2回福島・4回阪神・2回函館3日4日目分

土曜日 函館10R 恵山特別 1800m 芝・右
3歳上1勝クラス

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
近10年を振り返ると頭数が少ない割に馬連3桁決着は1度きり。だが、意外と人気サイドの決着も目立ち、大波乱と言うよりは組み合わせが難しいレース。今年も前走同条件の「北斗特別」から上位3頭(3~5着)が出走するがタイム差は0.1秒内。この比較でもかなり難しい上に他路線、特に勢いある3歳馬など、主軸を選定することはかなり難解。今年は例年以上に頭数が少なく、全く旨みも無い上に組み合わせも難解となれば見送った方が正解と言えそうだ。

 

日曜日 函館10R 横津岳特別 2600m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
例年、出走頭数が10頭前後とかなり少ないが、近10年で馬単50倍以上が6回も占める波乱含みのレース。まず1番人気はこの10年で2勝・2着1回と不振。理由があるとすれば器用さ求められるコースに対し、大箱で結果を出して人気になった馬の不発が要因だろう。今年も中央である程度の実績で人気になるなら疑ってみた方が良いだろう。馬券も組み合わせは難しく見送りが正解。

 

日曜日 福島11R 七夕賞 2000m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
サマーシリーズ第一戦と夏競馬到来を告げる名物のハンデ重賞。兎に角2桁人気馬が馬券に絡むことが多く波乱が前提。まず、明確なステップレースが無く、またここから始動という馬がキッチリと立て直されてくるのが激走の要因。要するに前走の結果は問わないし、単純に如何に仕上がっているか?の判断が重要でこれが難解。加えてハンデも加味するとなると、軸馬選定から運の要素が強く馬券は手を出さない方が無難と言えそうだ。

2回福島・4回阪神・2回函館1日2日目分

土曜日 阪神11R 大阪スポーツ杯 1400m ダ・右
3歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
元来、ハンデ戦でも固い決着が既定路線だったレースだが、近2年は傾向が一変し波乱。傾向から見ると先行馬有利が定番も近2年は差し・追い込み決着。また、前走「天満橋S」から6頭と主力を形成しているが上位陣に差は無く比較はかなり難解。加えて別路線からも見限れない馬が多く、簡単にオミットできる馬は少ない。正直、多少でも恵まれれば馬券になりそうなレースでは運の要素が強く見送った方が無難と言えそうだ。

 

土曜日 函館12R 北海ハンデキャップ 1800m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
例年、頭数が揃わない割に過去10年で馬連3桁配当もなく、50倍以上となると6回を数える波乱前提のハンデ戦。傾向的には先行する人気馬が斤量からか早め仕掛けで失速と言うパターンになりやすく、差し・追い込み決着が目立つのが特徴。今年も昇級でトップハンデのレーガノミクスが前述のタイプに該当するが軸として決め打ちするのは?ただ、他は当てになる馬も皆無で例年通り理由付けの難しい波乱決着が見込める以上、馬券は見送りが正解。

 

日曜日 阪神11R CBC賞 1200m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
中京開催の開幕重賞ではあるが今年は阪神で行われる。基本はヒモ荒れが目立つハンデ戦だが、11年に1度阪神で行われた結果を振り返るとトップハンデ馬が勝利しほぼ順当な結果。当時、前走「高松宮記念」を降着した馬が勝利と今年の人気馬と被る結果だが、軸馬の信頼度としてはかなり高そう。となると傾向通りヒモ荒れを想定した相手探しとなるが、これがかなり難解。手広く構えて妙味があるかは疑問で見返りが薄いようであれば手を出す必要は無いだろう。

3回東京・3回阪神7日8日目・1回函館5日6日目分

土曜日 東京10R 八ヶ岳特別 1800m 芝・左
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
現級で馬券になっている馬も安定感と言うと?が付く組み合わせ。また昇級してくる馬も1勝クラスでそれなりに時間のかかった馬ではいきなりはどうか。人気自体があてにならないし、これだけ不安定な馬ばかりではどれが飛んでもおかしくない。ワイドはともかく、馬連でも的中を得るのはかなり難しいと言え馬券は見送った方が正解だろう

