9/17 9/18 9/19 4回中山・5回中京3日4日5日目分

変則3日間開催も最終日を連勝で締めくくる ~月曜中京10R・ジェンティルドンナC~

変則3日間開催となった先週末。台風14号の進路や天候予測など難しい判断を迫られるレースも多々あったが、競馬はかろうじてすべて施行された。そんな中で行われたクラシックトライアルは、中山で菊花賞トライアル「セントライト記念」、阪神で秋華賞トライアル「ローズS」が行われた。トライアルとはいえ、ここで勝利しなければ本番に出られない馬と、賞金や権利をすでに持つ馬では当然トーンは異なる。月曜「セントライト記念」は、まさにそんな立場の異なる2頭の熱戦が繰り広げられた。レースを制したガイアフォースは権利獲得が至上命題。対するアスクビクターモアは本番の出走条件をクリア済みでやや緩めの作りで、結果的にここはガイアフォースの「仕上がり」がモノを言った印象だ。いくら前哨戦とはいえ、ダービー3着馬を競り落とした事実は本番の「菊花賞」に向けて大きな収穫である。この2頭に遅れた3着ローシャムパークも権利を獲得したが、こちらは馬体や精神面など、まだまだ良化途上。ここから急激な成長を期待するのは酷だが、本番までどれくらい伸びシロがあるか、実に興味深い存在ではある。4番人気だったオニャンコポンは折り合った割に最後は失速。こちらは休み明けの影響というよりも、距離の壁が気になるところ。この先は2000m以下の中距離路線へ進むのだろうか。

それでは本題へ。今週斬るのは月曜中京10R「ジェンティルドンナC」芝1600m。ここで弊社予想部が軸馬として期待したのは断然の1番人気に支持された9番コスタボニータだった。

『夏場を休養に充てさらに進化した姿で戻ってきたコスタボニータが本命。稍重だった前走は直線で接触されても一切ブレることなく完勝。体幹の強さもさることながら、かき込むような走法からして相当高い道悪適性があるといえる。当然ながら現在の脚抜きのいい馬場は大きなアドバンテージだし、ここは昇級初戦とはいえメンバーレベルがかなり低調でもある。4ヵ月ぶりの実戦と間隔は開いたが、元来休み明けを苦にするタイプではなく、中間の追いきりでも鋭さが増して前走以上のデキ。さらに前走から斤量1キロ減と、プラス材料が豊富でV濃厚』という見立て。

レースは7番ゼンノミチザネが煽って大きく出遅れ。他はほぼ互角のスタートを切るが、テンから主導権争いが熾烈。外から11番テーオーアマゾンが抜け出しにかかるが内から4番アルディテッツァ、5番ファイアーボーラー、6番グラウクスも引かない構え。しばらく横並びでの凌ぎ合いが続くが、外11番テーオーアマゾンが押して1コーナー手前で先頭に。番手に4番アルディテッツァが一瞬おさまるかに見えたが、6番グラウクスが勢いをつけて前に出ると逃げた11番テーオーアマゾンの直後を確保する。先行争いのもう1頭5番ファイアーボーラーは結局この争いには加わらず、2馬身ほど離れた4番手で折り合いに専念。ここから後続はさらに開き5、6馬身差離れて軸馬9番コスタボニータ、さらに1馬身開いて3番タケルラスティ、10番アサケエース。さらに1馬身差に8番カケルまでが中団。後方に2番トーホウディアス、1番セントウルが追走し、最後方に出遅れた7番ゼンノミチザネという隊列。逃げる11番テーオーアマゾンは800m通過47秒1。軽快なラップを刻んで後続も無理せず折り合いに専念したことから馬群はかなり縦長の展開。終始マイペースで逃げた11番テーオーアマゾンだが、3コーナーから徐々に後続との差が詰まり、直線入り口では先頭から4馬身圏内に8頭ほどが固まる混戦状態。最後の直線で内から2、3頭分の外へ持ち出した11番テーオーアマゾンが逃げ切りを図るが、直後に迫った5頭が横並びから一斉に急襲。逃げる11番テーオーアマゾンも力を振り絞るが、残り200mあたりで軸馬9番コスタボニータにジワジワと差を詰められる。見た目にも2頭の脚色の差は歴然で、軸馬9番コスタボニータが抜け出すとその後は独壇場。一気に押し切って、2着に1馬身1/4差をつける完勝劇となった。もつれた2着争は、懸命な粘りを見せる11番テーオーアマゾンに後方から1番セントウル、2番トーホウディアスが襲いかかる。結局、最後にもうひと伸びした2番セントウルが2着、3着には2番トーホウディアスという決着となった。

