10/16 10/17 4回東京・4回阪神・5回新潟3日4日目分

相手筆頭での大本線的中鞍 ~土曜東京7R・3歳以上1勝クラス~

舞台は先週の「秋華賞」に引き続きトリッキーな阪神内回りだが、2000mから3000mへ一気の距離延長。今週末は牡馬三冠の最終戦「菊花賞」を迎える。皐月賞馬&ダービー馬不在で押し出される格好となるが、1番人気に推されるのは春のクラシック2戦で連続3着のステラヴェローチェ。トライアル「神戸新聞杯」を圧勝。春から一段とパワーアップした姿を見せた。距離は融通の利くタイプだし、実績からも妥当な1番人気馬と言えよう。ただ、今年の「菊花賞」は2番手以下の票が割れそう。まずは前走「神戸新聞杯」でステラヴェローチェに1/2馬身差2着と地力のあるところを見せたレッドジェネシス。元々、持続力のある末脚が武器で距離は延びれば延びるほどいいイメージがあり、陣営も早くから「菊花賞」を強く意識していたはず。次いで「セントライト記念」3着のオーソクレース。およそ9ヵ月振りとなる今年初戦の前走でも3着に力走したように根の強さのある馬。鞍上込みでやはり有力の一頭だ。他にも前走は包まれて不完全燃焼だった皐月賞2着馬タイトルホルダー、重賞勝ちの勢いを駆って臨むアサマノイタズラ、ヴァイスメテオール、さらに立て直した前走に復調の兆しを感じられたヴィクティファルスなどなど伏兵陣も虎視眈々。言うまでもなく、この大一番も勝負鞍候補。逐一、弊社からの情報のチェックをお願いしておく。

それでは本題へ。今週斬るのは土曜東京7R「3歳以上1勝クラス」芝1600m。ここで弊社予想部が軸馬として期待したのは1番人気に支持された12番レッドロワだった。

『上位数頭とそれ以外の馬の力差がハッキリしている組み合わせ。ここまでメンバーに恵まれれば久々+昇級もレッドロワの素質が一枚上。昇級初戦でもこれが軸馬。久々となるが夏場をしっかりと休養させたリフレッシュ効果十分で、この中間は道中我慢の利いた走りで遅いラップでも折り合いを欠くことなく気性面の成長を感じさせる動き。最終追い切りでも年長のオープン馬相手に互角の動きを披露しており、万全の状態での復帰戦。折り合い面に課題を残していただけに勝ち上がりに時間を要したがマイルに距離を短縮した前走でアッサリ勝ち上がったように、この距離なら末脚不発はまず考えづらい。元々、デビュー戦では「ダービー」4着馬とアタマ差の接戦を演じた素質馬。もっと上を目指せる好素材の復帰初戦。多少でも人気が割れそうなここは買いの一手だろう』という見立て。

レースは好発を決めた8番ハイライフの逃げで前半48秒1~後半46秒0というスローペース。2番手に11番コスモアディラートが続き、軸馬12番レッドロワは外目から4番手をガッチリと手綱をおさえて追走。先手を取った8番ハイライフの軽快な逃げで、道中も穏やかにレースは進みこのレースに関しては至って静かな展開。この隊列のまま3角に入り、ここから徐々にレースが動く。軸馬12番レッドロワは4角では前との差を詰めて3番手まで進出しそのまま直線へ。逃げた8番ハイライフは直線に入って早々に失速したが、番手追走の11番コスモアディラートが一旦先頭に立ったのもつかの間、その後ろの好位勢がこれを交わして追い比べに。何の不利もなくスムーズに追い出しを開始した軸馬12番レッドロワは力通りにグングン伸びて1着でゴール。軸馬12番レッドロワの一列後ろからしぶとく脚を伸ばした7番スリートップキズナが2着、同様に内をロスなく立ち回り、好位から最後までしぶとく粘った2番ディープリッチが3着を確保。2番人気に支持された1番レフトゥバーズだが後方から差し脚を伸ばすも4着まで。この結果により、「馬連7-12、890円」の的中。先週も東京12Rで同じ1番人気-4番人気の組み合わせで2280円だった配当と比較するとかなり物足りないが、先週が法外な配当だっただけ。それでも4番人気馬を対抗1点目に指名しての大本線的中ということで、大きく張り込んだ方も多かったよう。軸馬完勝はもちろん、相手筆頭での的中で精度の高さを示した的中鞍となった次第。

今週末以降も続くG1レース。しかし、馬券的な妙味は「その裏にあり」ということは常々お伝えしている通り。今週末、我々が目を付けている馬は予定通りのレースに登録してきた。弊社予想部としても予定通り勝負どころを複数用意できる、ということに他ならない。勝負鞍での複勝率100%だったとはいえ、対抗ヌケの取りこぼしに加え、軸馬3着が続いたりと、不完全燃焼に終わった先週末だが、その分も奮起してこれまで同様に今週末は好配当的中をお届けする所存だ。また、レース名までは告知できないが、今週末は自信度の高い勝負鞍も準備しているので、会員の皆様には引き続き楽しみにお待ちいただきたい。

