1回中山・1回京都3日4日5日目分

土曜日 中山11R フェアリーステークス 1600m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
現在の施行条件になって10年。これまでの傾向を見てもまず固く決まる事のない波乱前提のレース。とにかく昨年に重賞、オープンで実績を積んだ馬が当てにならないことが要因。おぼろげに見えてくるのは内枠有利と言う程度では到底馬券は組み立てられない。波乱前提で手を広げるにしても拾い切れない可能性の方が断然に高いとなれば見送りが正解だろう。

 

日曜日 中山10R サンライズステークス 1200m 芝・右
4歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年は14番人気が勝利し3連単32万の大波乱。出走馬も前走で掲示板を確保した馬がほんの一握りで前走を凡走した馬が大半。実績上位馬もいるが休み明け、連続好走しないタイプでは信頼度は?また馬連はともかく3連馬券となるとどれが絡むか見当もつかない。過去の傾向も本来は外枠有利の中山1200m戦ではあるが、内枠の活躍が目立っている点も悩ませる。当然、馬券も券種を問わず難解で見送った方が正解。

 

月曜日 京都10R 紅梅ステークス 1400m 芝・右
3歳オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
単純に京都1400m戦で好走しているタイプが多く、一変がありそうな馬も多く波乱の余地は十分。それでも上位は「阪神JF」組が妥当な判断だが、それ以外は出走数が多い馬よりも未勝利、新馬勝ちと戦績が少ない馬のマークが必要。ここから出世する馬も多く注目したい一戦ではあるが、手広くなる割に固い決着も考慮すると先を見据えて見に回るのが視界だろう。

1回中山・1回京都1日2日目分

土曜日 中山10R カーバンクルステークス 1200m 芝・右
4歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
主力となりそうなのは前走「ラピスラズリS」からの転戦馬。ここから6頭が出走するが最先着から上位5頭までは0.3秒差と差はなく、条件は変わらないが中山1200m戦と言うことを踏まえれば十分に逆転はあり得る内容。また、それ以外でも重賞で上位実績がある馬も複数おり上位はかなり混戦と見るべきだろう。ここは配当との相談になるが、馬券を購入するなら軸馬を決めるよりも馬連BOXで手広く構えるくらいが正解だろう。

 

日曜日 中山9R 迎春ステークス 2200m 芝・右
4歳上1600万下

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
頭数も少なく結果的に固い決着も考えられるが、上位は能力拮抗しており馬券的には意外と難解そうな一戦。全馬が前走から距離短縮もしくは延長と適正が問われそうではあるが、明確な判断材料もなく比較は難解。また前走「グレイトフルS」からの転戦馬が主力となるが条件変わりで上位陣でもまだ逆転の目もありそうな気配。更に他路線の馬も考慮すると馬券も絞り込むのはかなり困難と言えそうだ。馬券的には頭数も少なく固い決着も考慮すると手広く構えることはできないなら見送りが賢明と言えそうだ。

5回中山・5回阪神9日目分

金曜日 中山12R ベストウィッシュカップ 1600m 芝・右
3歳上1000万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年は1800m戦で行われ今年は1600m戦に変更された特別戦。中山1600m戦だけに脚質問わず断然内有利ではあるが、ハンデ戦と言うことを踏まえると一筋縄ではいかなそうだ。特に近走凡走でも現級で掲示板を確保している馬も多く見た目以上に切れる馬が少ないのも事実。となると仮に軸馬が決まったとしても相手はかなり手広くなる可能性が高い。当然、拾い切れない可能性を考慮すれば見送った方が正解と言えるだろう。

 

金曜日 阪神12R ファイナルステークス 1400m 芝・右
3歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
施行条件がコロコロ変わり芝1400m戦は2年目。ただ、昨年は定量戦で今年はハンデ戦に変わっており波乱含みな一戦となった。臨戦の主力は前走「渡月橋S」だが、上位4頭の差はなく今回ハンデ差ができることを踏まえるとこの4頭の比較だけでも難しい。更に他路線からの馬も能力的に十分と言えそうな馬も複数いることから軸馬を選定することもかなり難解。本年の最終レースとは言え馬券的に攻める要素は少なく、見送りが賢明と言えそうだ。

5回中山・5回阪神7日8日目分

土曜日 中山12R ノエル賞 1800m 芝・右
3歳上1000万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
基本は固い決着のレースだったが近2年は連続で馬連万馬券と大波乱。今年も主力になると見られていた馬が出走せず一気に混戦模様。まず現級馬が近走不振の馬ばかりで当てにならずこれならレースレベルの高いところで戦ってきた馬が注目されそうだが、久々を加味すると信頼度は?また勢いある昇級馬もいきなりとなると不安の方が強いだけに軸馬の選定はかなり困難だろう。一応レース傾向としては前有利が如実に表れており、人気を問わず先行馬を押さえるのも手ではあるが、それだけで勝負するのも無謀と言えそう。ここは無理せず見に回るのが正解だろう。

