2回中山・1回阪神7日8日目・2回中京3日4日目分

土曜日 中京11R ファルコンステークス 1400m 芝・左
3歳オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
改修後は1,2番人気での決着はなく、人気薄の激走も多々ある難解なレース。今年は前走「マーガレットS」の上位馬が出走してくるがそもそも出走馬が少ないレースで評価が難しい上、同レースからの臨戦で馬券になっていない事からかなり評価が難しい。また、穴としては脚質問わず内枠となっており波乱前提で手広く構えるならこの点は頭に入れておきたい。いずれにせよ馬券の構成はかなり難解で見送った方が正解と言えそうだ。

 

日曜日 阪神10R 但馬ステークス 2000m 芝・右
4歳上1600万下

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
一見13頭立てで狙いやすいように見えるが、近3年はいずれも11頭立てで馬連50倍以上と波乱の決着。傾向的には先行した人気薄が残ると言うことだが、今年は前目に有力馬が多く該当しない可能性の方が高い。それでもハンデ戦で上位陣も意外と拮抗しており馬券の組み立ては難解。無論、固い決着も十分あり手広く構えることが出来ないなら見送りが正解。

 

日曜日 中京12R 豊橋特別 1200m 芝・左
4歳上500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
ただでさえ500万の芝1200m戦と難解な上にフルゲート。出走馬も半数以上が休み明けと正直、まともに決まりそうな気配は全くないレース。人気になりそうな馬も休み明けや連続して好走するタイプもおらず信頼度は?更に中京への適正も加味して判断するとなると相当難解と言えるだろう。過去の傾向が物語る通りまず波乱決着となる可能性が高く馬券的には見送った方が無難だろう。

2回中山・1回阪神5日6日目・2回中京1日2日目分

土曜日 中京11R トリトンステークス 1400m 芝・左
4歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
現級の馬が当てにならず、勢いある昇級馬が人気になりそうなメンバー構成。ただ、過去の傾向を見ると4歳牡馬の勝利はなく、2着が1回しかないのは気になるところ。また波乱傾向のレースだが、穴を開ける要因は人気薄牝馬の激走が目立つ点。今年は6頭おり、傾向に該当している以上、注意は必要だろう。いずれにしてもハンデ戦でまともに収まる可能性は低く馬券も見送りが正解。

 

日曜日 中山10R 東風ステークス 1600m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年を振り返っても馬連で3桁配当はなく波乱決着の目立つオープン特別。中山1600mらしく内有利の傾向は出ているが、脚質的にはペースを問わず有利不利はなく満遍なく馬券になっている。となると力関係から推し量るしかないが、良くも悪くも決め手になるほどの目立った差はない状況。軸馬の選定も困難と言えそうで馬券も見送った方が無難だろう。

 

日曜日 阪神11R フィリーズレビュー 1400m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
やはり格の面で言えばG1「阪神JF」の出走馬が馬券に絡むことの多いレースだが、当時が惨敗でも巻き返す馬も多く取捨は悩むところ。また、昨年は上位3頭が500万の馬と勢いがあれば足りてしまう面も踏まえると、かなりの馬をケアする必要がある。切れる馬の方が少なく馬券的に絞り込むのはかなり至難の業と言えるだろう。波乱前提で勝負をしても抜ける可能性も高く馬券も見送りが正解。

2回中山・1回阪神3日4日目・1回小倉7日8日目分

土曜日 中山11R オーシャンステークス 1200m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
前走「カーバンクルS」が主力になりそうなメンバー構成。ただ、前走はハンデ戦で1~4着馬上位3頭でも時計差は0.3秒内。斤量が大きく変動する今回は逆転までありそうな気配だけに着順を鵜呑みにするのは危険か。また、臨戦的に主力の「シルクロードS」の上位陣もマークは必要な上、昇級で勢いのある馬の取捨も判断は難しい。基本は波乱傾向で荒れる前提で馬券を組み立てても拾い切れない可能性は高いとなれば馬券も見送りが正解。

 