10/9 10/10 4回東京・4回阪神・5回新潟1日2日目分

G1クライマックス開幕 ~日曜東京12R・3歳以上2勝クラス~

今週末から3週連続で行われるG1戦。その後1週挟んで年末まで7週連続のG1戦と秋の『G1クライマックス』がいよいよ幕を開ける。その一番手となる今週末の「秋華賞」。断然の主役を張るのはもちろん、桜花賞馬のソダシ。これまで「オークス」こそ6着に敗れはしたものの、唯一、土が付いたのがその一戦のみとここまで7戦6勝。復帰初戦の「札幌記念」も初の古馬相手でG1馬3頭が出走したなか、全く危なげなく完勝してみせた。この中間も好調教を連発しており、力通りなら「桜花賞」以来、G1・3勝目を挙げる可能性も十分。初の一線級相手となった「ローズS」勝ちのアンドヴァラナウトが2番手評価。まだソダシと未対戦なのも魅力だし、新興勢力のなかでは最右翼だろう。無論、今春2冠でも崩れなかったアカイトリノムスメ、アールドヴィーブル、ひと叩きできず直行となった誤算はあったが実際にG1「オークス」を勝利したユーバーレーベン、トライアル「紫苑S」勝ちで「桜花賞」3着馬のファインルージュあたりも虎視眈々。この「秋華賞」も弊社は勝負鞍候補として視野に入れている。楽しみにお待ちいただきたい。

それでは本題へ。今週斬るのは日曜東京12R「3歳以上2勝クラス」ダ1400m。ここで弊社予想部が軸馬として期待したのは最終的に1番人気に支持された5番アドマイヤルプスだった。

『アドマイヤルプスの前走はおよそ9ヵ月振りの去勢放牧明け。去勢した影響からか馬体も10キロほど減らしていたように、決して万全な状態ではなかったが、抜群の手応えで追い出されると鋭く脚を伸ばして先に抜け出した2着馬を0秒3突き放してみせた。しかも一気に距離を縮めて初距離の1400mでの走りだから、1勝クラスでは元々持っている能力が違っていたということ。高く評価できる内容だろう。久々好走の反動が気になるところだが、前走からしっかりと間隔をあけてケアしてきたし、この中間は格上馬相手に意欲的に併せ馬を消化し、万全の出走態勢。昇級とはいえ比較的小粒な組み合わせのここならば素質で圧倒する可能性は高い。去勢の効果はまだ判然としないが、再度同条件のここをアッサリ連勝できれば今後の展望がかなり広がるだけに、今回は軸馬に抜擢して先物買いといく』という見立て。

レースは外から14番ケイアイターコイズが抜群のスタートからハナに立つが、その内から10番カラーズオブラヴが積極的にハナを主張。14番ケイアイターコイズは無理に競りかけることなく自然体で2番手に控える。その後に横並びで12番リュウグウハヤブサと軸馬5番アドマイヤルプスが好位3・4番手、差がなく内から2番エリモグリッターが5番手。徐々にバラけて縦長の隊列となり、逃げた10番カラーズオブラヴは前半600m通過35秒0のミドル寄りのハイペースで通過。ほぼ馬順変わらず縦長の隊列のまま4コーナーから直線へ。前が一団となり、逃げた10番カラーズオブラヴの手応えが怪しくなるなか、持ったままで14番ケイアイターコイズが並びかけ、これを目標に軸馬5番アドマイヤルプスも追撃を開始。直線半ばで2頭の追い比べとなり、競り合う格好で後続との差を広げていく。ジリジリと差を詰める軸馬5番アドマイヤルプスだが、14番ケイアイターコイズもしぶとさを発揮。最後は馬体を併せてのゴールとなったが、14番ケイアイターコイズが早め先頭からクビ差退けて1着でゴール。2着に軸馬5番アドマイヤルプス。そこから3馬身半差の3着に7番フクウンが入線。この結果により、「馬連5-14、2,280円&ワイド5-14、960円&ワイド5-7、520円」のトリプル的中。4番人気→1番人気の組み合わせでこの馬連配当は法外。レース選定が光ったひと鞍だが、それ以上に週ラストの勝負鞍だったこともあって、会員の皆様からの反響も大きかった的中鞍となった次第。

東京・阪神・新潟開催開幕となった先週末は連日に渡り的中をお届け。爆発力という点ではまだ物足りなさはあるものの、土曜新潟9R「3歳以上1勝クラス」での的中を皮切りに、翌、日曜東京10R「グリーンチャンネルカップ」と、いずれも馬連で手堅く仕留め、勝負鞍においては都合3本の的中をお届け。重賞でも3連単&3連複のダブル的中をお届けし、全体的に見れば相変わらずの安定感。随所にその予想精度の高さを示し、開催を通じて不完全燃焼に終わった前開催からの変わり身を見せて、開催初週を好スタート。秋競馬の佳境となるこれからの数週間、大船に乗ったつもりでお過ごしいただき、まずは今週末にご期待いただきたい。