 

日曜日 中山12R クリスマスカップ 1200m 芝・右
3歳上1000万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近2走で馬券になっている馬が1頭のみと近況から読み取るのが難しいレース。それでも地力のあるタイプがかなり出走しており仕上がり具合が重要となりそうな一戦。過去の傾向では脚質はペース問わず満遍なくきており参考にならないが、やはり中山千二戦らしく外有利は前提として頭に入れた方が良さそう。それでも一変がありそうな馬も多くすべてをケアすることはかなり困難と言え馬券的には見送った方が正解だろう。

5回中山・5回阪神・4回中京5日6日目分

土曜日 中山11R ターコイズステークス 1600m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
各路線から地力のある馬や勢いのある馬が揃った難解な一戦。実績を取るか勢いを取るかは牝馬だけに悩みどころ。今年もこの2択を間違えれば馬券の的中もあり得ない。また、軸が決まっても同様に相手関係もかなり能力拮抗でどれを切れば正解か判断に迷うだろう。当然、絞り込みもできないとなれば馬券も見送った方が無難だろう。

 

土曜日 中京11R 中京日経賞 1200m 芝・左
3歳上1000万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
昨年は馬連で3万円を超える大波乱。馬単も3年連続万馬券と波乱前提のレース。今年も上位陣が安定感を欠くメンバー構成だけにスンナリ決まるとは思えない。とにかくこれと言ったレース傾向もなく、出たとこ勝負のイメージが強いレースだけに狙って当てることはかなり困難。当然、見送った方が正解。

 

日曜日 中山10R 南総ステークス 1200m 芝・右
3歳1600万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
比較的に直接対決している馬が多いが、いずれも凡走レースでは参考にならない。また、前走で掲示板を確保している馬も正直、軸として信頼できるかは?ここは一昨年に馬連25万馬券が飛び出したレースで配当はともかく同様に難解であることは間違いなく馬券も見送りが正解だろう。

5回中山・5回阪神・4回中京3日4日目分

土曜日 中京11R 中日新聞杯 2000m 芝・左
3歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去10年でも3桁配当が1回と波乱含みのレース。一応、近2年を見ると1番人気が馬券にはなっているが、今年は上位拮抗ムードだけに人気から軸馬を選定するのはかなり難しそうだ。また、近走不振でも地力の高い馬が複数おり、このタイプの巻き返しには注意が必要。更にハンデも考慮すると更に難しく馬券的には見送った方が無難だろう。

 

土曜日 中京12R 犬山特別 1400m 芝・左
3歳上500万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近走の着順云々より、かなりの馬が馬券圏内と言えそうなメンバー構成。ここは信頼できそうな軸馬も見当たらないし、何より条件替わりで一変を警戒しなければならない馬が複数と正直絞り込みは困難。仮に馬券を購入して運の要素がかなり強いとなれば見送りが正解だろう。

 

日曜日 中山9R 黒松賞 1200m 芝・右
2歳500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
昨年こそ2.3番人気の決着だったが、それ以前は馬連3万、4万越えを連発している波乱のレース。やはり2歳戦だけに現時点での完成度が重要となるが、過去の傾向通り舞台替わりで一変してくる馬や急激な成長をする馬もおり、それを把握することはかなり困難。先を見据えてと言うほど重要なレースとも言えないが、ここは見に回るのが正解と言えそうだ。

5回中山・5回阪神・4回中京1日2日目分

土曜日 中京11R 浜松ステークス 1200m 芝・左
3歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
現級で頭打ち感の強いメンバー構成。これなら前走「道頓堀S」2着と近走好走している馬に目が行くが前走は少頭数で競馬がし易かったことを踏まえると、今回フルゲートの外枠は気になるところ。また、昇級で勢いのある馬と言いたいが、休み明けでは過大な信用は?仮にいずれかに軸馬が決まったとしても2番手、3番手もかなり難解で馬連でも取りこぼす可能性は大。当然馬券も見送った方が無難と言えそうだ。

 

日曜日 中京9R 豊川特別 1600m 芝・左
3歳上500万下

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
上位拮抗で難解な組み合わせの一戦。特に上位3頭くらいは大きな力差はなく、軸を選定するのもかなり運に任せる要素が強い。また掲示板程度なら走れる馬も多く、展開一つでかなり着順は変わるだろう。ただ、馬連までなら上位陣でアッサリの可能性も十分あり仮に馬券を買うなら配当を見た上で馬連上位3頭くらいのBOXが妥当と言えそうだ。

 

日曜日 中山10R 市川ステークス 1600m 芝・右
3歳上1600万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
クラスを問わず前走で馬券なった馬が実に13頭中7頭と勢いのある馬が揃ったメンバー構成。当然、単純に切れる馬の方が少なく、手広く構えるにしても人気割れは必至で配当面でも大きく跳ねる期待は出来そうにない。難しいわりに見返りも期待できないとなれば馬券も見送りが正解だろう。