土曜日 小倉12R 八代特別 1200m 芝・右
4歳上500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
前走、同条件で好走した馬の選定がキモになりそうではあるが、馬場差を考慮すると上位陣の比較はかなり難しくなる。また、いずれも安定感と言う点では?なだけに軸馬の選定はかなり難しいと言えそうだ。上位陣の信頼が低いとなると後はどれが来てどれが飛んでも不思議はなく手は出さない方が無難だろう。

 

日曜日 阪神11R 大阪城ステークス 1800m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
ハンデ戦に変わっても昨年の覇者を含め上位陣は信頼できそうではあるが、過去の傾向を見ると人気薄も台頭する難解なレース。穴の傾向としては7~9歳馬と旬を過ぎた感のある馬の好走が目立つ程度。傾向に倣うのならこのタイプは押さえた方が無難かもしれない。ただ、今年は上位陣でも決着も十分あり固い決着を考慮すると手広く構えることもできないなら馬券も見送った方が無難と言えそうだ。

2回中山・1回阪神1日2日目・1回小倉5日6日目分

土曜日 中山10R 富里特別 1800m 芝・右
4歳上1000万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年で3桁配当がなく昨年は馬連9千円台の波乱。また過去の傾向を見ると開幕週の中山1800m戦らしく先行有利の傾向で4角10番手以降は苦戦。人気でもこれに該当する馬は割引いた方が無難。また、人気上位もこれと言って抜けている馬もおらず、軸馬の選定もかなり困難と言えそうだ。ハンデも考慮すると馬券的にもかなり難解でここは見送りが正解。

 

土曜日 小倉12R 合馬特別 1200m 芝・右
4歳上500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
人気になりそうな馬が出走せず一転混戦模様。馬柱から前走小倉の「巌流島特別」からの上位組に目が行くが、先着馬の時計は1分9秒6。稍重での開催を考慮しても素直に信じるのは危険。加えて他路線の馬も当てになりそうな馬も皆無と言えそうで正直、どれが来てどれが飛んでも不思議はないだろう。

 

日曜日 阪神11R 阪急杯 1400m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年の勝ち馬に加え、重賞でも好走歴のある馬が揃ったメンバー構成。レース傾向としては5歳馬の勝利が圧倒的に多いが、今年は2頭しか出走していない上、実績的に軸としては?次いで馬券内となると4歳馬だが、軸となるとこちらも同様に?と言えそうだ。素直に前走「阪神C」を信頼すれば馬券の組み立ても容易にはなるがそれだと旨みはなく、また絞り込んでの購入も必要となると取りこぼすリスクも当然だが高くなる。馬券の組み立ては難解で手広く構えるくらいでないなら見送った方が無難と言えそうだ。

1回東京・2回京都7日8日目・1回小倉3日4日目分

土曜日 小倉12R 大牟田特別 1200m 芝・右
4歳上500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
如何にもローカル500万と言う組み合わせ。過去の傾向も当然波乱の傾向が如実に表れており今年の出走馬からも同様にかなり難解な一戦と言えそうだ。開幕週ではあるが傾向では「前有利」でない点が難しくしている要因か。また、今年を見ると確実に逃げそうな馬が不明で展開面から推測も全くできない印象。能力的に抜けて強いと言える馬も不在でどれが来てどれが飛んでも不思議はない。

 

日曜日 小倉10R 日田特別 2000m 芝・右
4歳上500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
組み合わせから見て、まず、自己条件に戻る「ウスベニノキミ」が当てになるかどうか?まずはここの見極めとなるが、仮にこの馬が当てになるとしても相手はかなり難解。牝馬だけに久々でも地力を取るか、順調度を取るかの判断もかなり難しく、馬券の絞り込みはかなり困難と言えそうだ。仮に手広く構えるにしても抜ける可能性は高く見送った方が正解だろう。

 

