7/13 7/14 2回福島・3回中京5日6日目・2回函館3日4日目

玄人好みのトリプル的中鞍 ~土曜福島8R・3歳以上1勝クラス~

サマー2000シリーズの第2戦となった先週末の『函館記念』は、田中勝ジョッキー騎乗のマイスタイルがスタートを決めて、そのまま逃げ切った。同型が少なかったのも良かったのか、5ハロン通過59.8秒の、同馬にとっては決して速すぎないマイペースの逃げを打てたことが最大の勝因。これで重賞初制覇。さすがに今回の一戦だけで秋のG1云々は早計ではあるが、G2、G3クラスなら秋競馬での重賞戦線でも十分楽しめそうだ。

それでは本題へ。今週斬るのは土曜福島8R「3歳以上1勝クラス」ダ1700m。このレースで弊社予想部が軸馬として期待したのは人気割れで大混戦のなか、最終的に2番人気に支持された11番パールデューだった。

『クラス2戦目で大幅な上積みが期待できるパールデューが軸馬。昇級戦だった前走は発馬こそ決めたものの、周りも速く外から被せられて動くに動けない中団で追走し、道中も外から捲る馬が多く徐々にポジションを下げざるを得ず、チグハグな競馬に。最内枠がアダとなった印象だ。直線でも不利を受けていたようにレース全般において全くの参考外。互角のスタートなら好位からのレースができる馬だし、新馬勝ちの走りからもローカルのこの組み合わせなら明らかに素質は一枚上。前走凡走でまだ人気がついてこない今回が買いのタイミングとみた』という見立て。

レースは、14番イベリスリーフ、3番ベルポートの先手争い。内枠を活かして3番ベルポートが行く気を見せるも、外から全く引く気を見せない14番イベリスリーフがハナを切る。そのままグングン飛ばして2コーナーでは後続を4馬身近く離して14番イベリスリーフが単騎逃げの形。離れた2番手に3番ベルポートが続き、2番フクキタル、13番エマブルームも差がなく3、4番手を追走し、その直後に軸馬11番パールデューという位置取り。逃げた14番イベリスリーフは向正面に入ってもペースを落とすことなく、前半1000m通過60秒7のハイペースを演出。3角手前で一気に馬群が凝縮し、ほぼ一団で勝負どころの4コーナーへ。逃げた14番イベリスリーフが二の脚を使って再度差を開き、後続を2馬身ほど離して直線に入って粘り込みを図るも、徐々に加速し、4コーナー3番手までポジションを上げていた軸馬11番パールデューが一気に飲み込み先頭へ躍り出る。一旦は完全に抜け出した軸馬11番パールデューを目標に、道中は中団追走から同様の位置まで押し上げていた15番ロジシルキーと7番アドアステラの2頭が急追。三つ巴の大接戦でゴール板を駆け抜け、最後は15番ロジシルキーが1/2馬身抜け出して1着でゴール。クビの上げ下げで軸馬11番パールデューが2着を確保し、ハナ差3着に7番アドアステラが入線。この結果により、「馬連11-15、2,070円&ワイド11-15、840円&ワイド7-11、470円」のトリプル的中。4番人気ロジシルキーを対抗2点目に支持しての馬連的中はもとより、サポートにて「ここは相手を3頭に絞り込んで、ダブル、トリプル的中狙いの勝負」と断じ、ハマりにハマった、まさに玄人好みの的中をお届けした次第。

他にも土曜函館6R「3歳未勝利」でも本線で難なく的中wお届けし、勝負鞍における的中率は安定の50%を計上。

今週末は福島・中京・函館の3開催場、いずれも最終開催。次週から舞台を新潟・小倉・札幌に移す。夏のローカルはここからがまさに佳境。そう、この時季に数々の伝説を残すアスコットの本当の夏がやってきた。まずは今週末の開催最終週を良い形で締めくくる所存。引き続きアツイご期待をお寄せいただきたい。