※ 記載しております内容は、レース前日までの中間報告であり、一般の方に公開できるほんの一部に過ぎません。 通常、会員の皆様に提供している予想や情報とは一切異なりますので予めご了承ください。

3回東京5日6日目・3回阪神1日2日目・1回札幌3日4日目分

土曜日 阪神11R 米子ステークス 1600m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
阪神マイル戦に良績のある馬が揃い難解な一戦。前走「六甲S」から2~4着馬が揃って出走するが、上位3頭はタイム差なしの接戦。ただ、当時が道悪で、馬場状況次第では逆転も十分にあり得るし、他の路線でも時計比較なら遜色のない馬も多数。また、近走不満も阪神なら変り身がありそうな馬まで警戒となると、軸の選定は元より相手も絞り込みは困難と言え見送った方が正解だろう。

 

日曜日 札幌11R しらかばステークス 1200m 芝・右
3歳上3勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
昨年は2.3着に人気薄の2頭が入り3連単30万円越えの大波乱。今年も近走好走も安定感に欠ける馬や、洋芝で一変がありそうな曲者も揃った難解なメンバー構成。その昨年は暑くなる時期らしく上位は牝馬が独占。今年も牝馬狙いが筋となるが、そもそも人気馬は牝馬に偏っており昨年ほどの波乱は期待できないか。ただ、見方を変えれば上位拮抗で人気でも軸として信頼できる馬は?だし、傾向に倣えば人気薄の牝馬も警戒したいところ。となると、軸の選定も難しい上に相手も広くなることは確実なら見に回るのが正解だろう。

 

日曜日 阪神11R マーメイドステークス 2000m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
10番人気以降の穴馬が多く台頭する波乱の牝馬ハンデ重賞戦。トップハンデが不振のレースではあるが、今年はアブレイズの56キロ1頭のみ。また、傾向からはハンデ50~53キロが中心となっているが、ハンデ次位の55キロに実績馬が多数と比較はかなり難しい。加えて重賞実績など格が通用しないレースであることも過去傾向からみても明らか。今年も例年同様にどれが来てどれが飛んでも不思議は無く見に回るのが正解だろう。

3回東京・4回中京3日4日目・1回札幌1日2日目分

土曜日 札幌11R 大倉山特別 1200m 芝・右
3歳上2勝クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
3年前に3連単100万越えもあり、全体的にも波乱傾向の強いレース。今年も前走で掲示板すら走れず凡走した馬が目立ち、これなら洋芝実績と前走の好走からインザムービーが人気か。ただ、好走=軽い斤量を考えると55キロの今回は全幅の信頼となると?これなら斤量の恩恵を含めて3歳馬からと言う手もあるが、近走から軸に押せるほどの材料がないのも事実。ここは軸の選定すらかなり難解と言える以上は馬券も見送りが正解だろう

 

日曜日 中京10R 常滑特別 2000m 芝・左
3歳上2勝クラス

混戦レベル :★★

■□■ コメント ■□■
頭数は少ないが、馬柱を見ても分かる通り、現クラスで勝ち負けレベルの馬が揃った難解な一戦。近走の着順を問わず、時計の比較を今回のハンデ込みでした場合、むしろ、馬券的に必要の無い馬を探す方が難しい。その上、難しい割に頭数も少なく意外な組み合わせでも配当が見込めないとなれば、見送りが正解と言えそうだ。

 

日曜日 札幌10R 十勝岳特別 1800m 芝・右
3歳上1勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
かなりの馬が休み明けとなり、仕上がり具合もカギを握りそうな一戦。これなら順調に使われ近走好走が目立つミスミルドレッド・イッツユアタイムが順当に評価されそうだが、前者は堅実もスタート難で出遅れた際の不安があるし、後者は少頭数で時計的にも?他では休み明けでも立て直された印象がある馬や近走着順で簡単にオミットできない馬も複数存在。そもそも牝馬限定戦なら見た目ほど明確な力差は無いはずで、正直どれが来てどれが飛んでも不思議は無く、見に回るのが正解だろう。

3回東京・4回中京1日2日目分

土曜日 東京10R 由比ヶ浜特別 1400m 芝・左
3歳上2種クラス

混戦レベル :★★★

■□■ コメント ■□■
過去10年で3桁配当は1度きりで馬単50倍以上は実に7回を数える難解なハンデ戦。コースが違うだけに一概に比較はできないが、前走1400m戦を21秒前後で走破した馬が大半。これにハンデが加われば、比較することすらかなり困難な事は容易に想像がつく。では、過去の傾向からと言いたいが、馬券対象馬は牡牝の偏りもないし、年齢の幅も広く脚質もまばらと掴みどころは皆無。これだけ、不確定要素がある以上、馬券の的中も運任せは明白で見送った方が正解と言えそうだ。

 

日曜日 中京9R 蒲郡特別 1200m 芝・左
3歳上2勝クラス

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
人気は、ブリンカー・距離短縮で楽勝を続けているドナウエレンか。恵まれる斤量も考慮すれば軸としては最適とも言えるが、昇級で初の古馬対戦。また連勝2戦も楽勝だっただけに比較は難しいが、持ち時計が無い事も事実。対する古馬勢も好走歴がある馬もいるが、勝ち切るイメージができない馬ばかりでは軸としての信頼度は?また、全体的に見ても長期スランプに陥っている馬は少なく簡単にオミットできる馬の方が意外と少ない。要するに見た目以上に差の無いメンバー構成で正直、どれが来てどれが飛んでも不思議は無く馬券も手を出さない方が正解といえそうだ。