5回東京・5回京都7日8日目分

土曜日 東京11R キャピタルステークス 1600m 芝・左
3歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
近5年の傾向でも馬連50倍以上が3回と波乱傾向。ただ、1番人気が当てにならない訳ではなく内3回は連対している状況で上記の配当なら手広く構える必要があるレースと言えそうだ。では軸の選定だが、今年は実績か近走の勢いかを取るかの選択が非常に拮抗しており難題。加えて3着までを想定すると切れる馬の方が少ないくらいで馬券も絞り込みは困難となれば、馬券も見送りが正解だろう。

 

日曜日 東京8R オリエンタル賞 1800m 芝・左
3歳上1000万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
クラスを問わず半数以上が前走で勝ち負けの競馬をしている勢いある難解な組み合わせ。また前走で直接対決している馬も少なく比較が難しい上にハンデ戦。ただ、過去の傾向を見ると人気サイドで決着することや4年前の馬連4万馬券など、今年もどちらに転ぶかは全く予想が使いない。馬券もここで勝負するよりも次を見据えて見に回るのが正解だろう。

 

日曜日 京都12R 京阪杯 1200m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
重賞実績のある馬も多く力拮抗のメンバー構成。過去の傾向を見ると勝ち馬は4角3番手以内から出ている事が多く、今回も主導権争いは熾烈になりそう。また前走でG1出走した馬に目が行くが、意外とこのタイプは不振。逆に前走で「スワンS」「オパールS」からの転戦が良績を残しているが凡走からの巻き返しも多く、ここから軸を選定するのもかなり困難と言えるだろう。当然、馬券の的中も運の要素が強く見送りが正解だろう。

5回東京・5回京都・3回福島5日6日目分

土曜日 京都11R アンドロメダステークス 2000m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★

■□■ コメント ■□■
全体的に前走で大敗の目立つ組み合わせだが、その多くが休み明けと叩いて上昇してきそうな馬がかなり存在。そもそも各馬の実績を比較してもオープン特別ならいつ変わっても不思議ない馬が多い上にハンデ戦となればかなり拮抗状態と判断する方が妥当だろう。となれば当然、馬券も見送った方が賢明だろう。

 

日曜日 福島10R 土湯温泉特別 1800m 芝・右
3歳上500万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
過去の傾向では固い決着か大波乱かといずれかに大きく振れるレース。休み明けも多くここに人気の馬も含まれるため、その点の影響をどう判断するかが重要となりそうだ。ただ、軸馬を決められたとしても相手で当てになるタイプは皆無と言え馬券はかなり手広く構えても拾い切れない可能性は高い。無理に攻めても的中は容易ではなく馬券も見送りが正解だろう。

 

日曜日 東京11R 霜月ステークス 1400m ダ・左
3歳上オープン

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
近10年で馬連3桁配当がない波乱傾向のハンデ戦。メンバー的に見てもオープン特別で勝ち切れないタイプが揃い、これなら重賞実績がある馬に目が行きそうだが、地方での実績となれば絶対的な信頼は?近走で逃げた馬もおらず、流れも落ち着くとなるとポジション一つで大きく着順も変わるだろう。要するにどれが来てどれが飛んでも不思議はなくここは見が正解だろう。

5回東京・5回京都・3回福島3日4日目分

土曜日 福島10R 三春駒特別 2000m 芝・右
3歳上500万下

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
近5年で馬連50倍以上が3回と波乱傾向のレース。今年は前走で掲示板の載った馬が複数存在し、見た目以上に拮抗状態。また、叩き2戦目も多く一変の可能性まで考慮すると難易度はさらに高くなる。過去の傾向で顕著なのは牡牝問わず3歳馬が強いこと。ただ、頭数も多く馬券を購入する決定打にはならないだけに、ここは素直に見送りが正解。

 

日曜日 福島11R 福島記念 2000m 芝・右
3歳上オープン

混戦レベル : ★★

■□■ コメント ■□■
傾向として波乱のハンデ重賞。理由としては単純に近走不振も過去に実績があればアッサリ巻き返してくるシーンが多いことが上げられるが、今年もその傾向が当てはまりそうな気配。また、今年は連対率の高い3歳馬が不在で6歳以上が多い点も、一層難しくさせている要因。いずれにせよ、的中させるには運も必要。

 

日曜日 福島12R 西郷特別 1800m 芝・右
3歳上500万下

混戦レベル : ★★★

■□■ コメント ■□■
過去を見ても波乱の一言で、まず固い決着は望めないレース。とにかく福島1800m戦特有の前残り傾向が強く、近5年の連対馬はほぼ4角5番手以内。仮に馬券を購入するならば当然この傾向に従うほうが吉と言えそうだが、絞り込みは困難で、当然手広く構える必要はある。馬連でも難解なだけに、3連馬券となると相当な購入点数が必要となりそうだ。