦。また、全馬2400mが初で血統背景的に対応できそうな馬が人気となりだが、今年はメンバーレベルが拮抗している状況で安易に飛びつくのは?頭数の割に馬券的に不要とまで断言できる馬の方が少なく絞り込みは意外と難解。ここは例年通りの固い決着も考慮すると旨みはなく馬券は見送りが正解。

 

土曜日 小倉12R 小郡特別 1200m 芝・右
4歳上1勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
小倉の1200m戦で1勝クラス。この条件からも波乱の予感はあるが、過去の傾向を見ても10年で3桁配当は僅かに1回、馬単40倍以上は優に8回と難解なレース。直近の実績から比較をしたいところではあるが、何より凡走馬が多く参考にならない。ただ、荒れている割に1.2番人気がどちらも飛ぶ度合いが少ない点だが、相手に関してはどれが来てどれが飛んでも不思議ない点。馬券的には目をつぶって総流し位の覚悟が無ければ見送った方が無難だろう。

 

日曜日 京都11R シルクロードステークス 1200m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
基本は波乱のハンデ重賞ではあるが、馬連に関しては5番人気以内での組み合わせ決着も目立つ。それでも人気割れの分、そこそこの配当にありつけるレース。ただ、3着馬に関しては説明の使いない10番人気以降の激走馬が入り込んでくることも多く3連馬券はかなり難解。馬券的には配当との相談になるが、馬連の上位BOX程度で見返りがあるようなら狙っても面白いかもしれないだろう。

1回中山・1回京都8日9日目・1回小倉3日4日目分

土曜日 京都9R 睦月賞 2400m 芝・右
4歳上2勝クラス

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
例年通り、頭数が揃わず、一見すると狙い易くも見えるが、過去10年で馬連3桁が2回のみと意外と組み合わせは難解な傾向。ただ、連軸としては1.2番人気の両方が飛ぶことは少なく、ある程度広く構えればそこそこの配当も手にできそう。ただ、今年は連軸候補が数頭おり、この選択が重要。かなり頭数も少なり固い決着も考慮すると旨みはなく見送りが正解。

 

土曜日 京都11R 石清水ステークス 1400m 芝・右4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年で馬連40倍以上が4回、内万馬券が2回と波乱傾向。今年は好調な馬が揃い上位陣でも比較の難しい組み合わせで、軸馬の選定はかなり困難と言えそうだ。となると、ただでさえ手広く構えたいレースで軸の決め手がないとすれば、券種を問わず絞り込みは困難。正直、どれが来てどれが飛んでも不思議なく見送りが正解。

 

日曜日 小倉10R 壇之浦特別 1800m 芝・右
4歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
これまで、馬連でも10倍~30倍程度で収まっていたが、近3年は70倍、50倍、万馬券と一気に波乱傾向となったレース。今年も上位評価されそうな馬も連続して好走した実績も乏しく当てにならない馬ばかり。穴馬の傾向としても顕著に表れている傾向は無く波乱前提で馬券を組み立てるとしてこれと言った決め手もない。かなり手広く構えたとして的中を得るには運の要素がかなり必要で見送った方が正解と言えそうだ。

1回中山・1回京都6日7日目・1回小倉1日2日目分

土曜日 小倉11R 愛知杯 2000m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
今年は小倉に舞台を移して施行されるが、過去2010、11年も行われている。当時の結果から見るといずれも馬単50倍以上とやはり波乱。それでも中京で行われるよりも固い?と見えなくもないが、そもそもクラスが2つ下でも馬券になる可能性が高いレースだけに難解と見ていいだろう。今年は「エリザベス女王杯」を使った馬が6頭出走で比較的馬券になっている確率も高いが、着順問わず巻き返しも多いだけに意外と手広く構える必要はありそうだ。ただ、このラインが崩れるとどれが来てどれが飛んでも不思議はなく馬券も見送りが正解だろう。

 