この結果により、「馬連1-9、850円」の的中。軸馬は圧倒的な人気だったが2着馬は4番人気。それを買い目の大本線1点目に据えたことが奏功し、回収率はまずまずとなった。また、2〜4着を対抗馬が締めていたことからも、ゴール前でも安心して見ていられる弊社らしい的中だったといえる。
他にも月曜中京8R「3歳以上1勝クラス」では「馬連6-8、440円」を的中させ、変則3日間開催の最終日は連勝で締めくくり。また、土曜中山11R「初風S」「馬連9-14、760円・3連複9-10-14、1,210円などの的中もお届けできた。折しもの天候で不可解な凡走や軸馬3着など取りこぼしたレースもあったが、まずは次週に繋がる結果を残せたと自負している。

待望の秋開催を迎え、続々とトライアルやステップレースが開催されているが、早いものでG1シリーズ開幕戦「スプリンターズS」はいよいよ翌週。無論、同レースへの下準備は着々と整えているが、まずは今週末の勝負レースや「オールカマー」、「神戸新聞杯」をしっかりとモノにする所存。潤沢な資金を手にG1シーズンを迎えていただけるよう抜かりなく行進していくので、会員の方々には引き続き今週末の提供を楽しみにお待ちいただきたい。

9/10 9/11 4回中山・5回中京1日2日目分

有言実行の開幕週ロケットスタート
~日曜中山6R・3歳上1勝クラス~

いよいよ秋競馬到来を告げる中山・中京開催がスタート。中山では秋華賞トライアル「紫苑S」、中京ではG1スプリンターズSの前哨戦「セントウルS」が施行された。まず、土曜の「紫苑S」では春のオークス出走馬が半数を締め注目の一戦となったが、勝利したのはオークス2着のスタニングローズだった。当日の馬体重プラス14キロはほぼ成長分で好仕上がり。レースの内容も正攻法から逃げたサウンドビバーチェをゴール前でクビ差交わしての完勝劇。ここまで順調にきており、初のG1獲りに向けて視界良好といったところ。注目を集めたもう1頭サークルオブライフは4着と評価は微妙。秋華賞の叩き台とみれば負けたこと自体を責める必要はないが、22キロの馬体減となると話は別。馬体回復やゲート難など課題は山積みだ。名門・国枝厩舎が本番までにどう巻き返してくるか、動向には要注目だろう。
日曜「セントウルS」は戦前、メイケイエールと安田記念を制したソングラインの一騎打ちムードだったが、結果はメイケイエールが1分6秒2のレコードで重賞6勝目をゲット。池添騎手とコンビを組んでから徐々に気の悪さが改善されたことが何よりも大きい。今回もこの馬にしては折り合い良く進んで直線でゴーサインが出るとアッという間に後続を突き離す横綱相撲。時計も超優秀だったが、着差も2着に2馬身半差とスプリント重賞では滅多にお目にかかれない完勝。残すは悲願のタイトルということになるが、G1で包囲網を敷かれた際に理性を保てるかが焦点。今後も自分との戦いは続く。2番人気のソングラインは5着。レース前から懸念されていた初の1200mに対する不安が的中した格好だ。道中も促しながらの追走でラストもこの馬らしい伸びはみられなかった。とはいえ、あくまでも目標は先のG1ブリダーズCマイル(11/5 米キーンランド)。今回の敗戦を糧に本番での巻き返しに期待したい。何はともあれ、開幕ダッシュを目論んだ弊社では上記2レースでキッチリ的中をお届けする好発進を決めた。今後のトライアルや前哨戦でも結果をお届けするため、日々邁進中であることを付け加えておく。

それでは本題へ。今週斬るのは日曜中山6R「3歳上1勝クラス」ダ1800m。ここで弊社予想部が軸馬として期待したのは最終的に1番人気に支持された8番リトルポピーだった。

『少頭数の割に骨っぽいメンバーが揃ったが、ここにきて軌道に乗ってきたリトルポピーが中心。芝のデビュー戦は惨敗だったが、ダートへ転身後は〈1.3.1.0〉。とはいえ、勝ち切るまで時間を要したこともまた事実。その要因として気性の難しいさが挙げられるが、使いつつ成長するごとに良化してきたのは好感できる。特に今回は、さらに集中力を高めるための両側チークを着用と一層の強化。前走後にきっちり休養させたこともプラス要素で、実際に馬体も良化してきた。中山コースにも適性があり、引き続き牝馬同士なら好勝負可能』という見立て。