日曜日 小倉11R 小倉大賞典 1800m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
今年はかなり上位拮抗のメンバー構成。馬券になりそうな地力を持っている馬を上げても半数以上と言え、当然そうなれば軸馬の選定はかなり困難を極めると言っていいだろう。ある程度前目が有利のはずだが、近年は後方からの捲りも決まっており脚質で決めつけるのは厳しいと言えそうだ。馬券も券種を問わず難解と言え、無理に攻めるより見に回るのが正解と言えそうだ。

1回東京・2回京都5日6日目・1回小倉1日2日目分

土曜日 小倉11R 壇之浦特別 2000m 芝・右
4歳上1000万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年に続きフルゲートでの一戦だが、そもそも頭数に関係なく固く収まることのない波乱の一戦。休み明けの馬も半数を数えることも難しくしている要因。過去の傾向では相当な力差が無い限り後方一辺倒は厳しく基本4角で7,8番手くらいにいないと馬券にならない。ただ、出走馬を見ると人気も含めある程度前につけるタイプばかりでは選択はかなり難しい。ここはゲートひとつで着順も大きく変わる気配だけに見送りが正解だろう。

 

土曜日 小倉12R 巌流島特別 1200m 芝・右
4歳上500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
小倉開幕週のスプリント戦。過去の傾向でも先行馬中心での決着が多く人気を問わず先行馬から狙うのがセオリー。ただ、それを理解していても全体が前掛かりになるのは明白で正直どれが残るかを推測するのはかなり困難。例年通りどれが来てどれが飛んでも不思議はない状況だけに馬券は見送った方が正解だろう。

 

日曜日 小倉12R 帆柱山特別 1200m 芝・右
4歳上1000万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
近5年で馬連万馬券が3回と波乱前提のレース。そもそも上位人気になりそうと言っても前走が掲示板程度では全く信用できないし、ハンデ戦と言っても今年は55~53キロが大半。要はハンデからも力差が無いことを証明している一戦。馬券を買うにしても券種を問わずかなり運が必要と言え無理に攻めても的中を得るのは容易ではないだろう。

1回東京・2回京都3日4日目・1回中京5日6日目分

土曜日 京都10R エルフィンステークス 1600m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
例年頭数が揃わない割に意外と人気薄が連対する傾向のレース。例年通り今年も10頭立てと少なくこれだと配当的に大きく跳ねる事はないが、如何せん1勝馬の組み合わせだけに完全に見切れる馬が少ないのも事実。手広く構えたいところではあるが、固い決着を考慮すると手広く構えることもできないとなれば敢えて手を出すこともないだろう。

 

日曜日 京都10R 山城ステークス 1200m 芝・右
4歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
前走で直接対決している馬がほとんどではあるが、いずれも中山、中京。京都コースに変わって一変する馬の可能性もあり見た目より難解な一戦と言えそうだ。特に上位陣、軸馬の選定において現級実績馬か昇級で勢いある馬かのどちらを選択するかがかなり難しい。何よりハンデ戦となるとスンナリ収まる公算の方が低く馬券は見送った方が正解だろう。

 

日曜日 東京11R 東京新聞杯 1600m 芝・左
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年を見ると1,2番人気の連対がなく波乱含みの一戦。過去の傾向は「京都金杯」からの転戦馬に良績があったが、いずれも上位入選していた馬、また牝馬が3勝と好走が目立つも、いずれもG1「エリザベス女王杯」からと該当馬がいない。過去の傾向が当てにならず現状の実績が重要となりそうだが、上位陣はかなり拮抗と言え軸馬を選定するのもかなり難しい。仮に上位陣で決着しても馬券の組み立ては難しく見に回る方が正解と言えそうだ。

1回東京・2回京都1日2日目・1回中京3日4日目分

土曜日 中京12R 知立特別 1200m 芝・左
4歳上1000万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
今年初戦を凡走した馬、もしくは休み明けが大半と仕上がり状態の把握が重要になりそうな一戦。これなら前走で唯一好走している馬に人気が集中しそうではあるが、これも中京変わりで信頼度となると?仮に信頼して馬券を組み立てるにしても相手はかなり広く、拾い切れない可能性の方が高いとなれば馬券も見送りが賢明だろう。

 

