5/7 5/8 2回東京5日6日 目・3回中京1日2日目・1回新潟1日2日目分

好スタートを切る安心の的中劇 ~土曜中京8R「3歳1勝クラス」~

東京G1・5連戦の第2戦目はマイル女王決定戦「ヴィクトリアマイル」。例年2桁人気馬の台頭も目立つ波乱含みのレースで配当への興味も尽きないが、今年は大挙参戦する豪華な顔ぶれにも注目だろう。まずはソダシ。前走「フェブラリーS」で3着し、4走前「札幌記念」では古馬を一蹴と、牝馬にも関わらず芝・ダートを問わず実績を残す稀有なキャラクター。芝マイルは久々の参戦だが、「桜花賞」のレコードも記憶に新しく主役級の一頭だ。週中の天候は気になるが、高速決着になれば当然、有力の1頭だろう。さらに、13ヵ月ぶりの復帰戦となる3冠馬デアリングタクトや、昨年の「大阪杯」を制し今年も牡馬相手に善戦を続けるレイパパレあたりも雌伏して機を伺う。他にも、現状はスプリントにシフトしたがマイルG1で2着2回があるレシステンシア、昨年の「エリザベス女王杯」覇者アカイイトなどの女傑が複数。これら実績馬に対し、着々と鍛錬を重ねてきた上がり馬が虎視眈眈といった混戦の様相である。この難解な一戦を弊社がどのように調理するのか……今週末の最終判断にご期待をお寄せいただきたい。

それでは本題へ。今週斬るのは土曜中京8R「3歳1勝クラス」ダ1800m。ここで弊社予想部が軸馬として期待したのは最終的に1番人気に支持された2番トウセツだった。
『中1週ながら陣営のケアで態勢万全のトウセツを信頼する。ここまで一戦毎に競馬内容が良化。前走では狭いところを割って抜け出す勝負根性を見せて勝ち馬に肉薄。結果的にハナ差届かなかったが勝ちに等しい内容であり、クラス卒業にメドを立てたといえる。ここは勢いのあるメンバーが数頭いるが、時計面で頭ひとつ抜けていることは事実だし、勝ち星のある中京ならもうひと押しにも期待できる。いい意味で状態をキープしており、前走と同程度に走れば順当に勝機到来とみる。』という見立て。

レースは揃ったスタートになるが、直後に3番マリオロードが左にヨレて軸馬2番トウセツにあわや接触の場面。一瞬ヒヤッとしたものの、大きなトラブルにはならず一安心。先手は中団から人気の一角5番ソクラテスがジワッと先行するが外から7番ボブズヤアンクルが馬なりのまま交わしてハナを主張。これに続いて外から9番タヒチアンダンス、6番ディサイド、5番ソクラテスが先行集団を形成。これを見る形で8番キミコソシャチョウが続く。向こう正面に入り隊列が落ち着いたかに思えたが、4番シホノスペランツァが早め進出から軸馬2番トウセツに並ぶ動きを見せた。頭数の割に縦長な隊列となるが、中団で流れに乗っていた軸馬2番トウセツが持ったまま進出を開始。一気に先行勢があわただしくなり、向こう正面終盤から先行各馬が早々に前を捕まえに行くタフな展開に変化。それでも7番ボブズヤアンクルがハナを譲らずに直線へ入り後続を引き離しにかかるが、外から9番タヒチアンダンスも手応え良く続き、軸馬2番トウセツも内をロスなく回り差の無い3番手で直線の攻防へ。一瞬7番ボブズヤアンクルと9番タヒチアンダンスが馬体を併せた追い比べになるが、外から軸馬2番トウセツがジワジワと差を詰め、勝負はこの3頭に絞られる。軸馬2番トウセツが前を捕まえたと同時に7番ボブズヤアンクルの脚色が鈍り、変わって9番タヒチアンダンスが粘り込みを図るが軸馬2番トウセツとの脚色の差は歴然。アッと言う間に軸馬2番トウセツが9番タヒチアンダンスを抜き去りそのまま2馬身1/2差を付けて圧勝。2着に9番タヒチアンダンスが入線し、接戦の3番手争いは終始ハナを切った7番ボブズヤアンクルが何とか粘り切った格好。軸馬と対抗馬が後続を引き離したことで見ていて安心の的中劇だった。この結果により、「馬連2-9、820円」の的中。最初の勝負鞍で幸先の良い的中をお届けした次第。

他にも勝負鞍ではないものの日曜中京12R「4歳上2勝クラス」の「馬連1-7、640円や、日曜東京12R「立川特別」の「馬連9-12、750円」の的中など、随所に的中をお届け。
さて、冒頭に触れた通り、豪華な顔ぶれとなった今週末のG1「ヴィクトリアマイル」。実績、適正、勢い、どれを取るかの選択は非常に悩ましいところ。週末までに各メディアも様々な切り口でこのレースを取り上げるはずで、一般のファンも大いに判断に迷うだろう。だが、弊社会員様におかれましては、ご安心いただきたい。混戦レースほど弊社の調査能力が発揮されることは既にご理解されているところ。大船に乗った気持ちでヴィクトリアマイル当日をお待ちいただきたい。