レースは全馬ほぼ互角のスタート。内から4番ミュアウッズが押してハナを主張。外から軸馬8番リトルポピーが速く一旦前に出掛かるが、自分の競馬をしたい4番ミュアウッズが譲らず1コーナー手前で交わしてハナ。控えた軸馬8番リトルポピーが続き、2馬身離れた位置に内から3番カランセ、5番ラブベティーの2頭までが先団。中団はさらに2馬身開いてポツンと9番ルージュブラン、その後に内から7番フミチャン、12番ウィズザワールド。直後に内2番テンナイトパールでやや外に持ち出した11番クインズミモザ。後方3頭は1番パルガン、6番ズールー、最後方に10番モモエチャンという隊列。先頭争いはコーナーワークを利用して4番ミュアウッズが2馬身ほどリードを広げるが、軸馬8番リトルポピーは慌てずマイペースで番手追走。800mを通過したところで、4番ミュアウッズがややペースを落としたため、馬群が固まり始める流れを利して外から後方3番手にいた6番ズールーが一気にマクって先頭から4番手まで上昇。1000m通過1分3秒0というミドルペースで進み、後続勢も3コーナーにかけて徐々に進出を開始する。4コーナー入り口では辛うじて先頭をキープしている4番ミュアウッズだが、3馬身差の圏内に9頭がひと固まりとなって直線の攻防に入る。直線に入り早々、軸馬8番リトルポピーが持ったままで4番ミュアウッズを交わして先頭に躍りでる。さらに残り200mでエンジンのかかった3番カランセが急追しアッという間に2頭を抜き去り独走態勢。終わってみれば上がり37秒8と出色の末脚で2着に6馬身差をつける圧勝劇。注目の2着争いは軸馬8番リトルポピーと4番ミュアウッズの競り合いだが、ゴールが近づくにつれてジリジリと差が開いて8番リトルポピーが1馬身差をつけて2着死守。3着には持ち味の粘り強さを発揮して後続を抑えた4番ミュアウッズが3着を確保した。

この結果により、「馬連3-8、1,430円」の的中。結果的に軸馬8番リトルポピーは大きく離されたが、3番カランセは4番人気の評価とはいえ「久々を叩いた上積みと勝ち鞍ある条件で見直したい」とキッチリ対抗指名。見ていて安心安全の的中劇だった。

また、他でも冒頭でもお伝えした土曜中山11R「紫苑S」「馬連11-12、790円・3連複8-11-12、1,970円や、日曜中京11R「セントウルS」「馬単5→12、2,080円・3連複5-7-12、4,120円と土日の重賞で的中をお届け。さらに勝負鞍でも土曜中京9R「日進特別」「馬連3-9、560円など的中を大量生産。
先週の当コラムでお伝えした「大収穫の開催とすべく、スタートダッシュを決める目論見だ」との公約を果たす的中ラッシュとなった次第。今週は3日間開催となるがさらなる的中を積み上げるため、弊社としては気のゆるみなど一切ない。今週末は「セントライト記念」「ローズS」などトライアル戦が目白押しとなる。無論、好調をキープしたまま秋の大舞台まで突き進む所存。会員様におかれましては、引き続き今週末の提供にご期待いただきたい。

9/3 9/4 3回新潟・4回小倉・2回札幌7日8日目分

開催替わりで反転攻勢 ~土曜小倉10R・天草特別~

先週に土曜日に施行された「札幌2歳S」。昨年のジオグリフや、一昨年のソダシ、ユーバーレーベンが後にG1馬まで登りつめた通り、今後のG1を占う意味でも大いに注目を集めた。今年は戦前から抜けた評価の馬が見当たらず、単勝人気も上位3頭が4倍台で混戦ムード。しかし終わってみれば、最終的に1番人気に支持されたドゥーラが直線外から豪快に突き抜ける完勝となった。今回もまだ外に張るようなしぐさを見せるなどまだ良化途上ながら、ドゥラメンテ産駒らしい爆発力は大いに魅力といえる。勝ち時計1分50秒0も馬場状態を考えれば上々だが、冒頭に挙げたG1馬たちは本レースを遅くとも1分49秒1で走っており、手放しに評価できるという感じではない。とはいえ、ラスト5ハロン60秒7、上がり2ハロン11秒9→12秒1とレース内容は濃く、今後さらに磨きがかかれば今後の活躍も見込めるだろう。2着ドゥアイズも現段階で大きな力差はなく、今回は早め先頭から目標にされたのが痛かった。ルーラーシップ産駒だけに広いコースなら巻き返す余地は十分だろう。3着ダイヤモンドハンズは14キロ増でも太く見せず、仕上がり自体は悪くなかった。発馬が遅く最後方からの競馬で、不得手な小回りコースを考えればよく詰めた方。伸びシロという面では楽しみな一頭だっただけに、骨折で全治6カ月との報道は残念なばかり。果たして、今回の札幌2歳からクラシックに名乗りをあげる馬が出るのか興味は尽きないが、まずは各馬とも無事に成長を遂げることを願うばかりだ。