 

土曜日 函館11R 湯の川温泉特別 1200m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
前走「函館日刊スポーツ杯」から4頭の参戦。その前走を振り返ると最先着の4着から8着の間に3頭いるが着差は僅か0.2秒差。翌週の「STV杯」から2頭も1分8秒8~9と大接戦。時計面では「函館日刊スポーツ杯」が優勢だが、レースレベルそのものを考えると優劣が付けづらいのも確か。主力をどちらのレースから選定するにしても確信できる軸馬を決めることは容易ではないし、馬券圏内となると上記以外の馬も該当する可能性も大。正直、ここはどれが来ても不思議はなく、馬券を当てるには運も必要だろう。

 

日曜日 東京11R パラダイスステークス 1400m 芝・左
3歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
近5年で馬単、万馬券が3回。内2回が2万円台と波乱の傾向。単純にオープン特別のハンデ戦なら一変があっても驚けない馬が多く、見た目以上に今年も混戦模様。直近で実績がある馬が人気になりそうだが、舞台が東京に変わり同様の信頼度は望めそうにない。傾向から近5年は前有利となっており案外この点からアプローチするのも悪くないか。ただ、それでも絞り込んでの勝負は難しく、取りこぼす可能性は高くやはり見に回るのが正解と言えそうだ。

3回東京・3回阪神5日6日目・1回函館3日4日目分

土曜日 東京9R 町田特別 2400m 芝・左
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
今年で3回目となるが、過去2年は比較的に堅い決着。さて今年だが、馬柱をみて一目瞭然だが、2000m~2600mで実績を残している馬が大挙出走。能力差が少なくペース次第で着順も大きく変わりそうなレースと言えそうだ。当然、軸馬を選定することは難しい上、簡単にオミットできる馬の方が少ないとなれば馬券も見送りが正解だろう。

 

土曜日 函館11R STV杯 1200m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で1番人気が5勝と人気サイドの決着も目立つが、その割に3桁配当は少なく、購入方法がポイントとなりそうなレース。何より、今年は現クラスで頭打ちの馬が多く、これだと昇級馬が人気になりそうだが、単純にコース変わりで期待ほどのパフォーマンスとなると?更に現クラスでの実績上位馬も安定感が無く軸としての信頼度も同じく?軸馬選定も難解で相手も絞れないなら馬券も見送りが正解だろう。

 

日曜日 阪神11R 米子ステークス 1600m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
12年に馬連で15万円台の大波乱を演出したが、基本は固い決着の目立つレース。さて今年を見ると近走の結果はともかくマイル重賞でも実績を残した馬が複数出走。その中でも休養明けになる馬も存在し、仕上がり具合の判断がかなり重要になりそうな一戦。また現クラスで順調に使われている馬も掲示板程度ならと言う馬ばかりで当てになる馬も皆無。いずれを選択するにしても確信の持てる材料が少なすぎる以上は見送りが正解と言えそうだ。

3回東京・3回阪神3日4日目・1回函館1日2日目分

土曜日 阪神10R 三田特別 2200m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
過去の傾向では固い決着が目立つが、昨年は一転して馬連2万円台の大波乱。さて今年だが、長期休養明けも素質・実績が高いサトノシリウスが人気。鉄砲実績も豊富で信頼度は高そうだが、トップハンデの上に他馬との斤量差が大きい点は気になるところ。ただ、これを嫌っても他に安定感のあるタイプがいないのも事実。不安もあるがサトノシリウスを信頼しても相手は難しくリスクの割に妙味が無いなら見送りが正解だろう。

 

土曜日 函館11R 函館日刊スポーツ杯 1200m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年を振り返ると、固い決着もあるが、馬連万馬券も出る波乱含みの一戦。今年は直近の実績以上に拮抗したメンバー構成と言えそうで、近走の好走だけで軸馬を決めるのは危険。同様に馬券になりそうな候補を上げればキリが無く絞り込んで勝負も難しい。唯一の傾向としては枠順を問わず、先行できるタイプが有利という事だが、これも該当馬ばかりで参考にならない。展開一つでどれが来てどれが飛んでも不思議はなく馬券は見送りが正解だろう。