4/30 5/1 2回東京3日4日 目・2回阪神11日12日目・1回福島5日6日目分

早々に的中を確信した長距離決戦 ~日曜阪神11R「天皇賞・春」~

12週というロングラン開催だった阪神開催も先週にてようやく終幕。替わって中京開催となるが、注目はいよいよクライマックスとなる東京開催のG1レース5連戦。その先陣を切るのが3歳マイル王決定戦「NHKマイルカップ」。例年通りかなりの混戦ムードだが、一応主力級の扱いとなるのが昨年のG1「朝日杯FS」2着のセリフォス。同馬はデビューから4戦、一貫してマイル路線を歩んできたから距離適性は言わずもがな。しかし昨年暮れからの直行ローテというのは、過去10年を振り返っても該当パターンが存在せず、取捨が難しいところ。他では「朝日杯FS」3着から順調に使って「アーリントンC」を制したダノンスコーピオン。「ニュージーランドT」2着のマテンロウオリオンなど実績上位馬が腕を撫しているが、そう簡単に収まらないのがこのレース。それこそ穴馬候補を挙げればキリがないほどの群雄割拠といえる。この難解な一戦を弊社はどう紐解くのか。ご期待をお寄せいただきたい。

それでは本題へ。今週斬るのは日曜阪神11R「天皇賞・春」芝3200m。ここで弊社予想部が軸馬として期待したのは1番人気に支持された18番ディープボンドだった。

『言わずと知れた平地最長となる伝統の長距離G1。京都競馬場が改修工事中のため、ゆっくり下っていく淀名物の下り坂はなく、今年も直線急坂の阪神芝で施行される。スタートの後は外回りを1周、2周目は内回り。残り800m付近から各馬が動き始め、ジョッキーの駆け引きが肝を握る舞台。特殊な設定だけにステイヤーとしての資質を問われる一戦でもある。軸馬ディープボンドは昨年の4歳時に本レース2着。その後は海外遠征を経て有馬記念2着、阪神大賞典を連覇とパワーアップ顕著な1頭だ。特に経験値が求められる長距離戦において、4歳時の連対というのは評価すべき称号である。また、斤量58キロに慣れていない馬が多いなかで、ディープボンドの58キロ時成績は「1-1-0-0」と抜けた戦績だ。中間は在厩でケアを施され、昨年より1週間早い4月3日に初時計を出せた。これは、今年は阪神大賞典での消耗が少なく回復が早かったことの表れだろう。その後も順調な調整過程で、1週前には和田竜騎手を背にCWで古馬3勝クラスに大きく先着。最終追いはCW単走で、ラストは馬自ら重心を沈め加速すると四肢を大きく使って躍動。最後の最後にダメ押しとも言える負荷をかけており、全体的に大迫力の動きで心身の充実は明らかである。懸念は枠だが、1週目の外回りコースは最初のコーナーまで距離があり、大外でも心配されるほどの不利ではない。雨の影響があってもこなせる実績もあり、悲願のタイトル奪取は目前。』という見立て。

レースはスタート直後に17番シルヴァ―ソニックが落馬する波乱の幕開け。戦前の予想通り外から16番タイトルフォルダーが積極的にハナを主張。2番手に8番クレッシェンドラヴ、7番テーオーロイヤル。その直後に軸馬18番ディープボンドが前目につけるが、外から15番タガノディアマンテが押して先行集団に加わる。以下、距離ロスを避けたい各馬が1馬身間隔で1番アイアンバローズ、6番メロディーレーン、2番ハーツイストワール、9番ヒートオンビートが続き、後方には3番ディバインフォース、最後方に10番トーセンカンビーナと並ぶ縦長の隊列に。逃げたタイトルフォルダーは前半12秒前後のラップで軽快に走り1000m通過が1分0秒5とこの時点で後続を引き離して自分の競馬を徹底。こうなると後続も無理に仕掛けることができず、隊列は変わらず淡々とした展開になる。タイトルフォルダーは中盤で息を入れ、一旦ペースが緩んだところで後続との差が詰まるが、再度加速し追随を許さない。3コーナーからは各馬が躍動。7番テーオーロイヤルがタイトルフォルダーに迫り、軸馬18番ディープボンドも仕掛ける。しかし、粘り込みを図るタイトルフォルダーはテーオーロイヤルを寄せ付けず独走態勢。最後、追い通しだった軸馬18番ディープボンドが7番テーオーロイヤルを交わし2着を確保。勝ち馬16番タイトルフォルダーは7馬身差をつける圧逃げVとなったが、弊社の馬券的には早い段階で的中を確信できる安心の一戦となった。この結果により、「3連複7-16-18、1,580円」の的中。先週の当コラムでも、「勝負レース」として告知しており、3連単でブ厚く勝負された方をはじめ、多くの会員様から反響のご連絡をいただいた次第。

他にも勝負鞍ではないものの日曜東京11R「スイートピーステークス」の「馬連4-9、1,270円や、日曜東京12R「陽春ステークス」の「馬連3-9、4,040円3連複3-5-9、4,310円」のダブル的中など、随所に高配当をお届けした次第。

さて、冒頭に触れた通り、目移りする好カードとなる今週末のG1「NHKマイルC」だが、弊社はすでに勝負馬をある程度絞り込んでいる。最終調教まで精査した後、確信の予想をお伝えする所存だ。さらにその翌週の「ヴィクトリアマイル」以降も続くG1戦線。まずは今週末を弊社ともども「手ぐすねを引いて」お待ちいただきたい。