日曜日 京都11R シルクロードステークス 1200m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去5年で1番人気が3着内1回のみで10番人気以降は頻繁に馬券に絡む難解なハンデ重賞。比較的に斤量が重くても気にしなくていいが、トップハンデ自体は苦戦で割引。また以外だが、明け4歳も意外と苦戦している。軸は5・6歳馬が優勢となっているが、今年は5歳馬の出走が無く軸は6歳から探すのも手か。更に、多頭数なら圧倒的に内有利と一応のデータは揃っているものの馬券的に難解なのは変わりなく見送るか、少額で手広く構える程度が正解。

 

日曜日 中京12R 蒲郡特別 1200m 芝・左
4歳上500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
近5年で馬連は20倍以上、3連単は10万以上が3回と波乱の一戦、今年も馬柱をパッと見ても、信頼できそうな馬は少なく、軸を選定するのもかなり困難と言えそうだ。正直、全体のレベルも?で正直どれが来てどれが飛んでも不思議はなく見に回るのが正解。

1回中山・1回京都6日7日目・1回中京1日2日目分

土曜日 中山11R 初富士ステークス 1800m 芝・右
4歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
条件はともかく前走で直接対決している馬が複数いるが、いずれも僅差の競馬で比較がかなり難しいレース。安定感のある馬が多く、舞台は小回りの中山1800m戦。当然、流れひとつで大きく着順も変わりそうなだけに馬券も見送りが賢明だろう。

 

土曜日 中京12R 庄内川特別 1400m 芝・左
4歳上500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去5年で馬連万馬券が3回と波乱前提のレース。理由は単純にここから始動と言う馬が大半を占め仕上がり具合が大きく結果を左右することに尽きる。今年も半数以上が休み明けで当然これだけ多いと状況の確認すら難しいだろう。上位人気も近走好走から押し出される形なだけで信頼度となると?正直、馬券も運の要素がかなり強く見送った方が正解。

 

日曜日 京都11R 石清水ステークス 1400m 芝・右
4歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
前走「ファイナルS」からの転戦組が主力のメンバー構成。ここから6頭出走するが上位4頭はタイム差なしの大接戦。当時がハンデ戦で今回が定量戦になり、これだけでもかなり比較は難しい。更に別路線からも強力な馬が数頭おり、軸馬選定はかなり難解と言えるだろう。また、馬券的に難解な割に固い決着も考慮しなければならず、手広く構えることができないとなればあえて勝負する必要はないだろう。

1回中山・1回京都3日4日5日目分

土曜日 中山11R フェアリーステークス 1600m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
現在の施行条件になって10年。これまでの傾向を見てもまず固く決まる事のない波乱前提のレース。とにかく昨年に重賞、オープンで実績を積んだ馬が当てにならないことが要因。おぼろげに見えてくるのは内枠有利と言う程度では到底馬券は組み立てられない。波乱前提で手を広げるにしても拾い切れない可能性の方が断然に高いとなれば見送りが正解だろう。

 

日曜日 中山10R サンライズステークス 1200m 芝・右
4歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年は14番人気が勝利し3連単32万の大波乱。出走馬も前走で掲示板を確保した馬がほんの一握りで前走を凡走した馬が大半。実績上位馬もいるが休み明け、連続好走しないタイプでは信頼度は?また馬連はともかく3連馬券となるとどれが絡むか見当もつかない。過去の傾向も本来は外枠有利の中山1200m戦ではあるが、内枠の活躍が目立っている点も悩ませる。当然、馬券も券種を問わず難解で見送った方が正解。

 

月曜日 京都10R 紅梅ステークス 1400m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
単純に京都1400m戦で好走しているタイプが多く、一変がありそうな馬も多く波乱の余地は十分。それでも上位は「阪神JF」組が妥当な判断だが、それ以外は出走数が多い馬よりも未勝利、新馬勝ちと戦績が少ない馬のマークが必要。ここから出世する馬も多く注目したい一戦ではあるが、手広くなる割に固い決着も考慮すると先を見据えて見に回るのが視界だろう。