 

日曜日 阪神11R マーメイドステークス 2000m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近10年で馬単万馬券が実に6回。50倍以上となると8回を数える波乱の牝馬ハンデ重賞。何より実績馬でもトップハンデなら苦戦確実だし、また条件戦からでも十分に戦えている点がより難解にさせている。今年の出走馬も例年通り多肢に渡っており正直ここから信頼できる軸馬を選定するのは至難の業と言えそうだ。当然、馬券も運の要素が強く見送りが正解と言えそうだ。

3回東京・3回阪神1日2日目分

土曜日 東京10R 由比ヶ浜特別 1400m 芝・左
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年は馬単50倍以上が実に4回と波乱前提のハンデ戦。前走の昇級初戦で2着、同レースの勝ち馬が直後の3勝クラスでも2着と直近の内容が濃かったコスモエスパーダが人気。ただ、充実度は認めても放牧明けと言う点は気になるし、何よりこの馬が信用できるとしても2番手以降は相当な混戦模様。軸馬を信頼しても馬連は手広くなるし3連馬券となればどれが食い込んでも不思議はなく、絞れない事が明白な以上、馬券は見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 阪神9R 皆生特別 1200m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去の傾向からすると大波乱は無いまでも近年はやや人気薄の台頭が目立つレース。今年はフルゲートと頭数が揃った上に上位陣でも力関係が明確になっていない馬がかなり揃い軸馬の選定に関してはかなり難解な作業となった。また、全体的にそこそこ走れている馬も複数存在し一変を警戒するとなると簡単にオミットもできない。馬券は難しい割に人気割れから意外な組み合わせでも配当面に期待が出来ないなら見送りが正解と言えそうだ。

2回東京・3回京都11日12日目分

土曜日 京都11R 葵ステークス 1200m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
18年に重賞の格付けをされたがその2年を振り返るといずれも馬連6千円台の大波乱。臨戦過程で結果が目立つのは前走「橘S」で惨敗していても巻き返して穴をあけている点には注意が必要。また、施行が早まった近2年では内枠が断然有利となっており、この傾向は尊重するべきだろう。いずれにせよ、能力差も少ないメンバー構成だけにどれが来てどれが飛んでも不思議はなく馬券は見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 東京12R 目黒記念 2500m 芝・左
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
東京2500m戦と異質な条件な上にハンデ戦。加えて人気馬に苦戦の傾向が目立つ波乱前提のレース。前走「メトロポリタンS」からの臨戦が目立つが、近10年で4連対と数の割に実績は今一つ。また、前走が重賞で実績があっても斤量負担からか当てにならない。単純にこれまでの実績は無視していいレースと言えそうだ。唯一の傾向としては5歳馬が断然で、差し追い込み決着が目立つ程度。ハッキリ言ってこれだけで馬券になる馬を選定することは不可能で見に回るのが正解と言えそうだ。

2回東京・3回京都9日10日目・1回新潟5日6日目分

土曜日 京都9R メルボルントロフィー 2400m 芝・右
3歳1勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
京都芝2400m戦の傾向はスローの上がり勝負が基本。これが如実に表れていると言って過言ではないのが同レース。要は先行して終いもシッカリ脚が付ける馬が有利だが、今年は前走でそれに該当する展開で好走している馬が多いことから比較がかなり難しい。その分、馬券的には上位陣でも人気割れの可能性も高く、配当と相談になるがワイドで人気上位を狙うくらいが妥当と言えそうだ。

 

土曜日 東京11R メイステークス 1800m 芝・左
4歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年を振り返ると、13年の3連単129万円と記憶に残る大荒れはもとより、全体的に波乱要素の強いハンデ戦。今年のメンバーも重賞では一押し足りないがオープン特別なら馬券になっても不思議のない馬が多く難解。傾向的には人気を問わず4角5番手以内の馬が馬券になっている事が目立ちこのタイプは押さえておきたいが、今年は追い込み脚質の馬が揃い取捨が難しい。展開一つでどれが来てどれが飛んでも不思議はなく馬券は見送りが正解だろう。