10/2 10/3 4回中山・5回中京8日9日目分

開催替わりで反転攻勢を誓う ~日曜中山8R・3歳以上2勝クラス~

さて、今週末開幕の4回東京・4回阪神・5回新潟開催は、いわゆる『G1クライマックス』と呼ばれる黄金開催。その開幕週、今後のG1戦線を占う意味でも見逃せないのが日曜東京メイン「毎日王冠」。「天皇賞・秋」「マイルCS」、そして「ジャパンC」を目指す強豪が早くも勢揃いという趣。G1ウイナーこそ2頭と少ないが個性的なメンバーが揃った非常に興味深い一戦だ。無論『常連』の古馬勢からも目は離せないが、最も興味深いのは「NHKマイルC」の覇者で3歳馬ながら「安田記念」に参戦し、グランアレグリア、ダノンキングリーら一線級相手に僅差の3着に力走してみせた3歳マイル王・シュネルマイスターの参戦。距離は初だがインの前残りが定番の開幕週なだけに、先行・差し自在の脚質は大きな武器になるはず。それと今回、恐らく初めて本気を出す可能性は高く実に興味深い。そんな「毎日王冠」を含む勝負鞍候補目白押しの開幕週。大いなるご期待を持ってお待ちいただきたい。

それでは本題へ。今週斬るのは日曜中山8R「3歳以上2勝クラス」ダ1800m。ここで弊社予想部が軸馬として期待したのは断然の1番人気に支持された9番エマージングロールだった。

『前走、断然の支持を集めながら8着に敗れたエマージングロールだが、最内枠で引くに引けず、前半から促すと掛かり、尚且つ外から絡まれて厳しい展開に。終始力みがちな走りで折り合いを欠き、前半3ハロン35秒9で飛ばしてはさすがに最後脚があがっても致し方ないところ。昇級でペースが違ったことも影響したのかもしれない。ただ、未勝利→1勝クラスをワンサイドで勝ち上がった内容から2勝クラスで足踏みするとは到底思えず、クラス2戦目で自分のペースで走れれば即巻き返せるだけの脚力の持ち主であることは間違いなし。この中間の動きも上々で前走惨敗のダメージも感じられないだけに、一変の走りが期待できるとみて軸馬に推す』という見立て。

レースは大外から積極的に出して行った16番タマモヒップホップがハナを切る展開。ほぼ差がなく8番ヴィクトリオーソが続き、周りの出方を伺いながら3番手に軸馬9番エマージングロールが控える格好。2番オンリーワンボーイ、1番トモジャリア、11番プエルタデルソルと続き、かなり縦長の隊列で進み、前半1000m通過60秒8の淀みのないハイペース。レースを先導した16番タマモヒップホップ、そして番手追走していた8番ヴィクトリオーソの2頭の手応えが早々に怪しくなるなか、軸馬9番エマージングロールは3コーナーから徐々に前との差を詰めて、2番手で4コーナーから直線へ。早めに先頭に立った軸馬9番エマージングロールを目標に1番トモジャリア、11番プエルタデルソルの2頭が追いすがり、3頭での追い比べとなるが、そこからがしぶとかった軸馬9番エマージングロール。着差こそ詰められるものの、最後まで抜かせることなく1番トモジャリアを3/4馬身差退けて1着でゴール。2着に1番トモジャリア、そこから1馬身1/4差3着に11番プエルタデルソルが入線。この結果により、「馬連1-9、860円」の的中。先週に引き続き、地味な配当となったが、チグハグな、噛み合わない結果が続いた中での貴重な的中鞍。これはこれで一定の評価はいただけるだろう。

秋競馬開幕となった9月の中山・中京開催も先週末をもって終了。この4週間を振り返ると、残念ながら肝心要の馬連的中はアベレージを大きく下回り、開催最終週の先週末しかり、結局最後まで波に乗り切れず終いとなってしまった。そのことに関しては申し訳ない気持ちしかない。ことごとく「軸馬3着」や「対抗ヌケ」が頻繁に目についたのは想定外だが、ほんの少しだけ歯車が噛み合っていれば状況は一変していたこともまた事実。折しも今週末からは開催替わりとなり、4回東京・4回阪神開催に加え、5回新潟開催も開幕。勝負鞍候補が限られていた2開催場だった先週までとは異なり、勝負鞍の選択肢が増えることはかなりのアドバンテージとなる。まずは今週末、反転攻勢を誓い、G1の軍資金をガッポリと稼ぎだす所存。楽しみにお待ちいただきたい。