土曜日 中山11R ニューイヤーステークス 1600m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年で馬連50倍以上が2回3桁配当は1回と波乱傾向。何より今年は休み明け、前走惨敗馬ばかりで、主軸の選定もかなり難解。また、差し有利な舞台ではあるが意外と先行馬の粘り込みも目立ち更に難解な傾向となっている。ここは立て直して一変してきそうな馬もかなり存在するし、近走からデキを見極められない以上、絞り込みも困難で馬券も見送りが正解。

 

日曜日 小倉11R 巌流島特別 1200m 芝・右
4歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
小倉1200mのフルゲートというだけで難しい印象ではあるが、過去の傾向を見ても一筋縄ではいかいないレースと言えそうだ。今年は1200m戦で連対を外していないメイショウキョウジが人気になりそうだが、3か月の休み明け。前回の休み明けも惨敗しているだけに全幅の信頼となると?ただ、これを嫌っても他は横一線。例年通り波乱決着の可能性も高く、軸馬の選定も難しく、券種を問わず的中を得るには運の要素も必要と言えそうだ。

1回中山・1回京都3日4日5日目分

土曜日 中山11R 迎春ステークス 2200m 芝・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
近5年を見ると大波乱もなく人気サイドの決着も多いレースではるが、近走で良績を残す好調馬が揃った意外と難解な組み合わせ。中山コースに良績がある馬も多く、また、かなりの馬が休み明けと状況把握は難しい。仮に軸馬の選定が出来たとしても相手は意外と手広く構える必要がありそうだ。傾向通りなら固い決着も視野に入れなければならず、手広く構えることも出来ないとなれば見送りが正解だろう。

 

日曜日 京都11R シンザン記念 1600m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年を見ると馬連40倍以上が4回あり内2回が万馬券と波乱傾向。朝日杯からの転戦組か、直近でインパクトのある勝ち方をした馬に注目が行くのは仕方ないが、やはりその点は3歳馬。過去10年、1番人気の連対は3回のみと信頼度は?今年もある程度は上位人気が固まりそうだが、過去人気馬同士で決まったレースは1度しかなく、頭数に関わらず荒れたレースが多い点は判断に迷うところ。目立った穴馬の傾向は無く闇雲に手を広げても的中を得るのは難しくまた、今年は固い決着の可能性もある以上、無理に手を出す必要な無いだろう。

 

月曜日 中山9R 成田特別 2400m ダ・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年こそ人気決着も昨年は馬連万馬券、2年前に至っては馬連4万馬券の大波乱。主力となりそうな前走「伊勢崎特別」「香取特別」が定量戦でいずれもスローペースでの決着。過去の傾向では乱ペースになる事もある上、ハンデ戦を加味すると入れ替わる可能性は十分にある。また、どちらのレースを優先するかの見極めも重要だが、単純な比較ができないだけに難解。いずれにしろ、的中を得るにはここは運の要素も必要と言え、見送った方が無難と言えそうだ。

1回中山・1回京都1日2日目分

日曜日 中山10R サンライズステークス 1200m 芝・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去の傾向を見ると馬連50倍以上の波乱が半数あるが、逆に固い決着も目立つ難解なレース。今年のメンバーを見ると直近で好走している馬が人気の中心になりそうではあるが、距離短縮や安定感は?ただ、これを嫌って他と言っても意外と骨っぽいタイプが目立ち意外な馬の激走があっても驚けない。中山1200mらしく外枠有利の傾向ではあるが、どちらにせよ馬券的に軸馬の選定も難しく、また絞り込んでの購入は厳しくなる以上、見送った方が無難と言えそうだ。

 

日曜日 京都11R 京都金杯 1600m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
比較的に近走で好走の馬が揃い意外と上位は拮抗ムードのメンバー構成。近年は「リゲルS」からのローテ馬が馬券になっているが、勝ち馬がトップハンデとなっており、このレースの傾向から見ると苦戦。となれば活躍が目立つ明け4歳馬に目が行くが、人気の「カテドラル」は脚質的に見れば不発の可能性も考えると絶大な信頼度は?能力的には意外と馬券圏内に食い込んでも不思議ない馬も目立つ組み合わせで、仮に人気馬を信頼するにしても馬券的には馬連で手広く買うかワイドで攻めるかが妥当と言えそうだ。