それでは本題へ。今週斬るのは土曜小倉10R「天草特別」ダ1700m。ここで弊社予想部が軸馬として期待したのは最終的に1番人気に支持された14番ヒロノシュンだった。

『ハイレベルだった前走・八女特別は8着だったが、今回は大幅な条件好転が見込めるヒロノシュンが軸馬。その前走は、最内枠を考慮してテンから脚を使ってハナを主張。結果的にタイトな流れを作り出してしまった上に、後続が早めにマクってくる息の入らない最悪の展開となった。それでも残り100mまで粘っていたのは立派だし、もちろん力負けでもない。今回は先行勢が手薄で展開利が見込め、内の馬をうかがえる外枠も引けた。天候は微妙だが、2走前の道悪で3勝クラス並のタイムで走っており、馬場悪化はむしろ歓迎でもある。手の合う和田騎手とともに、反撃態勢は整った』という見立て。

レースは発馬直後に躓いた4番フェブタイズが落馬という波乱の幕開け。他馬は概ね互角のスタート切る。先行争いは外から12番メイショウハナモモ、軸馬14番ヒロノシュンが周りの出方を伺いながらジリジリと先行。この内に潜り込む9番バライロノキセキ、外目から11番タイキドミニオン、15番タガノクリステル、半馬身差に16番ゼンノミチザネが先団を形成。1馬身差の中団前目に7番シゲルヒカルダイヤ、6番ニホンピロハーバーも差がなく、直後に8番ジューンクエスト。中団後方に3番キョウワウォール、5番テーオーポシブル、13番スズカマクフィの3頭が横並びで追走。そこから大きく離れてポツンと10番プラチナドリーム、最後方は2番ジローという隊列。先行争いは内目にいた12番メイショウハナモモが主張し、軸馬14番ヒロノシュンは無理せず番手で逃げ馬にプレッシャーをかける。向上面でも淡々と流れる中、前走早めのマクリで好走した10番プラチナドリームが再び一気に進出するも、残念ながら今回は不発。その他のポジションに大きな変動はなく、レースは終盤へ。それまで逃げていた12番メイショウハナモモの脚がなくなると、番手にいた軸馬14番ヒロノシュンが追い出しアッという間に2馬身ほどの差をつけ独走態勢。後続から11番タイキドミニオンも追ってくるが、軸馬14番ヒロノシュンを交わすほどの勢いはない。結局、早め先頭から危なげなく押し切った軸馬14番ヒロノシュンが1着。2着は1/2馬身差まで詰め寄った11番タイキドミニオン。直線入り口で中団後方だった6番ニホンピロハーバーが渋太く伸びて3着を確保した。

この結果により、「馬連11-14、1,320円」の的中。空馬が馬群の中を走り抜けるなど、道中はヒヤヒヤものではあったが、終わってみれば1、3番人気の組み合わせでこの配当ならマズマズ。直前まで1番人気が入れ替わる難解なレースではあったが、軸馬の能力を適正に判断した弊社予想部のファインプレーだったといえよう。

長かった夏のローカル開催も先週末で終了。ここまで好調に推移してきたものの先週末において的中は多くなく、残念ながら喝采の大団円とはならなかった。毎週、高的中率をお届けすることが至上命令であることは確かだが、競馬である以上、噛み合わない日は少なからずある。そして、弊社が常々公言しているように、週単位で一喜一憂するのではなく、トータルで良績を残すことが重要。その意味では大いに成功をおさめたといえる夏のローカルだったのではないか。一方で季節は進み、競馬シーンはいよいよ秋開催へ突入。弊社としては引き続き大収穫の開催とすべく、スタートダッシュを決める目論見だ。もちろん、そのための特ダネや特注馬といったカードはすでに揃っている。会員様には、まずは秋シーズン幕開けとなる今週末の提供にご期待いただきたい。