 

日曜日 新潟10R 二王子特別 1800m 芝・左
4歳上1勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
比較的に人気が偏りそうなメンバー構成ではあるが、上位に支持されそうな馬も悪い意味で言えば勝ち味に遅いと言え、脆さも秘めていることから信頼度は?また休み明けの4歳馬も多く成長分を加味しなければならず比較を難しくさせている。登録の割に頭数が落ち着いた分、固く収まる可能性も考慮すると馬券的な旨みは無く見送りが正解だろう。

2回東京・3回京都7日8日目・1回新潟3日4日目分

土曜日 東京11R 京王杯スプリングC 1400m 芝・左
4歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
「安田記念」のステップレースとなっているが、1200m~1600mまでの実績を残す各路線の馬が揃う難解な一戦。傾向的にはマイルでの実績がある馬か「高松宮記念」からの臨戦が基本ではあるが、今年は前走マイル戦を好走して出走する馬も少ない上「高松宮記念」最先着で6着とかなり比較の難しい組み合わせ。いずれにせよ軸馬に関しては抜けた存在と言える馬もおらず、例年以上に波乱の要素が強いとなれば見送りが正解だろう。

 

日曜日 新潟10R 胎内川特別 2000m 芝・左
4歳上1勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬連3桁配当が2回と比較的、波乱含みの一戦。今年は現クラスで実績を残す馬が多く比較の難しい一戦となった。何より前走を小倉・福島で好走・または掲示板程度の結果を残している馬ばかりだが、今回は新潟外回りと舞台設定が大きく違う条件に変わるだけに近走だけで判断するのはかなり危険。レースも必然的にスローの上がり勝負が確実となると正直どれが来てどれが飛んでも不思議はなく馬券は見送りが正解だろう。

 

日曜日 京都9R 渡月橋ステークス 1400m 芝・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
近年はやや硬い決着も目立つようになったが、以前は馬連万馬券を幾度も輩出した基本は難解な一戦。今年の上位人気は一見すると絞れそうではあるが、昇級初戦や安定感?と信頼度は案外と低い可能性も。ただ、他馬に目をやると惨敗組しか残らずこの中から激走馬を探し出すのは不可能とも言える。単純に堅い決着の可能性もあるだけに見返りも薄いとなれば、馬券も見送りが正解と言えそうだ。

2回東京・3回京都5日6日目・1回新潟1日2日目分

土曜日 京都10R 錦ステークス 1600m 芝・右
4歳上3勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
何より、昇級初戦で勢いのある馬が多くその能力比較だけでも難解な一戦。これなら現級で安定しているダブルシャープが人気しそうではあるが、充実ぶりは認めても久しぶりの京都コース。過去1走「京都新聞杯」と重賞ではあったが15着の惨敗。またこのレースの傾向も4角10番手以降は苦戦しており、脚質的な信頼度となると?ハンデも加味すればかなりの馬にチャンスがあり軸馬選定もかなり運の要素が強くなるとなれば見送りが正解だろう。

 

土曜日 新潟11R 谷川岳ステークス 1600m 芝・左
4歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
近年5年を振り返ると、馬連万馬券が実に3回と波乱前提の一戦。今年もオープン特別なら変り身があっても不思議ない馬が多く揃い難解な一戦と言えそうだ。傾向的には大回りの平坦コースで逃げ差しの有利不利がなく騎手の手腕にかなり左右される事が難しくさせている要因。となると、上手く立ち回った馬が馬券になるでは事前の予想はかなり難しく無理に手を出しても的中を得るのは容易ではなく見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 新潟11R 新潟大賞典 2000m 芝・左
4歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で馬単万馬券が7回と波乱前提の一戦。まず、前哨戦で好走し人気になるパターンの馬が当てにならない点が難しくさせている要因。要は近走不振でも重賞実績がありキッチリ立て直してきた馬の好走が目立つことだろう。ただ、今年はかなり該当するタイプが多いことから馬の取捨は相当に困難な様相。いずれにせよ、今年も例年通り波乱の要素は強く馬券は見送りが正解と言えそうだ。