5回中山・5回阪神9日目分

土曜日 中山10R 立志ステークス 1600m 芝・右
3歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年はダート1800m戦。今年は芝1600m戦で施行される。ここは「アネモネS」で当地での勝利がある3歳馬ルガールカルムが人気になりそうだが、古馬勢でも現級でそこそこ走れている馬が揃いその上、ハンデ戦ともなると絶対視は?ただ、これを嫌っても古馬で安定感があると言える馬は見当たらないし、条件替わりで激走しそうな馬も存在するのが事実。仮に人気の3歳馬を信頼したとしても相手は意外と難関で配当的に妙味がないようであれば見送りが正解と言えそうだ。

 

土曜日 阪神12R ファイナルステークス 1200m 芝・右
3歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去の傾向から近5年を振り返ると馬連3桁配当はなく波乱傾向。ただ、連対を見ると1番人気は3回、2番人気は2回といずれかが連対しているレース。要は相手を選択するのが難しい訳だが、今年も比較的に傾向と合致していそうな雰囲気。となると軸さえ決められればとなりそうだが、上位拮抗ムードでこれも意外と難解。軸の選定に確信があれば馬連で手広く構えるのも手ではあるが、安全を期すなら配当と相談となるがワイドで攻めるくらいが妥当と言えそうだ。

5回中山・5回阪神7日8日目分

土曜日 阪神11R 阪神カップ 1400m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
波乱前提が定着してきた1400mの重賞戦。重賞での実績、阪神1400mでの好走歴があれば近走内容は不問で馬券になる為、不要な馬の取捨がかなり難解。特に前走「マイルチャンピオンS」からのステップであれば惨敗していても一変の可能性が高いことが波乱演出の要因。馬券の購入も波乱前提で手広く構えても拾い切れない可能性の方が高く、見送った方が正解と言えそうだ。

 

日曜日 阪神10R クリスマスキャロル賞 1600m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去の傾向から近5年を振り返ると実に馬単万馬券が4回。ただ、人気を見ると10番人気以降の激走と言うよりは、5番人気前後の組み合わせでの結果となっている。また、1番人気に至っては連対すらない状況と信頼度は低い。今年も1番人気になりそうな3歳馬がいるが久々に加えハンデも決して軽いとは言えず不安はあり傾向と合致しそうな雰囲気もある。ただ、これを嫌っても馬券は手広くなることは確実。ここは配当との相談ではあるが多少とも手広く構えることが出来るならワイドで攻めるくらいが妥当と言えそうだ。

5回中山・5回阪神・4回中京5日6日目分

土曜日 中山11R ターコイズステークス 1600m 芝・左
3歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬連万馬券が半分と波乱のハンデ戦。とにかく、傾向的に見ても年齢、ハンデ、ステップ、展開等、いずれも顕著に表れている傾向が無く、波乱前提で勝負するにしても全く見当がつかないレース。当然、これまでの実績から人気に押される馬も目星はつくが、正直このレースに限って信頼できる党は言えず、馬券も運の要素がかなり強くなるとなれば見送りが正解と言えそうだ。

 

土曜日 中京12R 中京日経賞 1400m 芝・左
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
2年連続で馬連万馬券での決着。馬単では4年連続で万馬券とまず波乱が前提のレース。今年も際立って抜けている馬の出走は皆無だし、能力的に足りていても勝ち味に遅く取りこぼす可能性が高い馬ばかりで信頼できそうな軸馬を選定するのも難しい。傾向的に外枠が断然有利と出ているが、これだけで馬券を組み立てることは困難で手は出さない方が無難と言えそうだ。

 

日曜日 阪神10R 元町ステークス 1600m 芝・右
3歳上3勝クラス

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
かなり上位拮抗のメンバー構成。単純に見ても勝ち負けできそうな馬の方が半数以上いると言え、3着までならかなりの馬が該当しそうだ。人気割れで馬連の上位人気でも配当はつきそうではあるが、組み立ては難しく軸を決めるのは難しい。であれば配当との相談でどこまで拾えるかはカギとなるが、馬連BOXかワイドで攻めるのが妥当と言えそうだ。